猫のフード考、プレミアムフード?編

2011/06/07 Tue

IMG_5080_convert_20110607190933.jpg

「風の強いお空を、遠く高く飛ぶ鳥さん。
どこまで帰るんですか?
ママが待ってるんですか?
赤ちゃんが待ってるんですか?
暗くならないうちに、早く帰ってあげてください。」


あら~確か、今日の調布はお天気が悪いはずではなかったか。
薄い雲間に、青空さえ見えている。
最近は外れやすい気象庁の天気予報。
がんばって欲しい地震予測。

さて、猫のプレミアムフード?に関してであるが、実はさほど詳しいわけではない。
当面はプレミアムフードジプシーをするつもりで、勢いこんでスタートしてみたら、3箇所目で安住の地を見つけてしまったにわかジプシーなのである。
あれもこれも、試してみるつもりであったのに…。
ちなみに、フードジプシーは、愛猫にとっての最良のご飯にたどり着くまで試行錯誤する飼い主さんの愛情であるが、猫ちゃんにとっては、負担だそうだ。
おいしいもの、安全、安心と感じたものを、食べ続けたいのが猫ちゃん。
今日は中華、明日はエスニックと、あれこれ趣向を変えて食べたいのが人間。
猫ちゃんは、1回違ったものを食べるごとに、脳が安全及び安心かを判別し、その食べ物が自分に適合するかどうかを、消化器官で「猫体実験」するような感じなのだ。
フードジプシーの期間が長く続かないほうが、猫ちゃんの精神的な面にはいい。
また、お試しフードが日替わりにならないほうが、猫ちゃんの消化器官にはいい。
純粋な野良猫さんは、毎回と言っていいほど食べるものが違うので(自然界の生き物だったりするので)、怪我や病気での死亡率を差し引いても、非常に短命である。
脳や消化器官は、それなりにタフにできているだろうが…。
安定しないご飯事情、今日のご飯が確保できるかどうかさえわからない不安感が、どれほどの負担になっていることか。

IMG_5113_convert_20110607162105.jpg

「この茶色の四角い籠の中に、密封できるビンに入った僕のご飯や、サンプルでもらったスープや、オヤツが入ってるんです。
計るためのカップやスプーンも入ってます。
ウェットティッシュも入ってます。
爪切りもブラシも入ってます。
ご飯以外は、僕には用はないですけど…エヘッ


しろちゃんの場合、3種類目のフードで安住することになったが、その安住の地が、本物の安住の地であるか否かはわからない。
…が、しろちゃんが「ここでいいです」というし、獣医さんも全く問題ありませんというので、今のとろこは定着している。
前にも書いたが、しろちゃんの掛かりつけの先生によると、腎臓の数値は崖っぷちであるものの、崖の向こう側ではないので、今のところは、療法食にせず、標準食で栄養価の高いもので栄養バランスを保つほうが大事だということだ。
4歳では、バランスの良い栄養を摂ることのほうが、防備のための療法食に勝るということか。
人間の考えでいくと、例えば腎臓の悪い傾向にあるならば、極力、腎臓疾患の原因とならないような食物を摂ろうとするものだ。
つまりは早め早めに療法食を食べようとするのではないだろうか。
だから療法食がいいのでは?と人間である私は思ったのだが、先生は勧めない。
「しろちゃんは元野良さんなので、バランスの良い栄養状態から、腎臓が悪い傾向に傾いたわけではないんです。
腎臓に悪いご飯を食べ続けるしか無かったので、悪い数値なわけです。
バランスの良い状態に安定してあげて、それでもまだ数値が悪化するようならば、療法食を考えましょう。
まだ4歳なので、一時的に腎臓が悪ともく、復帰するということもあるんです。
それを、今の段階で療法食にしてしまうと、一生涯療法食のままでいくことになります。」

↑ このようなお話だった。

IMG_5115_convert_20110607162128.jpg

「ママったら、子供用健康お守りなんてぶら下げて…。
愚かなママですか?
誰かのこと、すごく大事に思ってると、こういう風になっちゃうらしいです。」


フードに関して、ひとつの目安となるものがAAFCO(米国飼料検査官協会)の規準だ。
日本には、このような公的、国家的検査機構が無い。
しろちゃんは、日本で生まれた日本の猫であっても、ご当地の食べ物が最良とはいかないのは、この点である。
ことペットに関しては、欧米のほうがすべてに進んでいる。
日本は売ることに進んでいるだけで、ケアには遅れている。

①「本品は、AAFCO(米国飼料検査官協会)規定の分析試験により、成猫の健康維持に適したバランスの良い総合栄養食であることが証明されています。」
②「本品は、AAFCO(米国飼料検査官協会)の規準をクリアしています。」
↑ この2種類の記載は紛らわしいが、違うものだそうである。
実際に分析結果を受けて照明されたことと、規準ラインの数値を自社的にクリアしたという違い。
ペットフードの袋の記載にどちらかが書いてある。
どちらを選択するかはあなた次第!
そもそも書いてもいないものは問題外。

なお、AAFCO(米国飼料検査官協会)の分析試験を受けて照明されていても、個的に訴訟、リコールのあったフードもある。
個人的に検査した結果が違う、有害物質が検出された等々、言ったらきりがないほど、ある。
個人的意見だが、リコールがあったメーカーが問題なのではなく、リコールもせず問題のあるフードを垂れ流し状態で売っているメーカーのほうが問題があると思う。
リコールをするということは、非を認めて、回収したということなのだから。
個人でフードの成分の比較、検証、フードジプシーの記録を詳細に公開しているブログもいくつかあるので、詳しくはGoogleで検索を…。

IMG_5116_convert_20110607162148.jpg

「僕はフードなんてなんでもいいんです。
ガッツリ食べないのは僕の個性です。
自分で捕まえなくても、丸一日寝ていても、ちゃんとご飯が食べられるなんて、昔の僕には夢のようなことなんですから。
あっ、僕のお腹、見ないでください。
たるんでるんじゃないですから~~~

手術のあとが治ったら、そこだけモサモサの毛になっちゃったんです

ぷっ

Hill's サイエンスダイエット、アダルト及びインドアキャット。(サンプル品)
どちらも、匂いをかいだだけで食べない。
出し続けたら、どうしようもなくなって数粒は食べたが、無理をしていることは明らかにわかった。
しろちゃんは、サイエンスダイエットが嫌いなのである。
マグネシウムは、0.08%以下。

ニュートロ、ナチュラルチョイス、メンテナンスアダルトチキン、サーモン入り。
平たい粒に穴の開いた形状が、しろちゃんには結構食べやすかったようである。
噛むことがイマイチ上手ではない子なので、丸い形状だと、歯の上で滑って空振りすることがあるが、平たいので、歯の間にひっかかりやすいのだと思う。。
味に関しても、そこそこ良かったようである。
マグネシウムは、0.09%の含有。
つい最近まで、ロイヤルカナンに4分の一の混合割合で食べていた。

ロイヤルカナン、エクシジェント。
標準食のラインは「フィーラインヘルスニュートリジョン」だ。
「インドア」か「フィット」がまさに標準ということになるのだろうが、しろちゃんは、エクシジェントがいいのだそうである。
エクシジェントの特徴は、「味、食感にこだわりがある猫用」ということだ。
しろちゃんは何も食通なわけではなくて、味、風味の濃いものに惹かれるようなのである。
2種類の違った風味の粒が混合されている。
マグネシウムは0.08%。
腎臓に問題なマグネシウム、カリウムの値は、意外なことに「インドア」「フィット」のほうが0.01%高い。
風味、味が濃いように感じるエクシジェントのほうが、0.01%低いのである。
たかが0.01%、されど0.01%。
それでなくても食の細いしろちゃんが食べてくれて、且つわずかでもマグネシウムの値の低いエクシジェントで、これ以上フードジプシーを続ける気が無くなったママなのである。
もっと、よりよいご飯はあることだろう。
が、それよりもしろちゃんの場合、食べてくれることが何よりも大事。
1ヶ月分とされた2キロの袋を、2ヶ月かかって食べるような子である。
無難なロイヤルカナン、エクシジェントに留まったしろちゃんのご飯の選択を、ママはしろちゃんらしいとほほえましく感じることができる。
超がつく甘えん坊であるが、変なわがままが無い。
生まれ育ちは決して良くはないのに、どういうわけだかいつも、良い子路線をあまり外さない。
単なる親バカか…。

IMG_5117_convert_20110607162207.jpg

「ン~単なる親バカですね。
僕はとても恥ずかしいです



「野良猫さんだったのに、食が細いとは不思議ですね。」と、獣医さんにも言われた。
私もそう思う。
人間の食べ物には、興味は示すが、鰹節と海苔以外まったく食べない。
もしかすると、野生の小さな生き物ばかりが食料で、人間の食べ物さえ食べられないような状況だったのか。
もしくは、誰か親切なおばちゃんに、安価なカリカリをもらっていたのか。

いいのだ、過去のわからない不思議のしろちゃんなのである。
瞳のグリーンに、不思議の青い海をたたえたままで、しろちゃんらしく生きたまえ。
フードを変える必要にせまられたときには、またママと、ジプシーになろうじゃないか、しろちゃん。
頭にボヘミア~ンなスカーフでも被ってさ。

IMG_5119_convert_20110607173042.jpg

「ジプシーになるなんて、むりむりむり!
ボヘミア~ンなスカーフなんて、なおさら、むりむりむり!
今のつき並みなご飯をおいしく頂いてますから、ママ、悩まなくてもいいですよ~。
僕は病気になんて、なりません。

籠の角に小さな猫ちゃん乗せちゃって、猫のお顔のアゴまくらしちゃって…。
お気に入りの籠、小さなマイルームには、しろちゃんの趣味が生かされてますねえ


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

ご飯・・・

いろいろあって難しいですねぇ。家は「Hill's」「ロイヤルカナン」は2ヶ月くらいの時とサンプルでもっらた以外は食べさせていません。普通の「ねこ元気」とか・・・後なんだっけ???モンプチとか・・・いろいろです。お腹の調子が悪い時は病院でご飯を買います。
病院食も結構お値段がお高くて(>_<)
ご飯って繊細で、何が良いかわかりません。「銀のOO-O]は食付きが悪いです。
たまに、ささみのボイル。マグロの赤身をあげます。マグロは喜んで食べます。
鰹節は猫用のですよねぇ。あぁ~海苔いけないって言われてあげていませんけど・・・

ビクママ、ありがとう♪

ご飯は各ご家庭で色々ですねえ。
私はそれがいいと思ってるんですよ。
自分の猫ちゃんによかれと思って考えて、飼い主さんが与えること自体が愛情ですから。
愛情なしにどんな高級なご飯をもらっても、猫ちゃんは幸せじゃありませんものね。
私は知識も経験も無かったので、友人からのアドバイスがフードを変えるきっかけでした。
また、病院の先生がこういうフードを…と、院内にポスターで貼ってあるので、それに適ったものを選ぶという感じです。

ビクちゃん、パンちゃんに腎臓などの持病がなければ、マグネシウムの数値を気にすることもないですものね。
マグロの赤身は、猫ちゃん、喜びそうですねえ。
鳥のささ身のボイルは、リンク先のrag mamaさんも食べさせていると言ってました。
両方ともご馳走ですね♪

鰹節はねえ、ご飯を食べないときに猫用のをほんのちょっぴりふりかけにしてあげます。
人用鰹節も海苔も、猫ちゃんに食べさせちゃダメなんですよ~もちろん。
だけど、人用鰹節は小指の先に乗る程度、海苔は、1センチ四方程度を、週に2回程度はあげちゃいます。
週に2回程度、おにぎりを作ることがあるのですが、そのときに台所に三つ指ついて待ってるんですもの。
いつまでもじっと待ってるその姿に負けちゃいますi-182
その代わり、しろちゃんは、来る日も来る日もカリカリばっかり。
ウェットフードもスープ仕立ても、滅多にあげません。
ウェットは病院で買うa/d缶のみ。
ちょっとかわいそうかな。
コメントありがとうございますi-260

こんにちは。

しろちゃん・・・真っ白でうわふわで、元野良ちゃんとは思えませんね。
とっても柔らかそうで触れてみたいです~!

フード選びは難しいですよね。
実家のネコはもう14歳なんですが、ここ数年目が腫れたり痒がったりするので病院で調べたら、かつおアレルギーだったんですよ。
小さい頃からかつお味の同じフードしか食べなかったので、どうも体の中で蓄積されて発症したらしいのです。
そんな事があるなんてびっくりです。
同じ物をずっとあげるっていうのもよくない・・・って事ですもんね!

ぴいちゃんは小っちゃい時に、結石ができたり膀胱炎になったり・・・皮膚も弱いので高級な病院食です。
普通の安物と混ぜてあげたりもしますが、やっぱり高級品がすきみたい(笑)

No title

昔の猫のご飯について。
もう25年くらい前の話ですけど、そのころ猫缶を買いに行く係りだったので覚えています。
たぶんカルカンのシリーズだったと思います。
缶詰もカリカリも、その当時はすでにありましたよ。

乙女さんの腎臓の数値は4歳の頃、病院の血液検査で判明しました。(現在は8歳です。)
その頃、食べていたフード食品会社に問い合わせたりしましたが、それが原因では無かったと思います。
(なぜなら今もそのご飯を食べているからです)
その時、ちょうど引っ越したこともあり、そのストレスで腎臓の数値が上がったのでは?
と言う事を獣医さん言われました。
その後、検査をしていって数値は落ち着いてきました。
なので私が心がけている事は、ストレスを与えない・溜めない事です。
乙女さんの身体を毎日マッサージして、遊ぶ時間を作っています。
そうすれば、運動してお腹が空いて、食べてトレイに行く。という構図が出来上がるかな~と。
まだまだ試行錯誤ですが、楽しみながらやっていきたいと思っています(^^)

ぴいままさん、ありがとう♪

しろちゃんをほめられると、デレデレ~な親バカですよ~♪
しろちゃん、まさに元野良ちゃんです。
それになんと、※1回もお風呂に入ったことがない。
※ウェットティッシュで拭かせない。
※ブラッシングさせない。
もうね、しろちゃん自身の毛づくろいにお任せなんです。
病院のトリマーさんが、「お望みならお風呂に入れてあげましょうか?」と言ってくてるのですが、何かでひどく汚れた場合や自分で毛づくろいできない状態になったら、お願いしようと思ってます。
病院の先生は、嫌がる子はお耳に水が入るリスクも高いので、お風呂に無理矢理入れなくても全然構わないといってます。
皮脂が取れすぎてしまうこともあるそうです。

ご実家のネコちゃん、なんとカツオアレルギーですか!
猫ちゃんのお魚系のアレルギーなんて初耳です。
同じものを毎日毎日何年も食べることになりかねない猫ちゃんは、やっぱり蓄積するんですね。
「猫ちゃんの頭の中の規則は、昨日あったことは今日もあること」なんですって。
それを知ったとたん、例えば土曜日だけウェットにするとかスープ仕立てのご飯にするとかいうことが、できなくなっちゃいました。
「昨日出たのに、何で今日はないの?」と、頭が混乱するかと思って。
でも、週に1回は別なものを食べさせることも必要かな。

ぴいちゃんは、高級な病院食だったんですね。
病気で辛い思いをさせるくらいなら、少々お高くとも、病院の先生の勧めるご飯を食べさせるにこしたことはありませんね。
猫ちゃんの病気は、治らないってものが多いんですもの。
それに、小さな身体は急変に耐えられず命を落とすことも多いです。
ぴいちゃん、療法食で、元気でご長寿猫さんまで、頑張れ~♪
ぴいままさん、応援してます、頑張れ~♪
コメントありがとうございますi-260

ミルクさん、ありがとう♪

なるほど~猫のウェットフードやカリカリはそんなに前からあるんですね。
じゃ、カルカンは老舗フードメーカーなんですね。
猫缶を買いに行く係りだったミルクさんって、かわいいじゃないですか♪

乙女さんの腎臓の数値は、ストレス起因の悪化だったんですね。
猫ちゃんのストレスは本当に怖いですね。
でも、乙女さん、慢性腎不全などの病気でなくて、良かったじゃないですか!
今は数値が落ち着いたとのこと、なによりなにより♪♪♪

>ストレスを与えない・溜めない事です。
乙女さんの身体を毎日マッサージして、遊ぶ時間を作っています。
そうすれば、運動してお腹が空いて、食べてトレイに行く。という構図が出来上がるかな~と。
↑ すごく参考になりました。
我が家も一昨年の夏に引越しをしましたので、それまでも崖っぷちな数値を、ますます崖っぷちに追い詰めたかもしれません。

しろちゃんは、腎臓の数値が落ち着くということがなく、悪化したり戻ったりの繰り返しです。
先生の判断で、療法食にはしてません。
しろちゃんには、過分なストレスをかけているかもしれないと、反省しています。
あっ、神経質になることがいけないわけですね。
楽しんでやるというおおらかな気持ちでないと、猫ちゃんは察しますものね。
見習おうっと♪
コメントありがとうございますi-260


バルサン。

2CATを避難させて焚こうかなぁ・・・ゲージごと運ぶ・・・
ビクはハーネスしていれば大丈夫だから(笑)
ただ会社に行くと汚くなるの^^;猫って隙間に入るから・・・(ー_ー)!!
パンは再度!ビクママの事を恨むだろうなぁ!!!

教えてください。

ブログをやっていないお友達からのコメントに名前が入らなくなってしまいました。
6月2日まではちゃんと名前が入っていたのに・・・
テンプレートを変えたから???
ビクママ頭をひねっています^^;

取り急ぎ!

ビクママのほうに、鍵コメで書いておきました。
やってみて♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは。
フードジプシーなんてあるんですねぇ
初耳☆

そうかぁイロイロ食べるのは猫には負担なの!?

メイちゃん毎日色んなものクレクレで食べてるけど笑
ありゃ特異体質だなきっと!

最近プレミアムフードサンプル5種類っていうの頼んじゃった!
この記事と逆行中ですね。

ジプシーではないけどラグのブリーダーさんのhpで栄養がフードによって違うから何種類かあげるとバランスよくなるって書いてあったのでウチも増やすのを選ぼうかと思って頼んじゃった。

記事読んで一気に試すのは負担そうだからゆっくりあたえてみます。

しろちゃんのお守り愛情いっぱいで効きそう(^ー^)
かわいいしお守りもやっぱり白なんだね~♪

rag mamaありがとう♪

rag mamaが復活してくれて、うれしいなあ~♪

なんと、rag mamaがフードジプシーって言葉を知らなかったとは、びっくりですよ。
フードジプシーの記録をブログにしてる人もいますよ。

>そうかぁイロイロ食べるのは猫には負担なの!?
↑ アンちゃんメイちゃんみたいに食べてることは、全然負担じゃないんですよ♪
色んなものを食べるのはむしろいいことと思うの♪

要は、主食のカリカリをクルクルと短期間で変えることが、猫ちゃんにはとても負担なことなんだそうです。
それも、カリカリしか食べないような子が特に…。
だから、主食とこれとあれとって、食べていい沢山の種類のものを食べさせることをさしてるわけじゃないんです。
それはむしろ良いことですね。
rag mamaのように、手作りまで加えてるのは、理想的なことと思います。

うちのしろちゃんみたいに、カリカリばっかり食べる子の場合、同じものを一生涯食べ続けさせるのは、かえって恐ろしいことよね。
絶対の保障は無いんだもの。
フードを変えるときには、ゆっくりと時間をかけて、次のフードに移行すればいいってことじゃないかな。

メイちゃんのクレクレ攻撃、大変だろうけどかわいいじゃないですか♪
きっとたくましく成長するのでしょうね。
しろちゃんなんて、なんというか、食べさせる立場にとっては寂しいですよ。

>最近プレミアムフードサンプル5種類っていうの頼んじゃった!
↑ 1回は、猫ちゃんのためにフードジプシーにならなきゃならないわけで、試すのは全然いいじゃないですか♪
アンちゃんメイちゃんが、大人ご飯に移行する時期なのでしょ?

ブリーダーさんの仰ることもごもっともですね。
何種類も混合してあげることも、考えてみたら、いいと思います。
猫ちゃんの生態の違いもあるから、何匹も育てたブリーダーさんの経験はとても確かでしょう。

私が言いたかったのは、カリカリを主体に食べる子が、そのカリカリが今月がこれ、来月はこれっていう風に変わると消化器官に障害を起こしやすいってことですよ~。
だから、主食とおかずみたいに様々なものを組み合わせて食べることはいいことだし、栄養素の違うカリカリを混合するのもいいこと!
私も最近は、ウェットフードをご飯に加えたいんだけど、しろちゃんはa/d缶みたいな高栄養のものしか食べないので困ります。
a/d缶を毎日あげてたら、高脂血症になりそうだもの。
食べない子には食べない子の悩みあり~。i-182

しろちゃんのお守り、深大寺の初詣で買ってきたの。
自分のお守りは買わないのに(笑)
コメントありがとうございますi-260
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック