夜明けの大爆走と失敗ジャンプの痛い教訓

2014/11/29 Sat

IMG_1075_convert_20141129141224 k


「みなさん、そちらでは雨こんこんはもうやみましたか?
お日様がいないと、つまらないのです。
ひなたぼっこできないと、寒いのです。
雨の日の猫は眠いのです。」



朝には、風に七色の枯葉が舞い、お昼前には、雨のような音をたてて散っていた。

と思ったら、本降りの雨が来た。
晩秋に降る雨は冬を連れて来る。
来週の火曜日から、極端に寒いそうだ。

DSC_0574_convert_20141129141138.jpg

一昨日のお散歩で撮った写真。
小学生のお絵かきじゃあるまいしな色合いに、ちょっと興ざめだ。
晩秋の本当の美しさは、青空じゃなく小雨まじりが似合うと思う。


今朝、明るくなった頃、しろちゃんは大爆走していた。
家の中に仔馬が走り回るような足音で目が覚めた。
いったいなにごと?
しろちゃんに気付かれないよう、そっと観察してみた。
リビングの端っこのキャットタワーから、寝室の端っこのタンスまで、猛烈な勢いで行ったり来たりする。
(間の仕切りは常時開けてあります)
キャットタワーの4段目に飛び乗り雄叫びをあげて、飛び降り疾走。
タンスの引き出しに飛び上り、また雄叫びをあげて飛び降り疾走。
7歳になって、キャットタワーの4段目には、一気に飛び乗れなくなったと思っていた。
なんだ、必要に迫られれば飛び乗れるじゃないの。
必要に迫られる?
しろちゃんの頭の中では、お家の中に猛獣でも住んでいるのか?
朝がただけ出てくる、ママには見えないタテガミのある猛獣か?


IMG_1085_convert_20141129141243 k

「ママが眠っているときに限って、猛獣が出てくるのです。
逃げないとやられるのです。」



タンスの引き出しの真ん中の段を、就寝中だけ毎夜開けておく。
7歳の声を聞いてしろちゃんは、タンスの上に一気に乗ることに失敗するようになり、ある日不自然な姿勢で落下するのを目撃したからだ。
タンスの上には、雑誌のねこのきもちが3冊重ねてあった。
その上に目覚まし時計が乗っていた。
しろちゃんは、飛び乗れるつもりで一気に飛んだが、爪の先が雑誌の端に引っかかっただけだった。
ねこのきもちを胸にしっかりと抱え、目覚まし時計もろとも、伸びた姿勢のままでしろちゃんが、スローモーションのように落ちてゆく。
ふたが開いて電池が出た目覚まし時計が転がる横に、茫然と私を見上げるしろちゃんがしゃがんでいた。
「叱りませんよ、ママは、叱りませんとも。」
傷ついたしろちゃんの心に、優しい言葉は余計に悲しかったようで、ベッドの下に潜ってしまった。
しろちゃんも、難しいお年頃にさしかかった。


IMG_1087_convert_20141129141259 k

「むずかしいおとしごろってなんですか?
僕はまだ7歳で、来年には8歳なのです。
いっぱいご飯を食べて、もっと大きくなろうと思っているのです。
ポリポリッ」



というわけで、タンスの引き出しは就寝時にだけ開けはなしてある。
しろちゃんには、ママが閉め忘れた!ということにしておいてください。
真夜中の大運動会で、終着点のタンスは重要なアイテムなのである。
事故があっては困るのだ。
閉め忘れた引き出しをジャンプ台に使ってくれたまえ。
相変わらず、雑誌と時計だけは端っこに置いてある。
ノリノリの気分で一気に飛び乗るとどうなるか、少しはしろちゃんも察したほうがいい。
この先、若返ることは決してないのだから。


IMG_1097_convert_20141129141313 k

「失敗ジャンプはただの失敗なのです。」


しろちゃんのアンヨのために、フローリング部分も畳の部分も対策を施してある。
(防音のためもある)
フローリング部分のすべてに、ジョイントマットを敷き詰めその上に静音カーペットを敷き詰めた。
キッチン部分もしかり。
年中仕様のカーペットなので、真冬だけはその上にさらにラグを重ねる。



IMG_1080+k_convert_20141129152445.jpg

「そこまでする必要はないのです。」


ここまでする必要がある?
1年半以上もお外で生活していたしろちゃんは、お家の子になって、猫の誰とも直接会えないことになってしまった。
他の猫と遊ぶことがない。
=自分の経年変化を自覚できるチャンスが少ない。
と、私は思っているので、アンヨや背骨の怪我が心配なのである。
タンスの上から落下したとき、背骨を痛めたかとゾッとした。
私には、背中から転がったように見えたのだ。


IMG_1101_convert_20141129141208.jpg

↑↑↑ 静音カーペットonジョイントマット
本来の使い方では、ジョイントマットのみでショック吸収効果がある。


猫だもの、高い場所からジャンプするのは得意技なはず。
落下途中で身をくねらせて着地姿勢を正し、ショック吸収のために手足を体内に収納できる。
それは重々わかっていても心配なのである。
経年変化対策を施すに越したことはない。
この先、決して若返ることのない猫と、同じく決して若返ることのない人間の、かくも切ない工夫の数々。
時は常に、悠々として過ぎて欲しいものである。
しろちゃんとママに等しくひとしく…。


IMG_1098_convert_20141129141332 k

「ママが若返ることがないのは悲しい現実ですけど、僕は若返ったらむしろ困るのです。
子猫になるしかないのですから。
7歳の今のほうが、だんぜん楽しいのです。」




参加しています。

banner (12)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。

banner (12)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック