しろちゃん大動脈血栓塞栓症になる、その概要編

2017/04/01 Sat


DSC_4824a_convert_20170401154434.jpg

「みなさん、こんにちはなのです。
今日は雨こんこんで寒いのです。
桜のお花は、寒い寒いってふるえているかもしれません。
僕はお手々がヘンテコになりましたが、治ったのです。
いつも僕に、ご心配ありがとうございますなのです。



今日は冷たい雨の降った東京地方。
三分咲きの桜は、今頃どんな思いをしているのか。
そこを動けないお花は、運命を受け入れて、ただ咲くだけ。
咲くことが使命だから。


DSC_4748a_convert_20170401162145.jpg

ユキヤナギ

DSC_4685a_convert_20170401162215.jpg

野原にいっぱいショカツサイ

DSC_4727a_convert_20170401162159.jpg

シャクナゲ




。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。

いつもしろちゃんとしろちゃんママに、暖かいお気遣い、励まし、応援ありがとうございます。
感謝しております。
お蔭様でしろちゃんは、今日現在は③の体調で、まあまあ元気になる時間もあります。
この一週間、しろちゃんはハプニングの連続でした。
大動脈血栓塞栓症を起こし、心臓発作を起こし、二回目の大動脈血栓塞栓症を起こしという、とんでもない一週間でした。
一回のブログでは書ききれないほど、出来事がありました。
書ける限りで書いて、続きにしたいと思います。
大動脈血栓塞栓症は心臓病には切っても切れない関係のある病気ですが、そうでない、健全な子にも起きうることです。
しろちゃんの経験がお役に立てば幸いと思います。

しろちゃんは今回の二回の大動脈血栓塞栓症で、非常に運よくその先に進むことを免れました。
今現在は歩き、しゃべり、ご飯を食べ、ごくごく普通に過ごしております。
が、これは今のところの話であって、大動脈血栓塞栓症と薄紙一枚で背中合わせになっている状態に変わりありません。

何が起きても運命を嘆くことなく静かに受け止め、自分にできる精一杯の歩みで明日へ向かおうとするしろちゃんを、どうか応援してやってください。
励ましてやってください。

しろちゃんの体調の目安表を常に付けておきます。
①心臓発作が今にも起きそうな危機一髪な状態。
②鬱々として怠そうにグッタリしている時。
またはちょっと動くと心臓バクバクな時。
③病気の猫として普通の時
④元気な時
⑤絶好調に元気な時。


。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。



写真は全部、3月29日

DSC_4819f_convert_20170401154417.jpg

「僕もびっくりしたのです。
痛くてこわくて泣いちゃったのです。
でももう治ったので、ケロッと忘れるのです。」




大動脈血栓塞栓症、簡単に大動脈血栓症は、重篤な心臓病の子にはつきもの。
参照→
「心臓の働きが悪くなる→血流が滞る→血が固まり血栓となる→心臓から出てゆく動脈に詰まる。
血栓が詰まった先の組織が壊死し始める→壊死が急激に全身に回るので、壊死した組織を切り落とすことで一命をとりとめる。」
このリスクがあるにも関わらず、しろちゃんが今日まで一年間、大動脈血栓症を起こさずに来られたのは非常に運がいいことだと、どこの獣医さんにも言われます。
不安でたまらないことではあるけれど、しろちゃんママにとっては、この不安は先送りにするしかありませんでした。
それ以前にしろちゃんには、心臓発作がいつ起きるかという絶えざるリスクがあります。
そのリスクと闘うほうが先で、大動脈血栓症の心配にまで気持ちが回りません。
しろちゃんママは、大動脈血栓症が起きる可能性が高いのならば、予め血栓予防薬を飲んでおいてはどうかと、ご近所獣医さんに提案したことがあります。
起きてもいない大動脈血栓症のために、血液を凝固させないお薬を飲むのは、心臓病に相反すると言われました。



DSC_4813f_convert_20170401154401.jpg

「もう治ったので、オヤツくださいなのです。」

DSC_4869a_convert_20170401161337.jpg

「ほうら、お手々だって、こんなに伸びるのです。」
この右手の手首から先が麻痺しました。
肉球が薄紫色に。
ここまで普通に戻ったんです。
しろちゃんママは、一晩中、モミモミしています。
意識のある限り。



大動脈血栓症は、心臓病以外でも起きえます。
健全な子でも、何等かの要因で血栓ができた場合、起きえます。
人間でいう脳梗塞が、脳ではない場所で起きるようなもので、予測は不可能。
心臓病以外の要因で大動脈血栓症を起こし、壊死が進まないよう断脚し一命を取りとめ、けな気に頑張っている子のブログなども観たことがあります。
ご近所獣医さんには、
「しろちゃんの場合、この断脚という最終手段がありません。
心臓発作を起こす心臓病なので、全身麻酔が不可能だから。」
と言われました。
不可能だったらどうなるの?を、先生も言いません、しろちゃんママも聞きません。
。。。。。



DSC_4828af_convert_20170401163812

「だって、痛いお注射いっぱい、がまんしたのです。
苦いお薬、飲んだのです。
治るに決まっているのです。」


DSC_4618a_convert_20170401161353.jpg

「爪とぎだって、バリバリにできるのです。
でもちょっと、切ったお指が痛いのです。」

麻痺している間は、爪とぎなんて、まったくできません。
病院で、血流を調べるために右のお手々のつま先を切りました。
一滴の血液もでませんでした。
それがここまで回復しました。。。。。



先に、今現在のしろちゃんの状態を。
大動脈血栓症への処置としては、

※27日月曜日、最初に大動脈血栓症が起きた日
ご近所病院で注射3本、「抗生物質」「利尿剤」「ステロイド」
抗血小板剤の飲み薬「ゼンアスピリン81㎎」を二日置きに1錠。

※30日木曜日、二回目の大動脈血栓症が起きた日
別な病院で注射1本 「フラグミン」低分子ヘパリン剤
抗血小板「クロピドグレル」朝晩。

なお、ご近所病院と別な病院で抗血小板剤がダブっているため、別な病院からの抗血小板剤は飲んでいません。

木曜日の晩からみるみる回復し、今日現在は、大動脈血栓症の症状はまったくありません。
このことが、
※血栓が溶け、流れたたことを意味するのか、
※血栓はそこにあるが、流れは詰まってないということなのか、わかりません。
わかりませんが、ここはものすごく重要なところです。
また、血栓は一個とは限りません。
一個のほうがかえって珍しい。



DSC_4815f_convert_20170401154348.jpg

「神様、もうビックリはやめてくださいなのです。」




全般の体調は、朝起きた時点から③です。
食欲もあり排泄も普通にあり、今のしろちゃんなりに穏やかに過ごせています。
よくおしゃべりもしますし、よく眠ります。
走って遊ぶほどの元気はないものの、どこかが苦痛だという風には観えません。
お顔もスッキリとしています。
毎晩、いつもどおりに、しろちゃんママのベッドで抱っこ寝しています。
暖めて、身も心も、こででもかというほど暖めて、しろちゃんが幸せな気持ちで一日一日を過ごしてくれるよう努め、あとは祈るしかありません。
しろちゃんママでさえも。
大動脈血栓栓塞症という苦難にあっても、「えっ何かありましたか?」といいうお顔をして、いつもと同じ日々を送るしろちゃんを、どうか応援してください。
ほめてやってください。

ハプニングが続いたため、うまく記事をまとめられないので、月曜日以降に起きたことを日記風(そもそもブログは日記でしたね)に書いておきます。
書け次第、更新しようと思っています。


DSC_4846f_convert_20170401154455.jpg

「ビックリしましたか?
でも治ったのです。
そのたび治れば、それでいいのです。
明日はお日様が、きっと春の風を吹かせてくれるのです。
僕はどんなことでもがんばるのです。」






人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 4歳、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。



人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック