療法食を中断したらメキメキ元気…とは言わないものの絶好調だったしろちゃん。

2017/09/25 Mon

DSC_5907b_convert_20170924162259.jpg

「みなさん、こんにちはなのです。
毎日運動会でとても忙しい僕ですが、秋を楽しんでいるのです。
涼しい風に吹かれていると、お花さんのいい匂いがします。
今日はパソコンの邪魔をしていないのです。
いつも僕にご心配ありがとうございますなのです。」



清々しいは初夏に、涼やかは初秋に。
お彼岸も過ぎて、すっかり秋の気配が定着した。
今ある鎌のような鋭いお月様が丸くなったら、いよいよ中秋の名月。
野原からススキと萩を採ってきて、ささやかなお月見を。



DSC_5986a_convert_20170924164127.jpg

秋の気配

DSC_5897a_convert_20170924164217.jpg

キバナコスモスの蜜を吸うセセリ蝶

DSC_5793a_convert_20170924164155.jpg

白花のアオジソ
みなさんご存知の大葉です。


。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。

先週の台風18号で、被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。
一日も早く、平穏な生活が戻ってきますように。


いつもしろちゃんとしろちゃんママに、暖かいお気持ち、励まし、応援ありがとうございます。
感謝しております。
お蔭様でこの1週間+αも、心臓発作を起こすこともなく、血栓症を起こすこともなく、穏やかに過ごすことができました。
昨日までの三、四日間など、体調④の中に⑤が入るという感じで本当に元気でした。
これを書いている今日現在は、体調③
ちょっと消化不良気味で朝に吐きましたが、心配いらない程度です。
本当にありがたいと思っています。
前回のブログ更新までは体調の悪い日がダラダラと続いていたので、ここ数日の体調の良さにしろちゃんママも少しは心の休まる思いです。
なんと言っても寝る前に、ぐっすり眠って大丈夫と自分に言えることがうれしいです。
いつもは頭の中に、ぐっすり寝ちゃいけない指令が出ている感じですから。
しろちゃんは相変わらず写真は嫌がって撮らせてくれませんが、「お顔お願い!」というと、お顔を向けて静止してくれることもあるようになりました。
モデルさんのつもりなのか?(笑)
朝晩はひんやりするほど気温も下がって、過ごしやすい気候となりました。
身体と心の英気を、養える時にたくさん養って欲しいと思って、しろちゃんにわがままを許し好きなように過ごさせています。

しろちゃんの体調の目安表を常に付けておきます。
①心臓発作が今にも起きそうな危機一髪な状態。
②鬱々として怠そうにグッタリしている時。
またはちょっと動くと心臓バクバクな時。
③病気の猫として普通の時
④元気な時
⑤絶好調に元気な時。


。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。



9月23日の写真

DSC_5905a_convert_20170924163425.jpg

「キャットタワーに登って眺めるお外は最高なのです。
眠るお花達も虫さんも見えるのです。
僕は元気過ぎて、10歳の子らしくないって言われちゃいました。」





最近しろちゃんママはテレビの天気予報を観ることがなくなったので、台風の名前と進路に疎くなりました。
スマホの天気予報でピンポイントに自分のところだけ観るというのも、雨雲の動きなど即座にわかって便利な反面、全体がわからないということに…。
しろちゃんちにも小規模ながら台風はやってきました。
16日、ごく普通の静かな虫の音聴こえる夜だったんです。
いつものようにしろちゃんを背中から抱っこして、親子でくの字に重なって眠っていました。
多分、午前2時辺りだと思います。
「はっ、この音は何?」としろちゃんママが雨風の音で起きると、しろちゃんもすぐに起きベッドを出しました。
顔を見合わせて、そうだ今夜は台風だったんだと。
二人一緒にベランダを観るとそこだけ如何にも台風で、丈の高い植木鉢の植物は倒れ、木の葉が散乱。
今年は台風らしい台風がこの一回しかなかったような気がします。



9月4日の写真

DSC_5692a_convert_20170924162041.jpg

先週先々週は静かに眠っていることが多かったしろちゃん。
ふんわりの掛け布団の間に挟まったようにして眠るのがお気に入り。


DSC_5693b_convert_20170924162054.jpg

ママのフットレストを枕にこんこんと眠るしろちゃん。



しろちゃんのご飯は腎臓療法食です。
(と言ってもオヤツをたくさん食べているので意味がないようなものですが)
※ロイヤルカナン・腎臓サポートスペシャル
※ロイヤルカナン・腎臓ケア・k/d缶

この二つっが建前上のご飯です。
去年3月の血液検査で、お薬の影響により腎臓の数値が少し傾いてきたために、早めに切り替えました。
また、心臓と腎臓の食事ケアは似ているそうで、療法食としては同じなんだそうです。
ロイヤルカナン・腎臓サポートには、ノーマルなものとスペシャルとセレクション三種類がありますが、ノーマルとスペシャルはお味にかなりな違いがありそうです。
ロイヤルカナン・腎臓サポートスペシャルは動物病院用に開発されたもので、入院した子が食べてくれないと何にもならない、病院も立場がないので、嗜好性を高く作ってあるそうな。
しろちゃんも、スペシャルのほうなら食べてくれます。
セレクションは、中がしっとり外はカリカリという形状に変化をつけているだけ。
しろちゃんはすぐに飽きてしまいました。



9月11日の写真

DSC_5781a_convert_20170924162134.jpg

「ママに入れられたら、いっそ出ないことにするのです。」
酸素ハウスには、毎晩30分入っていました。

DSC_5745a_convert_20170924162122.jpg

「出てもいいと言われても、このままでいいような…」
お願い、ママと一緒に寝んねしてよしろちゃん!



ロイヤルカナン・腎臓ケア・k/d缶ですが、こんな画期的な缶詰が出ましたよと病院で紹介されてさっそく買ってみました。
ただし、ひと缶が40グラムと少量なのにお高いのでご馳走に!ということでした。
「ツナ野菜入りシチュー」しか買ったころがありませんが、これは美味しいです。
如何にもシチューで、人間にとっても煮込み風のいい匂いがします。
腎臓用、心臓病の子にぜひお薦めします。
味気ない療法食のみ真面目にコツコツ食べている猫は、食事タイムがお楽しみではなくなり、お腹が空くので致し方なく食べているという子もきっと多いと思います。
一回お試しあれ。
値段には替えられないうれしいお顔が観られると思います。
しかししろちゃんは、これもじきに飽きてしまいました。
ということで、しろちゃんは9月から療法食を一時休止しています。
しろちゃんの今までのパターンから、食べ飽きたものを中断、忘れたころに再開するとまた食べることがわかったので、とりあえずすっぱり休止です。



9月21日の写真

DSC_5882a_convert_20170924162217.jpg

「てへへっ、
ママがさびしがるので、一緒に寝んねしてあげるのです。」


DSC_5889a_convert_20170924162230.jpg

「あくまでも、僕が一緒に寝んねしたいわけではないのです。」



8月に、去年3月まで腎臓療法食になる前に食べていたロイヤルカナン・フィットを療法食に混ぜて出したところ、フィットのほうをむさぼるように食べました。
どう混ぜても、フィットの粒だけ選り好みして食べていました。
混ぜている限り、療法食はまずい、フィットは美味しいという状態が延々と続くことになります。
療法食食べて欲しさに、しばらくは混ぜていましたが、ロイヤルカナン・腎臓サポートスペシャルの味をいっそ忘れてもらって、また物珍しくなった頃に食べてもらおうというしろちゃんママの算段です。
ロイヤルカナン・フィットは、病気になる前のしろちゃんが大好きなフードだったんです。
しろちゃんのお味の好みに合ったのでしょう。
ドーナツ型の形状で真ん中に穴が開いているのが、噛み砕きやすいということもあると思います。
カリカリと噛む音も、他のフードよりかわいいです。



9月21日の写真

DSC_5922a_convert_20170924162401.jpg

「ドーナツフィット、大好きなのです。」

DSC_5931a_convert_20170924162417.jpg

「ごはんをいっぱい食べたら、オヤツもいっぱい食べていいことになっているのです。」




もうひとつ考えたことがありました。
まったくしろちゃんママの独自の考えなので、推奨はできません。
療法食で果たして、しろちゃんの病気からしろちゃんを救えるのか?
腎臓の数値は改善できるかもしれないが、そのことがしろちゃんを救うのか?
そこに行き当たりました。
いやいや食べている療法食、その埋め合わせ、代償に食べているオヤツ代わりのチープな総合栄養食。
この組み合わせ、どこかおかしいでしょ。
オヤツを回避しているつもりで、どこかがおかしい。
しろちゃんママは、純粋なオヤツ(一般栄養食)を食べさせることにどうしても後ろめたい気持ちがあります。
ちゅ~るやモンプチクリスピーキスを、一日の食事量の半分も食べちゃったら、さすがにまずいでしょと思うあまり、総合栄養食で味の濃いものをオヤツとして食べさせていたわけです。
人間の食品と同じで、チープなものは、味が濃く風味が強くできてます。
一日分が一袋ずつ小分けになって袋入りだったりするので、オヤツとしては買いやすいものではありましたが、もともと総合栄養食なんです。
キビナゴやシラスの干したものが入った、着色料保存料たっぷりの!



9月21日の写真

DSC_5941a_convert_20170924162432.jpg

ママのお指からは、オヤツをおいしくする魔法が出ているのです。」

DSC_5918a_convert_20170925134043.jpg

「うそだと思うなら、おうちに来てママからオヤツをもらってくださいなのです。」



しろちゃんの身体を作っているのは総合栄養食なんです!
総合栄養食をおろそかに考えてはだめです。
しっかりとした栄養を摂って、しっかりとした身体を作っておかないと、どんなお薬を飲もうと意味はない!
いざという時の耐久性がなくなる!
そうしろちゃんママは考えます。
このお味、やだやだと致し方なく食べているもの、美味しいと思えないものが、真の栄養になると思えません。
人間も猫も同じだと思うのです。
美味しいとモリモリと食べてもらって、基礎体力をつけないとダメでしょう。
お薬も療法食もそこから先にあるものではないの?としろちゃんママは考えたわけです。
しろちゃんのグッタリに、妙な危機感を覚えました。
この子すべてに疲れてる!と。
健全な子のための健全なご飯で一回身体を立て直させたい。
うまく説明できませんが、とにかく、太るくらいに身体を立て直させたい。
原点に返って、質が良い上にしろちゃんの好みに合う総合栄養食たっぷり食べさせようじゃないの。
そこで、ロイヤルカナン・フィットの復活となったわけです。



9月23日の写真

DSC_5828a_convert_20170924163411.jpg

「眠る前の一日の最後のオヤツももらうのです。」

DSC_5801a_convert_20170924163454.jpg

「このオヤツには、夢を見られる成分が入っているのです。」



心臓病のお薬は中断するわけにはいきません。
「療法食+たくさんのお」薬が、しろちゃんの何かを奪っているような気がしたのです。
どちらにしろお薬を飲むのなら、
「健全な子用の栄養価の高い総合栄養食+お薬」のほうが、マシに思えたのです。
ロイヤルカナン・腎臓サポートスペシャルの味と記憶を一旦リセット。
健全な子用のフィットでしばらくはいこうと思います。
あくまでもしろちゃんママとして、しろちゃんに良かれと思ってすることであり一般的ではありません。
正しいかどうかなんて、わかりません。
いえ、一般には正しくないと思います。
腎臓の数値が悪いほうに傾いていくのかもしれません。
そこは覚悟の上でしていることです。
それでも、体力を失ってグッタリし、お薬だけに頼っているほうが、しろちゃんママにはうんと怖い!
建物で例えるなら、基礎が傷んでいるのに、どれだけ改築してもダメということ。
基礎の身体をしっかり。
そのつもりで試行錯誤しています。
フィットに飽きて、またロイヤルカナン・腎臓サポートスペシャルに興味を示す日が早く来るといいと思っています。
美味しいと思えない食事のストレスが、しろちゃんから、心身ともに何かを奪っていくような気がするだけです。



9月22日の写真

DSC_5932a_convert_20170924162446.jpg

「ママと猫ごっこもするのです。
ママも猫になって一緒にお家の中を歩いて、おもしろいものを見つけるのです。」


DSC_5934a_convert_20170924162457.jpg

床に落ちてるクッキーなんか、見つけちゃうのです。」



先に書いたようにここ数日、本当に元気です。
療法食をやめ、大好きなご飯にした効果だとは言いません。
そんなにすぐに結果の出ることではありません。
・・・。
あっちに歩いてゴロン、こっちに歩いてゴロン。
座っていることもおっくうで、床にゴロンと転がってしまうしろちゃんではありません。
それだけでも、しろちゃんママは良かった~と思えます。
例え、しばらくの間の魔法だとしても、いいんです。
またクルリと変わるとしても、いいんです。
好きなように走ったりできるということは、その分だけ怠さは消えたはず。
そして、恐らく幸せなはず。
しろちゃんママはしろちゃんに、長さを望むのではなく、満ち満ちて日々を過ごすことを望んでいます。



9月22日の写真

DSC_5949a_convert_20170924163346.jpg

「オモチャでは遊ばなくなりましたが、遊ばなくなって気づいたこともあるのです。



薄暗がりから聴こえる。
ポリポリカリカリと、軽妙な音が聴こえる。
その一齧りごとが、君の命の糧。
ポリポリカリカリ、ポリポリカリカリ。
たくさん食べるね~いっぱい食べるね~。
あっ、今度はキャットタワーに駆け上ったね。
寝たふりをして、ママを毎晩騙してもいいよ、しろちゃん。
ママも毎晩寝たふりをして、君の命の音に耳を傾けたいから。



DSC_5938b_convert_20170924162512.jpg

「ママの近い場所にいること。
そばにいること。
じっとママをみていること。
一日中でもみていること。
それって、オモチャよりオヤツより、ずっと幸せな気持ちになれることだったんです。」






人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 4歳、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*



スポンサーサイト
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック