愛情は常にワガママ、それでもついてゆくと言う猫!

2011/08/02 Tue

IMG_5803_convert_20110802182736.jpg

「昨日の真夜中の地震にはビックリしましたね
皆さん、ドキドキハラハラしちゃって、体調を崩していませんか?
猫ちゃんは、地震ですごくストレスを感じるんですって。
僕はちょうどその時間、海水浴に行った夢を見てたんです。
『しろちゃん、浮き袋して、波うち際においで~早くおいで~』って、
お友達が呼んでると思ったら、ママが呼んでいたんです。」



昨夜、また地震があった。
我が家は私としろちゃんの二人きりだった。
NHKテレビの緊急地震速報が、ハ長調のラ~シ~というチャイムで流れた。
キッチンカウンターの籠で熟睡状態だったしろちゃんを、引きずり出して抱いた。
そこで、携帯のキュイーンという緊急地震速報が流れた。
しろちゃんを肩に担ぎあげるようにして、携帯とバッグを手に取り、寝室に駆け込んだ。
夏用羽毛かけ蒲団の上に抱いたままうずくまると、しろちゃんもそのままその場所にうずくまっていた。
つまり、私と二人羽織状態でうずくまっていたのである。


IMG_5828_convert_20110802182841.jpg

「いつもは、落ち着いて冷静で沈着な大人なしっかりした僕なんですが…。
ママが慌てると、僕もドッキリしてしまうわけですよ



しろちゃんが脱兎のごとく、ベッドの下に隠れなかったことが、ちょっとうれしい。
もしかすると、寝ぼけたままだったのか。
携帯の音に、動物なりの緊急性を感じ取ったのか。
手足を小さく身体の中に折りたたみ、泣きもせずじっと大人しくしていた。

しろちゃんを、してはいけない抱き方で抱き上げてしまったことを今は後悔している。
腹壁ヘルニアの手術後、お腹の中のプラスティック永久糸が取れないよう、腕や肩を持って抱き上げるような抱き方はしないでくださいと、先生から言われている。
こちらの記事→「腹壁ヘルニア 再現フィルム」

籠の中に入っていたしろちゃんの腕を持って引っ張り出し、ビヨーンと伸ばしてしまった。
その腕を持って抱き上げてしまった。
「ママは慌てたんです、ごめんねしろちゃん」
こんな言い訳は、無駄なことはわかっている。
手術でかがりつけた糸が千切れるという家庭内事故は、起きる場合には起きるのだ。
もしかしたら、一箇所二箇所は、半年の間に千切れているかもしれない。
今のところ、しろちゃんに何の異常もないようなので、無事な模様。
体内で、筋肉から糸が千切れてしまったら、さすがにお腹の中に出血もあるだろうし、そのことで熱も出るだろう。
痛がって、泣きもするだろう。
↑ 全くの素人考えである。

IMG_5822_convert_20110802182811.jpg

「なんですって
お腹の中の糸がちぎれたかも…ですって
ママ~勘弁してくださいよ~もう手術ジョッキンは、嫌ですからー



携帯の速報には、「静岡沖で地震発生」と書いてあった。
神奈川県出身の私には、これがギャーというくらいに怖いのである。
東京都に生まれ育った人とは、ちょっと違った感じ方かもしれない。
このたびの大震災には関係なく、10代の後半あたりから、東海沖地震という言葉が頭に叩き込まれている。
「静岡、ギャーッ
携帯を見て改めて、しろちゃんを掛け物の中に隠し、寝室のドアをきっちり閉めた。
ドアを閉めると、ゆがんでドアが開かなくなり出られなくなる説があるが、いいのである。
しろちゃんがどこかに潜り込んで、いざ外へ出なくてはならない時、見つからないよりは、全然いいのである。

IMG_5780_convert_20110802183002.jpg

「ママと一蓮托生ですかあ……。
ま、いいでしょ
ママを、ママとして選んだ、僕の任命責任ってものもありますしね


私に降る災難はしろちゃんの災難、しろちゃんに降る災難は私の災難。
しろちゃんのママである以上、いかなる場合も一蓮托生。
ママをママとして選んだしろちゃんも、ママと一連托生なのである。
自由にさせてあげれば、猫ちゃんだけでも助かるって?
自分の人生の選択に、猫ちゃんを巻き込んではいけないって?
飼い主としての義務を、私は全うしている。
権利としていいのである。
一緒に生きていくことこそが、私のしろちゃんとの関わり方である。
見て眺めて、かわいいと思うだけの慰み物の猫ではないのである。
一生涯、大人にならない子供なのである。

IMG_5779_convert_20110802183026.jpg

「チュッパチュッパ、ギリギリギリギリ
僕がママの、老後の面倒を見てあげましょう"

心配しないで、歳をとってもいいですよ、ママ。
えっと、カリカリと猫砂の買い方、教えておいてくださいね。
ああそれから、介護用大人のオムツと……。
いっそ、ママも、猫砂ってことにしませんか?


「しろちゃん、そのアンヨの爪、引っこ抜いてしまいたいわけ?
さっきから、ギリギリギリギリ引っ張ってるけど


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

あの地震は焦りましたね;

久々に警報なったんで揺れるまでの10秒弱で2ニャンを確保してベットへ運ぶのに
膝小僧を強打しました(泣)
2匹いると時間足らなすぎです;

思ったんですけど、しろちゃん籠ごと運べないんですか?
普通のときから籠でベットに移動の
おサル改め「おしろのカゴヤ」作戦の練習をしておくってゆうのはいかがですか?
あらかじめ持ちやすい手つきの籠にチェンジしておいたりして♪

うちもアンちゃん連行するときがほんと気を遣います
普通に抱けないからぁ・・・

ラグママもしろちゃんの糸が切れるのはやだよ~(@0@;)//


No title

「ママとしろちゃんは一蓮托生」
とってもいい言葉ですね☆

No title

グラグラと揺れましたね~。
それでも緊急なんですから、kakoboxさんのとった行動は正しいと思います。
もちろんしろちゃんのお腹の糸が切れるのは嫌ですけど
それは普段の何気ない日常で気をつければいいわけで
地震の様な緊急時はまず安全確保が優先ですよ。
あの位の揺れで済みましたけど、そうじゃなかった時の事を考えたら
確保した事がどれだけ良かったかと思うはずです。
命に勝るものはありません。

後ろ足をグググーっと噛んで爪を剥がそうとするしろちゃん(^^)
この時の猫って必死ですよね。。。
この前、ウチの乙女さんもやっていました。
ものすごく激しく引っ張っていて「大丈夫かな?」と思っていたら
ポーンと剥がれた爪が飛んできました。(笑)
思わず「おぉ!」と声が出てしまいましたよ(^^)
猫ちゃんの行動は本当に面白い!
カワイイですよね~♪

rag mama、こんばんは♪

rag mama~そちらは震度4だったでしょ?
階数を考慮すると、体感震度は+1.5程度よね~。
被害がなかったようで何よりでした。

rag mamaも、アンちゃんメイちゃんを抱えて逃げてたのね。
おんなじだ~母心は同じなのね~。
膝小僧を強打とのことですが、その後大丈夫?
多少痛い思いをしても、かわいいにゃん娘の安全のほうが、ずっと大事なのよね~。
確かに、1匹よりは、2匹は大変、いっぺんに運んだのかしら?
将来的にrag mamaサイズになる予定のアンちゃんメイちゃんですから~、将来はアンちゃんメイちゃんがrag mamaを負ぶって避難させてくれますよ、きっと♪
老後は安心だー(笑)

警報から地震までが短いので、はっきり言って、来るぞという覚悟しかできませんよね。
私はいつも、警報と共に揺れだすような木がするのですが…。

>思ったんですけど、しろちゃん籠ごと運べないんですか?
↑ 持つべきは友よね~言われて初めて気がつきましたっ。
しかしね、籠ごと運んだら、絶対に飛び降りると思うのよね。
なんたって、野生味たっぷりのしろちゃんだから(笑)

「おしろのカゴヤ」作戦の練習、しろパパさんと二人でやるべきよね(笑)(笑)(笑)エッホエッホ♪
籠を、何かで覆わなくてはね(笑)
アンちゃん連行の件は、笑い事ではありません。
壊れ物のように扱ってあげてくださいな。
アンちゃんこそ、「おアンのカゴヤ」がいいのですけどね~。
メイちゃんは、しっかり自分でrag mamaの後を付いて来る気がします。
メイちゃんはね~なんとなくだけど、アンちゃんの胸のことを、わかってますよ。
いざという場合、絶対にアンちゃんを助ける役目を果たすと思います。

しろちゃんの糸の心配ありがとうございます♪
はっきり言って、忘れてることがあります(笑)
コメントありがとうございますi-260

ノン福レオちゃんのお母さん、こんばんは♪

mamiさん、そうそう、一連托生なんだと私は思います。
進むも退くも、一蓮托生。
泣きたかったら、大声で泣いてください。
ただし、福ちゃんにっわからない場所で…。
福ちゃんには、お母さんとお父さんの表情、感情、様子がすべての指針です。
お母さんが泣いているから、マイナスなんだ。
お母さんが優しく微笑んでいるから、プラスなんだ。
猫ちゃんはこんな指針でいると思うんです。
過敏にならずに、だけれど、お母さん、お父さんから出てくる愛情の光で、ただただ包んでいてあげてください。
福ちゃんが、一番欲しいもので満たしてあげてください。
お熱が下がって、少しはご飯を口にするようになったなんて、福ちゃん、すごいぞ♪
今夜もお月様、お星様に、いっぱいいっぱい祈ってます。i-189
大変な状況の折、コメントありがとうございますi-260

No title

地震、我が家は揺れは小さかったのですが、やはり震源地に
ドキドキしました(汗)
千葉出身ですけど「ギャー」ってなりますよ~
遂に来たか?!って身構えてしまいます;
皆さん、けっこうとっさに動いていていて凄いなあと。。
うちなんて、猫も人も一歩も動かずでしたもの(^^;

しろちゃん。爪が伸びてきたのかな?
ニャンコの爪が、人間のと違って脱皮するみたいに
外側のカラが剥がれて成長すると知った時は驚きでした。。
どうりで、引っ張るように齧ってるわけだと…。

しろちゃんの糸、無事そうで良かったですね~
でも、腕や肩を持ち上げない抱っこ…って、難しくないですか?(==;
心配だけど、いざという時は仕方ないのかなーと思います。。

ミルクさん、こんばんは♪

ビックリでしたね~携帯まで鳴ったから。
乙女さんはドーンと構えてましたか?

>それでも緊急なんですから、kakoboxさんのとった行動は正しいと思います。
↑ 慰めてくださってありがとう。。。
そうじゃなかったときのことを考えたら、あとから修復できるものなんて、命に比べたらどうってことないですものね。
緊急時の確保がどれだけ大事か、福島の悲しい動物達の記事で学びました。

後ろ足をグググーっって、あれ、爪のいらなくなった分を噛んで剥がそうとしてるわけですね?
毎日やってます。
足は爪とぎができないですものね。
我が家では、「爪を自力で引っこ抜く猫」と言ってます(笑)
ブワーっと出血するんじゃないかと、人間には思えますけど。

今日の爪引っこ抜きしろちゃん写真は、ミルクさんの趣味じゃないかと(笑)
そちらにコメント後で伺いますね。
コメントありがとうございますi-260

JINさん、こんばんは♪

地震、こちらは震度3でしたけど、一連の余震とは違った恐怖を感じましたよね~。

>遂に来たか?!って身構えてしまいます;
↑ そうか、冷静なJINさんでもそうなのねっと安心。
東海地震の刷り込み、半端じゃないですよね。
湘南から西に行くと、街角の広報のスピーカーの数がすごく増えて、防災無線も数が多くて、いたるところに東海地震が来るかもよ?のナマズの絵があったりして、危機意識の高さを感じます。

>うちなんて、猫も人も一歩も動かずでしたもの(^^;
↑ それはね、無防備なリビングではないから、ではないですか?
もなかちゃんとクロちゃんのケージも、すぐそばにあるし…。
なんといったって、猫用避難グッズの収集では、右に出るもののないJINさんだもの。

しろちゃん、爪なんて伸び放題(泣)
自分で切ってあげることができないので、病院に行かない限り切るチャンスが無いんです。
爪切れない、ブラッシングできない、シャンプーできない、タオルで拭くこともできない。
…飼い主としては失格で、 ダメだな私って思うことがしょっちゅうです。
いくらしろちゃんが、1歳を過ぎてお外から来た猫ちゃんだとは言え…。

私も爪の鞘が落ちてるのを見た時には、驚きました。
しろパパさんに、「爪が取れちゃったっ」って、報告したくらいです(笑)
落ちたヒゲを拾ったときも、「どうしよう、ヒゲの数が少なくなっちゃったっ」って悲しんじゃって(笑)
猫ちゃんに無知な私ですが、段々と皆さんに教えられつつ、何とかママ業をやってます。

糸のご心配ありがとう。
いくらなんでも、切れたら具合の悪い顔くらいはしますよね?
抱っこは、真上から首か胸を押さえ、下腹部、もしくはお尻を押さえでします。
しろちゃん、「クハッ」なんて、胸が詰まったような声を出しますよ(笑)
「お尻でクルンと抱えあげるように抱っこ」と獣医さんが言ってましたけど、確かに難しいです。
いざというときは、何より命ですもの、ビヨーンでも仕方ないかと…。
お互いに、地震が無い夜を願っていましょう。
コメントありがとうございますi-260

No title

きっとしろちゃんのお家は6Fだから余計に揺れると思うの。家は3Fだから、かなり違うと思いますよ。
家の倍は揺れを感じるのでしょうねぇ。
東京オペラシティで働いている弟が言うには2㍍は床が揺れて何分も揺れが続いたそうですよ。
やはり高いビルだとトラウマが抜けないのでしょね。
昔から最上階に住みたいと思っていましたが・・・今は・・・

しろちゃんはむやみに抱っこしてはいけないとは可哀そうに。お腹の糸が切れちゃうとは(>_<)
パンはとっさの時に捕まらないかも(>_<)壁にへばり付くのは確実だから不意を付いて捕まえよ。

いつになれば地震は落ち着いてくれるのかしら???

こんにちは~。

夜の地震ってホント怖いですね。
夜中に揺れる度に、3月11日の地震が夜じゃなくて良かった!と思ってます。
夜だったらもっと被害が大きかったと思うから・・・。
マンションは絶対に安全なんだろうけど、揺れが大きいと怖いですよね!すぐに避難も出来ないし。
TVで高層ビルの揺れを見て驚きました。

「東海沖地震」も起きる危険があるんですね?怖い!!
何となく東北に住んでると、どんなに揺れてもあれ以上の地震はもう無いだろう・・・と思ってしまっています。
とにかく早く収まってほしいですね。原発も含めて全ての今の状況・・・。

それより、しろちゃん大変な手術だったんですね。
あんな小さい身体で頑張ったなんて、涙が出ちゃいます。
体に糸が入ってるなんてビックリです。
元気になってくれて本当に良かった・・・。

しろちゃんママの言う通り、一生一緒に生きていく事が飼い主としての義務です。
私はぴいちゃんはずーっと私だけのかわいい赤ちゃんだと思っています(笑)

ビクママ、こんばんは♪

ええ~ビクママは5階だと思ってましたあ。i-229
確かに、あの3月11日のことがトラウマになって、ちょっと揺れても大きな揺れに感じるのかもしれません。
ここは6階で最上階なんですよ。
夏の太陽が天井をジリジリ焼いてます。
高層マンションなんて、私には無理だわ~頭がついてゆけない感じです(笑)

そうなんです、しろちゃん、むやみに抱っこできないんです。
落ち着いているときには、うまいことお尻からクルンと抱っこするのに慣れましたけど、急にはねえ。

パンちゃんも、とっさの時にはきっと自分の力で逃げようとしますよね。
お外に居た子はみんなそうですね。
私はだから、しろちゃんのとっさの逃げ場所を寝室にと、普段から訓練してます。
(寝室に追い込むんです)
一部屋にさえ入ってくれれば、後はマタタビでもオヤツでもおびき出せるじゃないですか♪

地震は今年一杯は続くのではないですか。
小さな余震が続く分にはいいのですが、東京直下型とか東海地震とかにならないことを祈るばかりですね。
コメントありがとうございますi-260

ぴいままさん、こんばんは♪

本当ですよね、3月11日の地震が夜中だったりしたら、もっと犠牲者は増えたことでしょう。
津波が来るのも、見えないんですものね。
ぴいままさんも、丸1日停電などで、ここにコメントしている方たちの中では一番怖い思いをしてしまいましたね。
ぴいいちゃんと二人きりで一晩過ごしたお話、私達に話してくださると、すごくためになると思います。

マンションは一応安全ですが、都市部の場合、火事が最大の脅威だそうで、火が出たら、逃げざるを得ません。

ぴいままさんは、「東海沖地震」の刷り込みはないですか?
私なんて、ちょっとでも揺れたら、静岡かと思うクセがついてます。
東海地震も影が薄くなってますが、やはり一番確率は高いようですよ。
慰めではないけど、東北には、あれ以上の地震は当分無いと私は思います。
大きな余震はあっても、3月11日にエネルギーを放出してしまったので、あれクラスのものは、もう何百年も来ないと思います。
原発は、私達国民が真実を知らさせることがまずは大事ですよね。
パニックになるからという理由で隠されていることがたくさんあるはずですが、国民はそれほどバカじゃないと思うんです。
収束する頃まで、私やぴいままさんは生きているでしょうか。
それほど遠いですね。

しろちゃんね~去年の11月に手術したんです。
それでブログを始めたんですよ。
「腹壁ヘルニア」で検索しても、成猫のものはなかなか出てこなかったので、じゃあ私が情報を発信しましょうと思ったわけです。
記事見てくれましたか?
まるで猫の切腹でしたよ(泣)
切り刻まれようが身体にプラスティックの糸が入ろうが、大事なしろちゃんが死ぬことよりはマシ。
絶対に元気にさせてあげるんだという気持ちで決断しました。

猫ちゃんは赤ちゃんですよね~♪
そう言うと、猫ちゃんの年齢を人間に換算して、違うという人がいますが、私も赤ちゃん扱いです。
しろちゃんがオヤジだなんて、とても思えない(笑)
ぴいちゃんも、姿形も赤ちゃんみたいですから、ぴいままさんの気持ちわかりますよ~。
コメントありがとうございますi-260
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック