反射角度を利用して、引き出しから見張る猫

2011/07/05 Tue

IMG_5491_convert_20110705180207.jpg

「僕はいつでも見ています。
ママのことを見ています。
お掃除、お洗濯、お料理と、ママはママなりにがんばってますね。
だけどね~ピカピカパチパチだけは、応援いたしかねます。
だって、何の意味があるのか、僕にはわかりません

しろちゃん、今、そこにいる君は、ピカピカパチパチの中に居るってことなんですよ。


今日も良く晴れて、暑い。
昨夜は大きな稲妻が、南の窓の正面に走った。
梅雨は明けたかと思ったが、まだだそうである。
そういえば、入道雲がまだ出てこない。

猫ちゃんはもれなく、箱もの、袋ものが好きなようで、しろちゃんもまた然り。
野生時代の名残りなんだそうである。
自分の周囲の全方向を警戒していては、眠ることもできやしない。
背面と両脇を固めることで、正面からの敵だけを警戒すればいい…眠りながらも…とこんな理由なんだそうである。

お掃除をしているのに、足元に絡まって歩くので、しろちゃんは私に叱られた。
わずらわしいと思うからというわけではない。
早足で歩いている足首の間に、横向きに猫ちゃんが突入し、海老折り状態で背骨を骨折させてしまったという怖いお話を聞いたことがあるからだ。
どこの誰ということではなく、都市伝説のお話かもしれないが、無いことも無い事故なのだ。

IMG_5493_convert_20110705162709.jpg

「フン、ママと一緒にお掃除したっていいじゃないですか。
僕だって、手伝いたい気持ちはいっぱいなんです。」

…と、すねて箪笥の引き出しに入ってしまったしろちゃん。
我が家に、イケダン(家事を手伝うイケてる旦那)はいないが、イケネコ(家事を手伝うイケてる猫)はいる。

ちなみに、右端にちょろっと見えるダウンジャケットは、TARAS BOULBAの寒冷地仕様のダウンウェアの上下である。
ヒマラヤ6000m峰登山で使用される登山ウェアで、私の自慢の逸品。
ただし、20年も前に買ったものなのだが
普段は、年に1回しか着ることがない。
真夜中に出かける、深大寺への年越しの初詣の時だけ登場する。
あの地震の3月11日の夜に、クローゼットの奥から急遽掘り出されて、手元に置くこととなった。
停電になってもどんな寒さの中に放り出されても、しろちゃんと二人過ごせるように、手の届く場所に置いた。
あの地震は真冬で、今はもう、なんと真夏。
このダウンジャケットは不安に対する心理的防波堤となって、クローゼットの奥にはしまう気になれない。
不安に対する心理的防波堤の役割を果たすものは、とても大事。
それがそこにあるだけで、人の不安は和らぐ。

何か視線を感じると思ったら、しろちゃんは、そっぽをむいていつつもママをじっと見ていた。

IMG_5498_convert_20110705163046.jpg

「見てませんよ~だ。
ママのことなんて、知りませ~んだ。
そっちなんか向いてあげません。

引き出しの白いパネルに、しろちゃんの本当の心が映ってますよ~

うんうん、しろちゃんも、ママの心理的防波堤なのだ。
君がそこにいるだけで、ママは強くなれる。
君がそこにいるだけで、ママは優しい気持ちになる。
君がそこにいることは、ママの生きるコースサイン。
君がそこにいることは、ママの生きる意味そのものなのだ。

IMG_5456_convert_20110705184156.jpg

「それじゃ僕も、がんばります。
僕はここにいるだけでいいんですね?
ここでママを、見ているだけでいいんですね?
さびしいです~それ。
僕はママと一緒に遊びたいし、ママと一緒に眠りたいし、
トイレも行きたいし、ご飯も食べたいし……」

そういう意味じゃなくてさ~


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

気持ちよさそう・・・

引き出しの中のしろちゃんは、何だかとっても気持ちよくて満足そうなお顔ですね~。
ママとパパのニオイがするから???・・・あっ!洗濯してるか~(笑)

都市伝説・・・怖いです!
でも歩いてる足に絡まってくる事ってよくあります。
キッチンでも知らない間に足下で寝てたりと・・・。
「ネコふんじゃった~♪」になりそうだった事、何度もあります。
ホント気を付けないと!!!

しろちゃんは掃除機怖くないんですね。
うちも全然怖がりません。・・・ってか、掃除機かけてても平気で床で寝ています。
「ぴいちゃん吸っちゃうよ~。そこどいて~!」と掃除機を近づけても動きませんよ。
イケネコしろちゃんの気持ち・・・羨ましいです。

No title

しろちゃん、今日は新しい所で寛いでいるね~。
フカフカの洋服がクッションになって気持ちが良いね♪
この写真、ベッドとかキャットタワーに居るのとはまた違った
可愛さがありますね~。
しろちゃんは本当にkakoboxさんの事が大好きなんですね!
掃除している時にまで寄ってくるなんて相当ですよ。(笑)

ここで、ちょっとお返事させてもらいますね。
ご飯についてです。
乙女さんのご飯、ものすごく量が多いでしょう。
でも全部は食べないのです。
無駄になってもいいから多く用意しています。
それには理由があります。
・乙女さんは自分で食べる量をコントロールできる。
・小食なので好きなだけ食べろ!という意味で置いている。
・昼間、仕事でいないので多めに用意している。
これがあげた分だけ食べちゃう猫さんなら、太っているだろうし
病気にもなってしまうと思いますが、
乙女さんはちょっと食べて止めて、しばらくすると食べてを繰り返します。
なので太ることなく、今の体型を維持しています。
ご飯は朝と夜あげていますが、残している事がほとんどです。
そのたびに古いのは捨てて新しいのを上げています。
足りないよりは残してもらった方がいいという考えです。
でもこれは乙女さんだからやっているやり方ですので
マネをすることはお勧めできません(^_^;)
今回の動画の「モンプチまぐろ」もオヤツとしてあげています。
乙女さん、8年間生きてきてオヤツなしだったんですよ~。
先月からオヤツデビューです。(笑)
何かあると1日食べない日もあるので、年齢を考えて「オヤツでも食べてくれるもの」を今から探そうと考えてオヤツを与える事にしました。
今でもご飯を食べさせるのに四苦八苦しています。
だから食べてくれるのが嬉しい。
しろちゃんも小食ですから、しろちゃんなりの対処法が見つかるといいですね(^^)

ぴいままさん、ありがとう♪

ぴいちゃんは引き出しの中に入りませんか?
ここは私の箪笥なので、「ママの匂い~♪」って思ってくれたのかも。
どこを探してもいない!って慌てたら、箪笥の一番下の段に入り、しっかりしまっていたなんてこともあります。
ちなみに我が家では、衣類収納は完全に別、下駄箱だけが一緒です(笑)

都市伝説・・・怖いでしょ!
振り向きざまに踏まれた子猫が死んだってこともあるそうです。
「ネコふんじゃった~♪」は、猫骨折になりかねないですもんね。

しろちゃん、掃除機をかけている間は、一箇所に隠れてるんです。
その後、クイックルワイパーで家中水拭きするのですが、その段階で出てくるんですよ~。
クイックルワイパーを手伝いたいらしいんです(笑)
できるものならやって頂戴ですよね~私はしろちゃんのために、水拭きまでしてるんですから。
ぴいちゃん、掃除機に吸い込まれそうになっても平気なんて、すごい。
赤ちゃんの頃から一緒だと、猫ちゃんも進化しますよね~。

引っ越す前の家では、イケネコしろちゃん、食器を洗ってくれてましたよ。
晩ご飯の片付けの際には、必ずシンクのとなりに乗って、飽きることなくお手手でチョイチョイって、洗ってくれてました。
今のお家では、シンクの左側にスペースがないので、手伝おうにも手伝えない(笑)
猫っておもしろいですよね~。
コメントありがとうございますi-260

ミルクさん、ありがとう♪

どうもしろちゃんは、箪笥の引き出しがお好きなんです。
お外から家猫になったとたんに入ってましたよ。
私と一緒に寝るようになるまでは、、箪笥の引き出しがベッド代わりでしたから~。
箪笥の中のものが、しばらくの間、何もかも汚れてしまう=おかげで薄汚れたしろちゃんが、お風呂にはいらなくても白くなったんです(笑)

しろちゃんはねえ、私が滅多に出かけないので、毎日毎日私と24時間一緒なんです。
抱っこもお膝も嫌いなんだけど、今こうやって、パソコンしているときにも横にぴったり張り付いて、腰にしがみついてますよ。
相当ヤバイくらいに、私に依存=ママママってくっつきっぱなしなんですよ。
そういうのって、猫ちゃんにはいけないって本に書いてありました。
その依存している人がたまに出かけたときに、過分なストレスになるんですって。
吐いたりもするそうです。

乙女さんのご飯の量の多いわけは、そういうことだったんですね!
私がミルクさんの立場だったら、同じようにしてたと思います。
乙女さんは、しろちゃんと同じく典型的な猫っ食いなんですね。

>足りないよりは残してもらった方がいいという考えです。
↑ すごーく同意です。
ミルクさんも、本当に乙女さんのことを心底愛してますね。
お留守番をさせる場合、捨ててもいいから、足りないってことにはしたくないですものね。
もしも仮に、自分の帰宅が何かの事情で遅れたりしたら…と思うと、余計ですよね。
私も地震があって以来、出かける際には、こんもりとカリカリを入れてゆくことにしています。
絶対に食べないだろうという量を…。
そして、フードの2キロの袋を、蓋を開けて、キッチンにおいてゆきます。
台所のありとあらゆる袋を破いて、食べ物を探していた福島原発の被災地の猫ちゃんの写真を見たからです。
(その猫ちゃんは亡骸になって見つかりました)
もし仮に私が出かけているときに、天変地異があって私が数日帰宅できなくとも、フードの袋に気づくだろうという考えでしています。
しろちゃんも乙女さんと同じく猫っ食いですし、自分の適量以下をいつも食べる子ですから、ミルクさんのやり方、すごく同意できます。

「モンプチまぐろ」はオヤツなんですね。
ええ、乙女さんは8年間生きてきてオヤツなし~~~???
それはミルクさんが、乙女さんの健康を考えてのことだったのですか?

>何かあると1日食べない日もあるので、年齢を考えて「オヤツでも食べてくれるもの」を今から探そうと考えてオヤツを与える事にしました。
↑ そうですよね~総合栄養食を常食にしろということであって、それ以外を食べてはいけないということではないわけです。
乙女さんが、すごくおいしそうに一生懸命食べる様子を動画で見る限り、乙女さんにオヤツはいいことと感じました。

しろちゃんも、ミルクさんのやり方を見習って、何か喜んで食べるウェットを見つけたいと思います。
食べないことは、一番怖いですものね。
教えてくださって、ありがとう。
コメントありがとうございますi-260
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック