たまにはライオンになりたい優しい白猫

2013/11/30 Sat

IMG_5300_convert_20131130162622.jpg

「みなさん、今日もピカピカのお日様でしたね。」
楽しい一日を過ごしましたか?
そうでもなかった…ですか?
オレンジ色の夕日さんが、丘の向こうに沈んでいきます。
もうじきお星様がキラキラしますよ。
明日はきっと、良い日が来るのです



今日は、贅沢なくらいに一点曇りなき青空だった。
遠くの山稜の黒いシルエットが、濃い青を切り裂いてするどい。
空気はだいぶ乾燥しているものとみえる。
吹く風に、どことなく冬の匂いがする。


IMG_5934_convert_20131130162727.jpg

「お日様はあったかいのです。
お目目をつぶると、お目目の中が赤くなるのです。
ふふふ~んって、とても幸せな気持ちになります。
今日が楽しくなかった人は、明日是非やってみてください」



23日の続きの記事。
しろちゃんは、布一枚に隠れると人が変わるならぬ猫が変わる。
猫が変わるとは、しろちゃんならではのことかなと思う。
猫ちゃんに共通のことか、知りたい。
そう、しろちゃんは、しばし変身するのである。
しろちゃんは、カーテンやソファカバーなど、大きな布の中に身体が隠れると、野獣になるのだ。
たった布一枚なのに、えらく威勢がよくなる。
自分の身体が隠れている=相手に見えないと思い込んでいるのか。
見えないところでなら、大人しく律儀で優しいしろちゃんという自分をかなぐり捨てて、本来なりたかった物になれるらしい。
しろちゃんは、暴れん坊で凶暴な、小さな白いライオンと化す。
ビニール袋被り遊びを連日してみて、しろちゃんは、ほぼ透明なビニール袋でも野獣となれることがわかった。
外からは丸見えなのに…。
想像力を駆使して遊ぶ子は、そのように考えないものらしい。


IMG_5212_convert_20131130163010.jpg

「はい、小さな白いライオンなのです。
でも、優しいライオンなのです。
野獣だなんて、とんでもないです。」



我が家では、布の下の小さな白いライオンを、「追いはぎ」と呼んでいる。
我が家に来訪の際は、しろちゃんがソファカバーの裾に隠れているそばを通過するときは要注意なのだ。
白いお手手が伸びてきて、あなたの靴下を奪おうとする。
あなたが靴下を脱がないと、足ごと奪おうとする。
布の下に猫ちゃんの形があっても、無防備にご機嫌を取ってはならない。
下手に手を出すと軽い引っ掻き傷くらいは負う。
しかし、追いはぎが密かにスタンバイして待っているのに、誰も通らないのもまことに気の毒だ。
…わかっていながら追いはぎに遭うママなのである。


IMG_5930_convert_20131130162815.jpg

「僕のアレルギーのかゆいお目目も、お日様が治してくれそうなのです。
お日様は、色んな病気を治すと僕は思っています。
おととい、クシャミが13発も出ましたが、風邪なんかひかないのです。
お目目がスッキリしないところは、見なかったことにしてください。
はれてるのは、お寝んねの前に泣いたから…じゃありませんってば!!!
僕はお寝んねの前に泣いたりしないのです。」



追いはぎから逃れる方法はただひとつ。
隠れている布をまくってしまうこと。
不意をつかれ、真の姿をあらわにされたにわか追いはぎは、あたふたとうろたえて下を向く。
小さく小さく縮こまる。
トラの威を借る狐ならぬ、大きな隠れ蓑の威を借りてライオンになったつもりの意気地の無い白いお坊ちゃまは、布の下で行った行為をひたすら隠蔽する。
「僕は小さな優しい白い猫なので、そんなことをするわけもありません。
お手手をひっかいたのは、いったい誰でしょうね?」

と、とぼけている。
「かわいそうに、どこをひっかかれましたか?」
と、優しい白い猫は、お顔を近づけて匂いを嗅ぎ、舐めまくる。


IMG_5931_convert_20131130162753.jpg

「おとなしいねって言われる僕だって、ライオンになりたいようなときもあるのです。
ガオーって、かじりたいときもあるのです。
今度、ライオンのタテガミの形の首輪を買ってもらいたいと思います。
ライオンのお面も、買ってもらいたいものです。
あっ、この首輪はロケットの柄なのです。
カッコイイのです。」



しろちゃんの名誉のために言っておくが、必ずしも毎日追いはぎなわけではない。
同じくソファカバーが床に接する裾の部分に隠れているとしても、本当に意気消沈して隠れているときもある。
寒くて隠れているときもある。
来客が怖くて隠れているときもある。
助けが欲しくて泣いているときもある。
小さな白いライオンになるきっかけは何なのか。
モチベーションは何なのか。
はなはだわからないところが、大好きだ、しろちゃん。
今夜もリビングの角には追いはぎが出て、まんまとやられたママはギャーと叫び、痛い痛いと空騒ぎすれば、小さな優しい白猫がどこからかやってきてそっと寄り添ってくれるだろう。
「どうしましたか?ママ。
追いはぎが出たですって?
悪い猫ですね~。
どこの猫でしょうね?」


………追いはぎが猫だなんて一言も言ってませんが、しろちゃん。


IMG_5933_convert_20131130162845.jpg

「ふふふ~ん、お日様が優しいので、本当に眠たくなってきました。
僕は、夜にはここから、キラキラのお星様をみるのです。
お昼にはピカピカのお日様、夜にはキラキラのお星様。
アイソン彗星が太陽で溶けちゃいましたね。
僕はちっともショックじゃないのです。
有名じゃないけど、とてもいいお星様が、夜空にはいっぱいあるのです



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村



□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*



∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています



↑ 愛情豊かなビクママ家ですくすく元気に暮らしています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない仲良し兄弟猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック