偶然か必然か、名前マジック、ミラクルなお話

2011/07/13 Wed

IMG_5554_convert_20110707190741.jpg

「ええ!ママのパパは僕のおじいちゃんですか?
あの仏壇の中に居るおじいちゃんですか?
僕、会ったことも無くて、残念でした。
ええ?僕に似てるんですって?
じゃ、正直ないい人でしたね。

自分で言うかしら、そういうこと。

夏空はこんなにきれいなのに、この空の続いてる遠いところで、
恐ろしいことが起きている。
風も木々も、いつものようににぎやかにそよぐのに、目に見えないものが降りかかっている。
その目に見えないものから、半永久的に物質が放射されてるなんて…。
原発事故の起きる前にも、空気中には、放射性物質は微量ながらあった。
それは、チェルノブイリ原発事故の際に放出されたものが大部分だそうだ。
↑ディスカバリーチャンネルで見た情報。

IMG_5555_convert_20110713185824.jpg

「僕のお話ではないようなので、うたた寝でもします。」
…と、爪とぎのふたの微妙な角度を利用するしろちゃん。


今日は「しろうさん」と「しろちゃん」のお話。
しろちゃんというよりは、私の個人的な話になるが、ちょっとミラクルなので書いてみた。

2002年に私の父が亡くなっている。
2003年に私の母も亡くなっている。
しろちゃんは2007年の生まれだ。
従って、両親とも、当然のことながら、しろちゃんの存在を知らない。
私と父は、ベタベタベッタリの親子関係だったとっても過言ではない。
一緒に買い物に行くとか旅行に出かけるとか、そういった実質的なベッタリではなく、精神的なベッタリだ。
いつまでたっても、子供の時の距離感と同じに、娘を子としか見られない父であり、私も同じ距離感でしか、父と関われなかった。
つまりは親離れ、子離れを意識的に延々としない隠れ溺愛父娘と言ったところ。
そんな父は、調布の家に1回も来たことがない。
正直なところ、来ることが、私がすでに手元から去ったことを確信することになり、嫌だったのだと思う。
父の話を始めると、長~くなりそうなので、ここで割愛。

IMG_5550_convert_20110713185913.jpg

「ママもママのパパを大好きだったんですね。
そのおじいちゃんもママを、大好きだったんですね。
おじいちゃん、どうしていなくなっちゃったんですか?
僕みたいに、ママのそばにずっとくっついてればよかったのに…。」


母はよく夢に出てくるのに、父は1回も夢に出てこない。
その代わり、おかしなところで出てくるのだ。
父の名前は苗字と名前をすべて数字にできるやつ。
「しろうさん」なので、○○46だが、わかりやすく「☆☆46」としよう。

亡くなった2年後あたりに、しろパパさん車を買い変えた。
納車の日、車を販売店の営業マンが乗ってきて、私は玄関先で腰が抜けそうにビックリした。
任意のナンバーで構わないとしたナンバーが、なんと「☆☆46」だったのだ!
「お父さんが来たぁ♪」
父は、我慢ができなくなって、見にきたものらしい。
大きな車に姿を変えて。
大きな車の座席にもたれるたび、父の背中を思い出す。

その1年後あたりに、しろパパさんが、携帯電話を、番号ごと新規に買い換えた。
ドコモショップで出てきた番号は、090 ○○☆☆46○○
番号の真ん中4つに、またしてもお父さんは居た。

IMG_5548_convert_20110713185849.jpg

「おじいちゃん、心配でたまらないんですね。
いっそ帰ってくればいいのに


何で私の持ち物に出てはこないの?と、不思議に思った。
対岸から見るように、しろパパさんの持ち物ばっかりに…。
もしかして、しろパパさんを見張っているの?

2007年春に、子猫を3匹お庭で見かけた。
その年の晩秋から、2匹がお庭に出入りするようになった。
1匹は茶サビで、1匹は白猫だった。
白猫だったから、自然に「しろちゃん」と呼ぶようになった。
茶サビの猫のほうは、しろちゃんのお姉さんなので、これまた単純に「ねえちゃん」と呼んでいた。
我が家にご飯を食べに来るといった、いわば半野良状態を半年以上も続けていた。
我が家の晩ご飯のあとの深夜、私は庭の木々でうっそうとした暗闇に向かって、名前を呼ぶのだった。
「しろちゃん、しろさ~ん、し~ろ~」
ん?んん??
私は誰を呼んでるの?
えっ、お父さん??

IMG_5631_convert_20110713195012.jpg

「えっ、僕じゃなくて、ママはお空のおじいちゃんを呼んでたんですか?
いや~まさか、僕のことですよね?」


何も考えることなく、白猫だから「しろちゃん」と呼んでいた。
そのまま名前となって定着し、本猫も自分が「しろちゃん」であると、十分に把握している。
しろちゃんは、白猫である必要があったのか?
あったのだ。
しろちゃんが、=お父さんなわけではない。
ソフト○ンクのCMではあるまいし(笑)
しろちゃんは、関係としては、あくまでも私の子供である。
父はまた、猫に生まれ代わったわけではないのである。
毎日毎日、何回もその名前を私に呼ばせることによって、父は告げたかったらしい。
かたときも離れずに、そばに居ることを…。
父は、父を亡くしたことによって失った愛情の重さ分、別な愛情を私に与えてくれたのだと思っている。
ついでに、私をママにさせることで、無理矢理成長もさせてくれたのだと感謝している。

次は何に出てくるのだろう、☆☆46。
いやもう、出てはこないかもしれない。
そばに居てくれることを、私が十分にわかったから。
…とここまで書いたら、またビックリ。
明日は偶然に、父の命日だ。

IMG_5457_convert_20110713191514.jpg

「おじいちゃん、心配しないで、大丈夫。
ママのことは、僕が責任持って毎日見てますからね。
ええ、一生懸命にやってますよ。
ええええ、悪いことはさせません。
わかりました、言っておきます。
『暑くても、お腹を出して寝ちゃダメだ』
『人生一生勉強だ』
ですね」



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

この前、美容師の方が、
「猫は誰かの生まれ変わりで家に来てる」
と話をしてました。

しろちゃんがkakoboxさんのお父様の生まれ変わりではないのかもしれないけれど、
名前が同じだと何か繋がっているような気がします。

お父様、自分のことを常に思い出して欲しいんでしょうね。
名前を呼ばれるたびに、きっと嬉しい顔をしてるんじゃないでしょうか。

なんだか いいお話・・・

きっとお父さんはいつも近くで、しろちゃんママの幸せを願ってるんだと思います。
ステキなお父さんですね!

一枚目の写真、とってもかわいい!!!
座り方といい、表情といい・・・ほんとに喋ってるみたい(笑)
でもイケメンしろちゃんがあんな座り方をするとは???ちょっとイメージと違うナ・・・。
しっぽ踏んでる?

偶然?

凄く重なっていますねぇ・・・ビクママはミラクル的な事を信じるというか、ここまで重なると「あぁ、やっぱり」と思います。

ビクママの母も見ているのしら?

No title

お、しろちゃん、オヤジ座りができるんですね!
私的には、爪研ぎのフタを枕にするしろちゃんが好き♪

このお話はとてもステキなお話ですね。
kakoboxさんのお父様は、とてもユーモアのある方だったのかしら?
もしかしたら恥ずかしいから、しろパパさん経由で現れているのかもしれないですね~(^^)
私も父と仲が良いのですが、不思議な事ありますよ~。
(あ、まだ生きていますけど。笑)
私はそれを「親父のチカラ」と呼んでいます。
だから私も、kakoboxさんの様な事が起きたら
「お父さん来たんだね。」って普通に思うと思います。
もしかしたらしろちゃんは、しろうさんがお空で見つけて来てくれたのかもしれませんね。
kakoboxさんと会わせるために。
そう考えるとしろちゃんは愛情の固まりで出来た猫さんですね(^^)

No title

1枚目の写真のしろちゃん、面白いポーズですね。
お茶目で可愛い。って言ったら、恥ずかしがって隠れちゃうかな?(笑)

しろちゃんと、しろうさん…不思議なご縁ですね。
確か、過去記事だとkakoboxさんが体調があまり優れない時期に
しろちゃんと出会っていたような気がするのですが…
お父様が心配して、こっそり「様子見て来てよ」って、
しろちゃんに指令を出したのかも?? 
うちの長男と次女みたいに…(笑)

オカルト的な事は信じない派ですが、猫って不思議だな~と
思う事は多々あります(^^;

ローズキャットさん、ありがとう♪

「猫は誰かの生まれ変わりで家に来てる」
↑ ですかあ…やっぱり。
しろちゃん&しろうさんの場合、生まれ変わりというというか、身体を借りているのかもしれませんね。
それにしては、子供という立場になったのはなぜと思いますが、多分、意味があるのでしょうから、今後も探っていきたいと思っています。
生前には見ることのできなかった私のポテンシャルを、引き出してるのかな。

>名前を呼ばれるたびに、きっと嬉しい顔をしてるんじゃないでしょうか。
↑ そうですか~だったら私も相当うれしいです。
今さらの親孝行ができるかな。
月に一回、自分の病院に行く帰りにお墓参りに行っているのですが、今日が命日と気づいたのは、まさにこの記事を書いてる途中。
父はブログにも顔を出したかったということかな(笑)コメントありがとうございますi-260

ぴいままさん、ありがとう♪

ワタクシ、いい年をして、本当に父っ子だったんです。
いつも幸せを願ってくれてるのだとしたら、うれしいわ~。
そう思えることが、きっと幸せなことなんですね。
気づかせてくださってありがとう♪

一枚目の写真、キョトンとしつつ、しゃべってるみたいでしょ?
ああでも、オヤジ座りを公開しちゃって、ぴいちゃんにもぴいままにも、しろちゃん自身は恥ずかしかったかな(笑)
やめて~ママ~て思ってるかな。
この座り方、結構するんです。
途方にくれたような顔で…。
尻尾、完全にお尻の下に敷いてますね(笑)
コメントありがとうございますi-260

ビクママ、ありがとう♪

重なってるでしょ?そうでしょ?
ビクママが「あぁ、やっぱり」と思うなら、私もそう思っちゃう。
車のナンバーが一番ビックリしましたけどね。

ビクママのお母様も見てますよ。
毎日必ず、ビクママのそばで、ビクママと一緒に同じ空気を吸ってますよ。
うれしい時悲しい時、ビクママをそっと抱きしめてますよ。
私は母親に関しては、そう思ってます。
亡くなる=一心同体になっちゃうってことじゃないかと。
コメントありがとうございますi-260

ミルクさん、ありがとう♪

オヤジ座り、得意なんですよ~もうガッカリしちゃう(笑)
>私的には、爪研ぎのフタを枕にするしろちゃんが好き♪
↑ うんうん、わかります、ミルクさんの好みだと思った♪
小さな背中で語ってますよね。
あっそれもまたオヤジっぽいですね(笑)

ステキなお話ですか?ありがとう。
私の自慢のミラクル話なんですよ~。
恥ずかしいから、しろパパさん経由って説が濃厚ですね。
父はそういう人でした。

ミルクさんもお父様と仲が良いのね♪
今のうちに、どんなことも一緒にしておいたほうがいいですよ。
でもね、たくさんの時間を一緒に過ごしたからって、心残りが無いなんてことありませんよ。
父親って特別ですよね。
ミルクさんの不思議な事、聞きたい聞きたい♪
「親父のチカラ」←ナイス表現!
そうか、そうだったのか!!!

車のナンバーはうれしかったです。
本当に、「お父さ~ん」って、車に抱きつきたかったです。
一人で泣きましたよ。
車を替えることがあっても、そのナンバーは持ち続けたいと思ってます。

>もしかしたらしろちゃんは、しろうさんがお空で見つけて来てくれたのかもしれませんね。
kakoboxさんと会わせるために。
そう考えるとしろちゃんは愛情の固まりで出来た猫さんですね(^^)
↑ きゃ~そうなのかしら~きゃ~。
どうりで、しろちゃん、私達には似つかわしくないほど、いい人(いい猫)なんです。
しろちゃんを見て、わが身を改めるって感じ(笑)
コメントありがとうございますi-260

JINさん、ありがとう♪

1枚目の写真のしろちゃん、オヤジ座りですからーーー。
我が家ではひそかに、赤ちゃん座りと呼んでますがね(笑)
お茶目と思ってくださって、サンキューであります。
これ、よくしてるんですよ。
もなかちゃんやクロちゃんはしませんか?

過去記事、よく読んでくれましたね~続きに書いたものですよね。
そうそうそうなんです。
大病をして、その後の副作用が延々と続く中、しろちゃんに出会ったんです。
自分の白血球数の都合上、感染が怖くて触れる勇気も無かったし、お世話をする自信も無かった。
最初、「かわいいとは思うけど、飼うのは絶対無理」って言ったのを覚えてます。
それがどうでしょ、飼うどころか、しろちゃんに心奪われて、汚いうちからベッドに入れて寝るし、感染どころか普通の人以上の接触をしてます(笑)
しろちゃんがいるから、私は元気にならざるを得ないって感じです。
私にとっても招き猫なんですよ~♪

>お父様が心配して、こっそり「様子見て来てよ」って、
しろちゃんに指令を出したのかも?? 
うちの長男と次女みたいに…(笑)
↑ うんうん、そう思ってます、ありがとう♪
JINさんのところこそ、スーパーミラクルですよ。
JINさんも、重なってるじゃないですか、奇跡的な日付が…。
もなかちゃんと出会うJINさんの様子、見たことがあるように目に浮かびます。
高架下の様子までも…。
悲しみの中から、戸惑いの出会い、JINさんの心中をわがことのように体感できます。

私は実家で犬を飼ってましたが、猫のほうが断然不思議と思います。
コメントありがとうございますi-260
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック