大雪が怖くて見られない白猫と、猫の視力のお話

2015/01/31 Sat

IMG_1798_convert_20150131153138.jpg

「みなさん、こんにちはなのです。
みなさんのお家に雪は降りましたか?
怖くなかったですか?
えっ、怖くなかったですって?
僕だって、ちっとも怖くなんかなかったのです。」



昨日は朝から午後まで本格的な雪が降り続いた。
しろちゃん地方は都心ではないので、それなりに結構な量が降って積もった。
雪が降ると、景色がヨーロッパ風になる街並みと和風になる街並みがある。
背の高い木々がありマンションの多い場所がヨーロッパ風になり、低木の多い、戸建住宅の多い場所が和風になるような気がする。
東京や横浜に限ってのことだけど、年に数回の雪は、普段は観ることのないその街のもうひとつの顔を見せてくれる。
普段は聴くことのできないその街の、かすかな囁きも聞こえてくる。
そして雪が降り出す前の街にはシーンという音がする。


IMG_1806_convert_20150131153204.jpg

「僕は雪やこんこんなんて怖くはないのです。
寒いからブランケットにもぐっていただけなのです。」



雪の降っている間、しろちゃんは窓の外を見ようとしなかった。
いつも楽しみに観る窓の外の景色なのに?
しろちゃんは、去年の大雪がとても怖かったらしいのだ。
去年の2週連続の大雪で、しろちゃんにとっての大雪は白い悪魔になってしまったのか。
どうして去年の雪が怖かったのか、こちらの記事⇒
床にたまたま置いたブランケットの三枚重ねの中に潜って出てこなかった。
一緒に暮らして6回目の冬だけど、去年の大雪までは、雪を怖がることなんてなかったのに。
積もった雪を見るのは平気、小雪の舞い散るのもうれしそうに見ている。
だけど、大粒の雪が横殴りに降っている間だけがとても怖いらしい。


IMG_1800_convert_20150131153150.jpg

「だから、僕は雪だるまさんなんか、怖くないのです。
ママ、カーテンを閉めてくださいなのです。
ワナワナガタガタブルブル」



雪が降る前の25日のこと。
おそらく4年は使っているピラミッド型の猫ハウスで、しろちゃんが遊んでいた。
中に入ったり押し倒してみたり。
見向きもしない日々もあれば、そこに猫ハウスがあったことを忘れていたと言わんばかりに、急にはしゃいで遊び出す。
熱中し過ぎもせず飽きもせず、自分の世界の中にそれがあることがごく自然で、無いととても困るもの。
いいオモチャ、いい道具とはこういうものかなと思う。
物はなんでも長持ちなしろちゃんには、おそらく終生使う猫ハウスとなること間違いなしだと思う。


IMG_1752_convert_20150131144655.jpg

「これが僕の、とっても大事に使っているピラミッド猫ハウスの底なんです。」


そこからピョンといきなり飛び出して、しろちゃんが急いで観たかったものはアニマルプラネットの動物番組。
寝支度をする間にアニマルプラネットでも観ていてねと、チャンネルを変えた途端に飛びついた。
もちろんアニマルプラネットでも、動物及び生き物が元気に活動する番組ばかりじゃない。
微生物の時もあるしアマゾンのピラニア釣りの場合もある。
すべてにしろちゃんが興味を持つわけではないけれど、90%は興味しんしんで観る。
アニマルプラネットには、本当に助かる。
しろちゃんに静かにしてほしい時、我が家ではアニマルプラネットだのみである。
毎日観られるわけではないスペシャル版として、NHK BS プレミアム
岩合光昭の世界ネコ歩き

しろちゃんをじっと静かにさせておくのに、今のところ最強である。


IMG_1764_convert_20150131144740.jpg

1422683457234snY95InOkV4x1422683456.gif
gifアニメ

「えっ、ヨーロッパスズガエルですって?
お顔が鈴だからですか?」



今回は急だったので、ソファの上のテレビ観賞の定位置のカゴに入ることが間に合わなかったらしく、ん?という感じで振り向いて、おもむろにその場で観始めた。
猫の視力からしたら、本当はテレビの前より2メートル程度離れたほうがよく見えるはずなんだそう。
猫は人間に比べたら近視であるが、焦点を合わせることが苦手な構造なのだそうで、目の前に焦点が合わないと何かで読んだ。
間近にあるママのお顔は見えてない?
だから、お顔を両手で包んで愛を伝えたときに、大きなクリクリした瞳を見開いてなるのかもしれない。
うれしくてウルウルと見ているわけではないのだ。
なんだかママのお顔がよく見えないので、お目々を精一杯開けていますという、悲しい現実かもしれない。


IMG_1776_convert_20150131144759.jpg

IMG_1775_convert_20150131144842.jpg

「大きな鳥さん、お水の中のアンヨは冷たいでしょうね。」


猫の視力に関しては、調べてみたい対象のひとつだ。
ちなみに、蛍光灯は明かりとして見えていないらしい。
電球やろうそくの火はそのまま明かりとして見えているけれど、蛍光灯はその原理からして、フラッシュする光の点滅に見えているそうな。
猫の身になったら、蛍光灯のしたで生活することは、とても気ぜわしいこと言わざるを得ない。
猫が、もっともよく夜の時間を過ごす部屋は、蛍光灯じゃないほうがいいかもしれない。
シーリング型の照明に慣れているお宅ならば、LED電球を使った「LEDシーリングライト」にすればいいはず。
フラッシュが連続して集積し光になる、ごく普通の仕組みの蛍光灯をリビングにお使いのお宅は、猫ちゃんが落ち着かないのはそのせいかも~。
まだしっかり調べたわけではないので、断言はできないけれど。

言葉の補足

照明の種類
電球=いわゆる昔ながらのフィラメントでつくもの。
蛍光灯=蛍光物質の移動で発光するもの。
LED=ノーベル賞を受賞した、あの電球。
照明の形
シーリング=天井に取り付ける照明全般
      円形だったり長方形だったりする。
フロアランプ=おなじみ内部に電球を使ったもの。



IMG_1786_convert_20150131144856.jpg

「僕のお目々が悪いだなんて、そんなことはないのです。
蛍光灯はちゃんと見えているのです。
チカチカ光っているのです。」



我が家の夜のリビングは通常はフロアランプと読書ランプだけである。
この写真を撮っている間は、我が家も天井のシーリングライトをつけている。
LED電球のシーリングライトなので、だからしろちゃんは落ち着いていられるのか?
しろちゃんの視力のためにLEDに変えたわけではないけれど、以前に蛍光灯だけだった時と比べ、しろちゃんは落ち着いて静かに過ごす時間が多くなったような気がする。
我が家がフロアランプと読書ランプにしているわけは、部屋全体を明るくせず、数か所のポイントだけにある照明、床からの照明のほうが人にはヒーリング効果があるからである。
照明は複数あるのが理想だそうで、夜が更けるに従って照明の数を減らしてゆくと、人の身体は自然に休息の時間へと向かうようにできているそうである。


IMG_1722_convert_20150131144637.jpg

「僕はあかりのおかげで落ち着いているのじゃないのです。
そういう性格なのです。」



ということは、猫にもヒーリング効果あり?
いやいや、猫は暗闇で狩りをする動物だもの、照明の照度に左右されることはないだろう。
猫にヒーリング効果なし?
いやいや、室内で暮らす猫は、大好きな人に寄り添ってい生きている。
人が休息に向かうのならば、猫も休息に向かうはず。
今日一日がうれしい日だったのか悲しい日だったのか。
そんな根本的なことも、室内暮らしの猫は人に左右されざるを得ない。
なんでもかんでも猫のために、猫最優先で…とはさすがに私も思わない。
どちらかというと人優先になりがちな我が家かもしれない。
たったひとつ、しろちゃんのためにと思って優先させていることがあるとしたら、自分の幸不幸である。
ママも一緒に幸福でなければ、しろちゃんは決して幸福じゃないと思っている。


14226833823mSpOnmTK3Nlgii1422683381.gif
gifアニメ

「ママが幸せならばだから僕も幸せで、僕が幸せならばママもだから幸せで、だからママが幸せならば僕も…スーリスーリ」



参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (10)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*



参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (10)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック