過去を語りたがらない、青い海を持つ猫

2011/05/19 Thu

IMG_4856_convert_20110519180413.jpg

「ママ、またまた来ました、恐れを知らない鳩さんが…。
ここは僕のお家なのに、平気な顔してそこにいるんです。
僕に、イーダ、ベロベロバーなんてイジワルな顔するんです


いよいよ暑さがやってきた。
本格的な夏の来る前には梅雨があるが、今年の夏はまたまた猛暑説もある。
若者が、「停電でエアコンが使えないなら、仕方ないから物置にある扇風機にするか」と言っていた。
物置にあるレトロな扇風機だって、電気は使うのだよ、若者。

今日も鳩さんと、見詰め合うしろちゃん。
しろちゃんの右目の中の水色のカケラは、外の水色の物が映っているわけではない。
しろちゃんの目の中にある小さな青い海なのだ。
初めて会った頃は、瞳全体を覆うようなもっと大きなカケラだった。
赤ちゃん猫のキトンブルーが段々と消えてゆくように、しろちゃんの目の中の青い海も、年月とともに小さくなってゆく。
私は寂しい。

IMG_4865_convert_20110519181312.jpg

「僕のお目目の中の小さな青い海は段々小さくなるんです。
海が小さくなると、僕が大きく成長したっていう証拠なんです。
ああでも僕は、心の中の海だけは、忘れないようにしたいと思います。
本当の海なんて見たことありませんけど、
青く澄んでとても美しく尊いものって、ママが教えてくれました



しろちゃんの猫の父さんは、白猫で完全なるオッドアイ。
しろちゃんの猫の兄さんは、白猫で完全なる両目ブルーアイ。
しろちゃんの猫の姉さんは、茶サビでグリーンアイ。
末っ子しろちゃんには、ブルーのカケラだけが入ったらしい。

IMG_4871_convert_20110519180504.jpg

「僕、鼻血もだいぶ少なくなりましたし、お腹の痛いのも治りました。
ご心配ありがとうございました

偉いねえ、自分で報告できたんだ。

末っ子と言っても、同時に生まれたのだから順番などないが、しろちゃんは末っ子と私達は思ってる。
野良の時代に、末っ子キャラだったからだ。
茶サビの姉ちゃんと、いつも一緒に行動していた。
茶サビの姉ちゃんの、懐で眠ってもいた。
そんな茶サビの姉ちゃんは、ご飯だけはちゃっかりと山盛りで食べてゆくくせに、我が家には寄り付かない猫だった。
寝床はどこか別にあって、お腹いっぱいのご飯を食べると、そそくさと帰ってゆく。
しろちゃんは、姉ちゃんに促されてご飯を食べはするものの、ご飯なんてどうでもいいという感じ。
我が家の様子が気になって気になって、とうとう軒下で夜を明かすようになった。
ガラス戸を開ける私を、待つようになった。

IMG_4872_convert_20110519180440.jpg

「ママは、血の気がないように僕のお鼻が白いので、
貧血じゃないかって、心配してます。
ママったら、きりなく心配するんですから。
猫母さんと一緒ですね」

ん? 猫母さん?


しろちゃんの猫の母さんだけが、まったく所在知れず。
これだな!と思う猫さんを見たこともないので、近隣のどこかの家猫さん説が強い。
出入りが自由な、あくまでも人に飼われている未避妊の猫さんだと推測する。
見たこともない、しろちゃんの猫母さんなのだが、私はすごく尊敬している。
できることなら時折は、この私の相談に乗って欲しいものだと思っている。
「しろちゃんが風邪ひいたようなのですが…。
しろちゃんがお腹を壊しましたが…。
しろちゃんが食欲ないようなのですが…。」
と。
どういう状況だか不明だが、許されない隠れた状況下で、少なくとも3匹の子供を生み育ててくれた。
一人でどうにか生きてゆけるまで、立派な体格に育ててくれた。
運命の采配で私に託されたのは、そのうちの末っ子の1匹だけど、その性格も、猫母さんから受け継いだものだろうか。
良い環境とは言いがたい環境の中で、食べること、排泄すること、眠ること、甘噛みすることに関するしつけだけはキチンとされていたことに、心から感謝したい。
単なるわが子自慢か?(笑)

しろちゃんの家族、親戚一同について、書けるようになったら書いてみたいと思っている。
心情的に、なかなか書けないこともあるのだ。

IMG_4858_convert_20110519180731.jpg

「僕の猫の家族、親戚ですか……。
そんなもの、僕はもう忘れました。
ママからもう一回生まれなおしたんだから、それでいいじゃないですか。
戸籍にも入ってるじゃないですか!
【長男しろ】って」

ほほう、戸籍にもねえ。


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

親戚。

親戚追跡が出来るサイトがありますが・・・
しろちゃんにも兄妹がいたのねぇ。三つ子かなぁ?茶サビの姉ちゃんと行動を一緒にしていたのねぇ。
兄妹なのに性格って全く違いますねぇ。しろちゃんはお外猫にはなれない運命だったのねぇ。
パンと同じ・・・
ビクママが飼っていた白い「にゃんにゃん」の目は何色か忘れちゃた・・・この子もある日、突然現れて足にスリスリしながら「にゃん~にゃん」と鳴くからそのまま家に。
戸籍に長男と。OO しろですかぁ?(笑)
ビクの親戚追跡してみようかなぁ?

海を飲んじゃったんだね(^-^)

瞳の中に青い海のかけらを持っている白い白猫なんて素敵ですね。とても神秘的。しろちゃんはやはり白猫一族の王家の血を引くに違いない。。え?ぷーちゃん?(~_~;)ぷーちゃんは、王家に使える家電屋さん(=^・^=)王家の家電を点検しては壊してしまい。。追放・・。お庭でゴロゴロして途方に暮れるぷーちゃん。そんなとき、人間界に降りることを許されたしろちゃん王子と偶然出会い、一緒に下界に降りることにしたんです。ところが、いよいよ出発~!の段になって、おっちょこちょいのぷーちゃんが先に降りてしまい。。王子と違うところに着地~。そして、今日に至る。。です。(*^_^*)
 しろちゃんのお父さんとお兄さんも白猫でしたか。ぷーちゃんのお父さんが白猫なのはわかっているんですが、兄弟がどんななのかは掴めていません。お母さんは茶系のシマシマです。
 お父さん・お兄さんとの家族の証にもらった青い海のかけらですね。(^-^)海はしろちゃんの猫の家族の想いと絆。それは、新しい家族との絆が深まるととともに小さくなっていってしまうけど・・いつか消えていってしまうかもしれないけど、瞳の奥にずっとしまいこまれて、静かにしろちゃんを見守ってくれるんですね。
 神秘の気高き白いしろねこしろちゃん。至福の日々をママと過ごす・・きっと親戚一同安堵し、しろちゃんを誇らしく思っていることでしょう。(=^・^=)☆

No title

しろちゃんには、兄姉がいたんですね~。
野良時代、その兄姉達と一緒にいれたおかげで
ご飯・トイレ・甘噛みなどを学んだんでしょうね(^^)
時々、角度によってしろちゃんの目が不思議な色に見えたのは
青いかけらがあるからなんですね~。
しろちゃん、そうだね。色は消えても心に残るよね!
【長男しろ】これ、とってもステキです♪

ビクママ、ありがとう♪

そうですね、純血種の猫ちゃんワンちゃんに関しては、親戚追跡が出来るサイトがあるそうですね。
しろちゃんにも兄弟がいたんです。
コロコロの子猫の時、3匹で遊んでいるのを1回みましたし、大人になってからも姉ちゃんとは一緒、お兄さんは1回だけ顔を出しました。
3匹を、野良猫保護の観点からは家に迎えてあげるべきだったのかもしれませんが、寄り付いたのはしろちゃんだけ。
私に面倒見れるのも1匹だけ。
ビクママも白猫と暮らしていたことがあるんですね。
白猫は、すごく神経質じゃなかったですか?
ビクちゃん、ご親戚を探してみたら?
コメントありがとうございますi-260

猫咲トマトさん、ありがとう♪

瞳の中の青い海、もっとよくわかる写真もあるんですよ。
最初の頃は、四角いブルーのカケラだったんです。
丸い目の中に四角い大きなカケラが入ってたの。
見せたかったわ~。i-228

ぷーちゃんは電気屋さん(笑)
ぷーちゃんはきっと、猫界のメカニックなのね。
しろちゃんが王子様なら、ぷーちゃんも王子様でしょ、兄弟だもの。

ぷーちゃんのお父さんは白猫さんだったんですね。
アメショーの単色の白は本当に珍しいのでは?
私はネットでも見たことありませんよ~。
ぷーちゃんも運命で猫咲トマトさんのところに来たんですね。

>神秘の気高き白いしろねこしろちゃん。
↑ ほめられると、ママは舞い上がってしまいますよ。
お庭から来た野良猫なんですから、気高くしてあげるのも賢くしてあげるのも、みんな私達の愛情と努力かなと思って、頑張ります。
猫の家族がしろちゃんを誇らしく思っていてくれるかな~。
そうだと本当にいいのだけど。
本当は家族もみんな、誰かのお家の猫さんになれれば良かったのにね。
今はどうしているかわかりませんが。
コメントありがとうございますi-260

ミルクさん、ありがとう♪

そうなんですよ~。
コロコロ子猫の時に1回だけ、3匹揃って遊ぶのを見てるんです。
そこから年齢を推測したわけです。
モンシロチョウをね、コロコロ子猫3匹が追いかけて遊んでたの。
想像しただけでかわいいでしょ♪

元は野良さんなんだけど、なんだかどこかでお行儀を学んできたの?ってくらいに、しろちゃんは生活するにおいては世話が焼けない子なんです。
超甘えん坊で、一日中ママママなのには、困りますが…i-181

しろちゃんの目、不思議な色に見えてましたか?
ちょっと陰のある子ってこともあるかもね。
いつもちょっと寂しい目をしてるんです。
【長男しろ】…ワタクシの法的相続人としたいと思っています(笑)
ミルクさんのところ、リンクさせていただきました♪
コメントありがとうございますi-260

No title

もう何十年も昔にオス猫を飼っていたの。とても頭の良い子でねぇ。サッシを開けて自由に外に行って帰って来ていた子なの。神経質とかは感じなかったけど、自分の子を連れて来てご飯をあげて子供が食べた後にゃんにゃんがご飯食べる。そんな優しいオス猫だった。事情があって引っ越す事になる前に姿を消した思い出深い子です。だから余計に真っ白猫は好きなの。しろちゃんも綺麗白猫。家にいたにゃんにゃんは少し汚かった(笑)
血統証を見ながらゆっくりやってくださいと書いてあった。
こちらこそいつもコメントありがとうv-344

ビクママ、ありがとう♪

ビクママには、思い出の白猫にゃんにゃんちゃんがいるわけですね。
♂なのに、自分の子を連れてきて、食べさせた後に自分が食べるなんて、優しくて健気なにゃんにゃんちゃんですねえ。i-228
そういうことができるって、賢いってことですね。
動物の本能じゃ、できないもの。
白猫さんは外に行くとテキメンに汚れてしまいますね。
うちのしろちゃんも、家の中の拭き掃除を見逃したところの探知機ですよ(笑)
足の裏が汚れていると、どこかが汚れているって証拠です。
もう、白猫を白く保つには、掃除がたまりません。i-182
コメントありがとうございますi-260
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック