家庭内♂同士共存の鉄則は会話なのだ。

2011/05/05 Thu

IMG_4674_convert_20110505181758.jpg

「今日は子供の日ってことで、子供がお祝いされる日でしょ?
なのに、僕は、ママにほったらかされて、キッチンカウンターの上でふて寝してます。
こいのぼりも兜飾りも、ママは今年も!買ってくれなかったです
白い一人息子だっていうのに…」


こいのぼり
↑↑↑はい、こいのぼりです。
サプライズも今夜ご用意してますよ。


甲州街道が、中央高速に向かって混んでいる。
ゴールデンウィークもすでに5日だというのに、今日から8日の日曜まで、6日を休める人にはまだ4日も残っている。
こういう点でだけは、日本も文化的に豊かになったものだとつくづく感じる。
こういう点だけでは……。
国の、行政の動物福祉、動物愛護に関しては、今回の震災で憤りを感じる報道のほうが圧倒的に多い。

前にも書いたが、しろちゃんはしゃべるのである。
相手にもよるが、ちゃんと会話できるのである。
しろパパさんに話しかけられた時だけ、ピンポン状態で、しろパパさんと会話するのである。
声と声が重なると、途中でやめて、自分の順番をちゃんと待つ。
しろパパさんがしゃべり、自分がしゃべり、しろパパさんがしゃべり、自分がしゃべりという順番を、崩すことはとっても嫌なことらしい。
律儀なバカまじめなしろちゃん。

IMG_4679_convert_20110505181721.jpg

「みんなどこに行くんですか?
北のほうへ?
じゃ、悲しい思いをしている猫ちゃん達に、僕からも伝えてください。
猫は待つことがとっても得意、Never give up!ですよって。」



「しろちゃん、寝んねするかい?」(しろぱぱさん)
「ニャイ」(はい)
「じゃ、一緒に行こう。」
「ニャワイ」(うれしい)
「さあ、付いておいでよ。」
「ニャニャイ」(はい、今)
「早く~待ってるんだよ~」
「ニャニャ」(待って)
「どうした、行かないの?」
「ニャニャ、ニャイ」(ちょっと待ってください)

口を大きく開けて…ではない、口を少し開け、唇を持ち上げてしゃべるのである。
上唇というのか鼻の下というのか、あのマズルと呼ばれる部分を上下させて、牙のみならず小さな歯を見せてしゃべるのである。
鳥を見た時の「ウケケケッ」ともちょっと似ている。
非常におもしろいのだ。
私が口をはさむと会話しなくなってしまうので、私は極力黙ってみている。
いつか動画に撮って紹介したいものだけど、しろパパさんの裏返った親バカ声がないと成り立たない会話なので、撮ることはできても、アップはちょっと……。
イメージとしては、「サザエサン」の中の、いくらちゃんのバブーッをニャイにした感じ。

IMG_4676_convert_20110505181825.jpg

「あんないくらちゃんみたいな赤ちゃんと、一緒にしないでください。
僕は、バブーなんて、赤ちゃん言葉は言いませんよ。
ニャイ



この会話、どういうわけか私とはしないのである。
私に対しては、いつもニャ~ンであり、場合によってのニャ~ンのバリエーションでしかない。
うれしいニャ~ンだったり、悲しいニャ~ンだったりはするが、あくまでも猫の鳴き声から逸脱しない。
ところが、しろパパさんとの会話においては、全く逸脱しているのだ。

あくまでも私の推測であるが、しろちゃんなりの「家庭内♂同士共存の鉄則」「なのではないだろうか。
猫ちゃん一家には、お父さんの同居はありえない。
童話の中の猫ちゃん一家には、父親は同じ家に存在するが、実際の猫ちゃん一家には存在しえない。
子猫がある程度の成長を遂げると、父と子は♂同士という関係になり、テリトリーを異にする。
猫ちゃんと一緒に暮すのはしろちゃんで初めてだが、しろちゃんとその猫父さんとの過酷なテリトリー争いを、私達この目で見ている。
(しろパパさんなんて、実際の闘争まで見てしまったのだ。後述)

しろちゃんは、このお家に於いて、♂人間であるしろパパさんとの同居から逃れられない。
むしろ、猫世界では叶わなかった父親という存在との同居を喜んでいる。
だからこそ、猫の本能を曲げてでも、しろパパさんに愛されないと死活問題なのだと、思っているフシがある。
ママには、わけのわからないニャーニャー泣きでも許されるが、しろパパさんにはちゃんと通じる会話をしないとまずいと思ってるのだ。
しろちゃんらしく、律儀にまじめに控えめに…。

「しろちゃん、いい子?」
「ニャイ」(はい)
「いい子はどの子?」
「ニャニャイ」(僕です)

この奇妙な会話が、きっと今夜も夜更けに始まることだろう。
子供の日のケーキを、食べ終わったその夜更けに…。

IMG_4547_convert_20110505185914.jpg

「なんですって!子供の日のケーキ?
きびなごと焼き鳥の串で、こいのぼり、ママが作ってくれれば良かったんですよ~。
わざわざ神戸屋レストランまで行かなくても…」

それ、Good ideaだこと

参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

まぁかわいいお話だわ☆
しろちゃんはネコの王子様だからやっぱりおしゃべりできるんだ~♪

動画みたい~!
しろちゃんの独特な言葉を聴いてみたい~
撮影して下さいな。
そしてしろパパさん動画のUP許可をお願いします!


rag mamaありがとう♪

rag mamaお久しぶりね♪
お宅のゴージャスな二人の王女様はおしゃべりしませんかあ~?
なんだかね、アンちゃん、メイちゃんの声って想像つくのよね~i-237

動画、リクエスト来たーーー。
本当に不思議で傑作よ~始まると、私は物陰に隠れて、お腹抱えて吹き出してます(笑)
正確に言うと、「ねんねちない?」ですから~i-278プッ
動画のUPしたら、ジムに会員さん来なくなるやも知れぬ(笑)

今日のそちらの記事は相当怖いわね。
rag mama、お勉強しすぎは身体に毒ですよ。
体調に気をつけてねi-260

P.S.ホントはね、アンヨの肉球を見せたかった写真なのよ~i-229
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック