雪の日も晴れの日も、みんな神様からの贈り物

2016/11/27 Sun

DSC_1416a_convert_20161126155958.jpg

「みなさん、こんにちはなのです。
この前は、雪やこんこんが降って、僕はびっくりしたのです。
クリスマスもまだなのに、雪なんて早いのです。
寒いですが、僕もがんばるので、みなさんも風邪をひかないようにがんばるのです。
いつも僕にご心配、ありがとうございますなのです。」



真っ赤な紅葉、黄金色の黄葉。
晩秋の織りなす自然の饗宴が始まっている。
と思ったら、季節を先取りしすぎた降雪で、凍った一晩となった。
温暖化のせいなんだろうけど、こういうこともある。
地球も生きている。
定規で測ったようにはいかない。


DSC_2056a_convert_20161126161205.jpg

しろちゃんちのご近所の紅葉

DSC_2379a_convert_20161126161223.jpg

しろちゃんちのご近所のイチョウの黄葉

DSC_2001a_convert_20161126161258.jpg

雪の中のコムラサキ



。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .

いつもの更新日の昨日、更新できませんでしたが、しろちゃんのお具合のせいではなく、パソコンのキーボードに乗りたいというしろちゃんのわがままのせいでパソコンが使えなかったのです。
ブログを観にきてくださった方、すみませんでした。


♪コメントのお返事書きました。
観ていただけるとうれしいです。


いつもしろちゃんとしろちゃんママに、暖かいお気持ち、励まし、ありがとうございます。
感謝しております。
お蔭様でしろちゃんは、この1週間も心臓発作を起こすことなく過ごせました。
が、体調がよくありません。
心臓がバクバクするのを動的にお具合が悪いとすると、静的にお具合が悪いという感じです。
人で言えば、ずっと寝込んでいるといったところ。
基本的に寝込んでいるけれども、お腹は空いてご飯は食べる、口寂しくてオヤツも食べる、時にはちょっと走りたい。
そんな感じです。
お風呂の出待ちは、ぱたりと止みました。
運動会も、することはするのですが、楽しくてしているというよりは、猫として走れることを確認したくて走っている風です。
走ったあとには咳き込むことが殆どで、走らなければいいのにと思いますが、そうもいかないらしいです。
今朝も走りました。
しろちゃんのしたいように好きなように。
しろちゃんママにできるのは、そう思ってハラハラしながら見守ることだけです。

お具合の都合で、写真があまり撮れませんでした。
悪しからずです。

。. .。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。. .


11月24日の写真

DSC_1643a_convert_20161126160041.jpg

「雪やこんこん、来たのです。
このくらいなら、怖くないのです。」

2014年のバレンタインデーの大雪の日、しろちゃんはベランダにまで積もった雪が怖くて窓辺に近づくことができなかった。



しろちゃん地域は、寒かったり暖かかったり、そして24日には朝から雪が降りました。
都内の別の地域や横浜は、ほんのり雪化粧ということでしたが、ここはしっかり本格的な雪でした。
11月24日なのに!
東京では観測記録更新の早い積雪だったそうです。
その雪の一昨日から今日まで、ずっと寒いままのしろちゃん地域。
人の歩かない土の上と北側駐車場の車の屋根にまだ雪があります。
東京なのに?とよく言われますが、山あい、高台、森の隣のしろちゃんちは、自然が豊かな分だけ気温がぐっと低いのです。
しろちゃんママは冬は好きですが、それなりに暖房していても、この寒さには参りました。
段々と冬の気温に身体が順応してゆくって、やはり大事なんだなと思った次第。



11月25日の写真

DSC_1720_convert_20161126160059.jpg

しろちゃんの被毛、ますます白く柔らかくなりました。
血流を促すため、毎朝丁寧にブラッシングしているので、トップコートがほとんどないという感じです。
あまりしても禿げてしまいそうで、最近は指ですることが多いです。


DSC_1730a_convert_20161126160112.jpg

光の中で写真を撮ると、真っ白になってどこが顔やら身体やらになるので、暗く調整しています。


しろちゃんの今の不調に、抗生物質が関係あるのかないのか、今のところわかりません。
日曜日にご近所病院にお薬をもらいに行き、先生に言われて抗生物質をピタッとやめました。
そこからずっと不調であることは確かなのですが…。
ご近所病院の先生は、これから寒くなるいっぽう、暖房で乾燥ということもあり、風邪などのウイルス性の細菌に感染した場合を考えて、しろちゃんを抗生物質が効きやすい身体にしておこうということでした。
加湿器は肺にカビの繁殖のリスクがあるので使えません。
「肺水腫の咳に加えて風邪の咳が出たらどうするの。
ウィルス感染で高熱が出たらどうするの。
ちょっとした風邪、しろちゃんの場合それをひきやすい、それが治らない。」
抗生物質を飲んでいたほうが、なんだか体調が良いというしろちゃんママの気持ちは、上の脅し(冗談です)に負けました。
自己免疫力、抵抗力と、帰る道々自分に言い聞かせました。
これをアップしていくしかない。


11月25日の写真

DSC_1791a_convert_20161126160223.jpg

寝る前の1時間、いつもならジャラシで遊んだりするのですが、コテンと眠ってしまいます。



前回の記事で、しろちゃんの腎臓療法食のご飯に、健康だった時に食べていた「ロイヤルカナン・フィット」(一般的な元気な猫のための総合栄養食)を加えて食べさせていると書きました。
「今朝から、腎臓療法食の上にフィットをパラパラパラ。
お昼から、腎臓療法食の三分の一をフィットに。」
これを、とうとう半分の量まで増やしました。
正確には、半々で食べているのではありません。
混ぜても混ぜても、好きなフィットだけ拾って食べるので、おそらく80%がフィットです。
正確なデータではないですが、「ロイヤルカナン・フィット」は、タンパク質、脂質が高くカロリーが高い。
「お外に出るチャンスのある猫に」と、書いてある所以です。
運動量、活動量ともに多い元気な猫向け。
インドアキャット向けフードの反対ってことです。
その分、嗜好性が高いのだと思います。
おいしいと感じる濃い味つけでもあるんだと思います。
匂い、色だけでも、他のロイヤルカナンのフードの中では濃そうな感じ。




VFvgCjWbbrQGQzZ1480219650_1480219766.jpg

昨日の朝6時半のしろちゃん
ママが起きても、なかなか一緒に起きられません。
しろちゃんの下には、電気座布団マット。
電磁波を気にしてましたが、真冬の低体温症には、湯タンポだけでは足りないように感じて。




フィットを食べさせていることを後ろめたく感じながら、しろちゃんが食べたいというので食べさせていましたが、後ろめたさ、多少は減少しました。
今のしろちゃんには、これだと思うのです。
自己免疫力、抵抗力をフードの中で上げていくには、栄養、カロリーともに高めのフードだろうと。
これは、血液検査で腎臓の数値が悪い猫には、まったく正しくありません。
あくまでも、しろちゃんママのやり方、しろちゃんだけに適用のやり方です。
腎臓療法食を、最初のうちは珍しがって食べていましたが、段々と義務感で食べるようになったしろちゃん。
出てくるご飯がこれだから仕方がないのですと、つまらないお顔で食べるしろちゃん。
一日分の半分も食べてくれれば御の字でした。
体重はそれでも3.9キロ~4キロとキープ。
その体重キープの源は、ふんだんにもらえるオヤツかもしれないのですから。
腎臓療法食でないにしろ、オヤツよりは総合栄養食であるに越したことはありません。
抱っこすると、ずっしりとしてきたのは気のせい?
このずっしり感をうれしく感じます。


11月26日の写真

DSC_1805a_convert_20161126161010.jpg

「お日様が来ると、やっぱりうれしくなるのです。
寝ている場合じゃないのです。」



このところの体調不良を、なんと表現したらいいのか難しいです。
心臓がバクバクでもなく、呼吸が苦しいのでもありません。
咳の発作がたびたびあること。
グッタリしていること。
一日中、よく眠ること。
ボーっとしている時間が多いこと。
こんな感じです。
実に静かでちょっと不気味。
ボーっとしているについて、脳関係なのかなと思うこともあります。
しろちゃんは普段は、よくなくのではなく、よくしゃべる猫です。
聞かれれば必ずお返事、聞かれなくても自分から話しかけるという猫です。
如何にも、人と密接に暮らしてきた猫っぽい。
しろちゃんママの友達が遊びにきても、こんな感じ。
「ねえねえおばちゃん、あのね、僕ね、昨日ね…」


11月25日の写真

DSC_1758_convert_20161126160129.jpg

「しろちゃ~ん」
「…」

DSC_1763a_convert_20161126160145.jpg

「しろちゃん、こっち向いて~」
「…」

DSC_1773a_convert_20161126160203.jpg

「お話、忘れたの?」
「寝たふり寝たふりzzzzz」


そのおしゃべりが、ボーっとしている時にはとんとなくなるのです。
特に夜、9時を過ぎるあたりから、ヌイグルミの猫のようになり、コミュニケーションする能力が低下します。
じっと動かないので、寝ているのかと思いきや、ちゃんとお目々は開いている。
一人、物思いにふけっている風です。
あまりにもしろちゃんと密接に暮らしてきたしろちゃんママには、しろちゃんが急に大人びてしまったように見えるのです。
自分だけの世界に、閉じこもってしまったようにも見えるのです。
遊ぼうといっても、遊んでもらえません。
「あ・と・で・」と、笑顔ひとつなく断られてしまうのです。
何かを、賢明に耐えているように見えます。
そのクールさが、しろちゃんママには実に切ない。
「あのね、僕ね」と、言ってくれてもいいじゃない!
一人で耐えたりしないでよ~。。。


11月26日の写真

DSC_1927a_convert_20161126194842.jpg

「え~と今日は、何月何日でしたっけ?
何して遊ぶ予定でしたっけ?」


DSC_1949a_convert_20161126194902.jpg

「ママ、僕は認知症じゃありませんから!」
プリプリッ」




ご近所獣医さんは、猫はミステリアスだからね~脳とか心の問題はわからないことが多いと。
日曜日に行った際、寒くなりましたね~という話から、とうとうもう冬だと、ご近所先生と感慨ひとしお。
しろちゃんの最初の心臓発作は1月の23日で、大発作となる二度目の心臓発作が2月5日です。
寒い厳しい時期でした。
今だから言うけど、と言いながら、実はご近所先生は何回も同じことを言っています。
2月5日、もうダメだとあの日思った。
こんなひどい発作を起こしたんじゃ、もう助からない。
獣医としてそう思ったと。
ところがどうでしょう。
春も夏も秋も乗り越えた。
「この子の生命力、この子のがんばり、それしかないんです。
何がどうしたじゃないのよ。
生きていたいのよ。
もっとお母さんのそばで暮らしたいのよ。」


11月26日の写真

DSC_1892a_convert_20161126194825.jpg

「もっとママのそばで暮らしたいのです。」

DSC_1873a_convert_20161126194742.jpg

「だからそのために、パソコンの上に飛び乗らせてくださいなのです。」
パソコンテーブルの右斜め方向からジャンプを狙うしろちゃん。


今朝も小運動会をしました。
しろちゃんは、ちょっと不調でも、走るくらいどうってことないそうです。
ご飯食べて寝んねしていれば、また元気もよみがえる。
シンプルな自分の法則に従ってコツコツがんばるしろちゃん。
獣医さんやしろちゃんママの思惑をはるかに超えたところで、君は今日も生きている。
命は、持って生まれてきた分だけ。
欲張りもせず、かといって一秒たりとも無駄にせず、今日も悠々と生きている。


DSC_2019a_convert_20161126160808.jpg

「雪やこんこん、きれいなのです。
お日様、あったかいのです。
みんな神様からの贈り物なのです。
僕は幸せなのです。」







人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック