動物には選挙権がないので、何の責任もありません。

2011/05/26 Thu

IMG_5007_convert_20110526175331.jpg

「皆さん、もうじき関東も梅雨ですよ。
お外では、カタツムリさんが、紫陽花の葉っぱの上をのんびりと歩いていることでしょうね。
台風も来ています。
大きな地震のあとです、十分に注意してくださいね。
猫ちゃん達、雨の日には、ゆっくりぐっすり眠って過ごしましょう。
ご飯もモリモリ食べて、ストレスになんか、負けないでください



中国、四国、近畿地方が梅雨入りしたそうである。
平年よりは10~12日早い梅雨入りは、梅雨明けも早いのだろうか。
怪しい黒雲が南西の空の半分を覆って、こちらも雨が近いことがわかる。
しろちゃんが眠たい日々が続くと、ママは非常に楽になる。

先日病院の先生と話した、放射能とお水の関係について。
あくまでも余談の話だ。
ついでに伺いますが、どう思われますか?という質問をしてみた。

「非常にデリケートな問題ですよねえ。」と先生は前置きした。
そのデリケートさは、政府の発表をそのまま素直に受け取れない現状を言っている。
動物病院の先生なのだから、いい加減なことは言えない。
正しいことも、把握しきれないといったところか。
現行の政府発表を踏まえて言えば…ということだ。
発表そのものが、隠蔽工作されたものならば、結果は全然違ってくる。

「今の段階での調布市の場合、規制もないですし、水道水は飲んでも構わないと思いますよ。
人も猫も…です。
取水場所が、23区とは違いますからね。
ただねえ、風向きにもよりますけどね~。」


IMG_4967_convert_20110526175351.jpg

「ふむふむ、なるほど、そういうことですか。
偉いおじさんが信用できないと…。
言っておきますが、動物には選挙権がありませんからねえ。
最低限、動物には、何の責任もありません。
しっかりしてください、偉いおじさん達。」

どこでそんな生意気な口説を覚えたのかね??しろちゃん。


人間の赤ちゃんに、飲料規制があった場合はどうかと質問してみた。
「人間の赤ちゃんが飲んではいけないのは、細胞活性期、成長期にあるからで、身体が小さいからではないんです。
人間の赤ちゃんと猫の比較ですが、体重は変わりませんが、まずは飲む量が全然違います。
猫の赤ちゃんの場合も活性期なわけですが、やはり飲む量が非常に少ない。
つまりは身体の大きさと飲む量の関係で、摂取する放射性物質も少ないわけです。」


確かに、猫ちゃんの飲む量は人間に比べて非常に少ない。
飲料規制のあった際、赤ちゃんが飲んでいけなかった理由は、細胞活性期、成長期にあるからと情報を得て書いたが、そのことは間違っていないわけだ。

「参考までにうちでは、犬2匹、猫2匹がいますが、水道水を飲ませてます。」

なるほど~。
獣医さんのお宅のワンちゃん、猫ちゃんでも水道水ですか。

「ミネラルウォーターの含有ミネラル分を考えると、まだしも水道水のほうがマシですね。
硬度の問題だけでもないんです。
硬度が低くとも、ミネラル成分を含有しているかどうか、猫ちゃんにはそこが問題なんですね。
水道水は、危険でない程度に滅菌されてますしね。」


しろちゃんの掛かりつけの先生は、ミネラルウォーター、ペットボトル入りのお水がかなりお嫌い。
水道水の硬度は、軟水のペットボトルのお水より高かったりするのだが。

IMG_4968_convert_20110526175410.jpg

「ふ~む、しかりしかり。
腎臓の病気や尿路結石の心配ですね。
やっぱり水道の蛇口の下にお口をくっつけて、ガブガブ飲むのが一番ってことですね。」

先生はそんな風には言ってませんよ!

「癲癇持ちの猫がいるんですが、薬でずっと発作が抑えられていたんです。
それが、この地震で癲癇の発作が起きるようになってしまいました。
ストレスが、動物には一番負担です。
少々の放射性物質を気にするよりは、地震のストレス、人の不安感のもたらすストレスのほうが猫ちゃんの命に関わります。」


癲癇持ちの猫ちゃんが、獣医さんに飼われていて、よかった。
たった一人の猫ちゃんのことだけど、よかった。
診察台の上のしろちゃんも、話の途中でそろそろ我慢の限界。
自分でキャリーに入ってしまった。
鼻の奥のほうから、キュイーンと小さな訴えが聞こえる。

デリケートな(政府発表の信憑性、個人の感受性)問題でもあるし、住んでいるところの取水場所の問題でもあるし、その日その日の風向きによる放射性物質の飛散の量にもよるし、自治体の基準値の問題にもよる。
自分の愛するわが子に何をどう飲ませるか、それはもう、個々の判断の問題であって、これが正しい!なんてことはないと思う。
嘆かわしいことだけど、今この現状では、そういうことだ。
そういう国の国民なのだ。
世の中が不安なときこそ、問われる大人達の知識と見識と経験と賢明さ。
しろちゃん、ママはあまりいいママではないかもしれないが、
これでも君のために精一杯なのだ。

IMG_4978_convert_20110526175442.jpg

「わかってますよ、ママ。
僕のために一生懸命やってくれてることは、僕はちゃんとわかってますって。
マメでもない、上手でもない、子育ての経験もない、猫育ての経験もない。
そんなママだからこそ、猫神様が、
ママになってもらいに行きなさいって、僕に言ったのでしょう。
雨の日は、ああ眠い。
グーグースピーグーグースピー



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック