ややこしい日本語、恥ずかしい日本語、汗をかく猫

2013/07/25 Thu

IMG_4586_convert_20130725182753.jpg

「みなさん、ムシムシする夕方ですがお元気ですか?
雨こんこんが、きそうでこないおかしなお天気なのです。
いっそ、ザーッと降って、八木沢ダムにお水がおっぱい貯まればいいと思います。
東京都在住の猫の僕ととては

しろちゃんは知ってるの、八木沢ダムを?


一昨日は、新橋で土砂降りが降っているのに、渋谷はまったく小雨も降っていないという、局地的雷雨が東京を見舞った。
ここ数年のお天気は、かなりな局地ぶりになったものだと思う。
こうなってくると、ピンポイント天気予報の重要度が増す。
町の丁目単位でお天気を予報なんて、かつて嘘でしょうと思ったことが、いまや現実になっている。
我が家の上空のお天気予報は、有料で買えるそうだ。
今日も、しろちゃんちの上空は、今にも降りそうな怪しい雲行きがずっと続いている。
手を握ると、水分がつかめるくらいに湿度が高い。


IMG_4508_convert_20130725182648.jpg

「ママのパソコン、パチパチピカピカを見ていたら、眠くなったのです。
このかごの中でのお昼寝は、猫のお人形さんと一緒に眠っています。
ベッドではママと一緒に眠るのです。
お人形さんとママは決して一緒に眠らないのです。
どうしてなのでしょう



机の上の四角い籠に丸く収まり眠るしろちゃんの、わきの下に手を差し入れてみる。
しろちゃんの体感次第で、ドライか冷房かを決める。
猫ちゃんは肉球以外に汗腺がない。
だから、体臭も獣臭い匂いもないそうである。
が、しろちゃんのわきの下に差し入れた手は、出した瞬間モワッとする。
単に、体温が高いだけでなく、湿気を感じる。
なんだかうれしくなる。
しろちゃんも、ママと同じに汗をかいているのでは?
絶対そうでしょ?
そうに決まってる。


IMG_4565_convert_20130725182840.jpg

「新しい首輪、買ってもらいました。
夏バージョン2013なのです。



前回に書き出して脱線の憂き目をみた腹立たしい敬語の話だが、腹立たしい敬語全般のことを書くと、膨大になってしまい、長々しいオバサンのお説教になるので、端的に書いていこうと思う。
ちょっとずつミチミチと、オバサンが嫌味を書こうというわけだ。
「腹立たしい敬語だ。」なんて言えるのは、自分の年の功名この上ない。
自分だって、腹立たしい敬語をたくさん使ってきたことだろうし、今現在も目上の方に、知らず知らずに使ってしまっていることだろう。
そのことを念頭に於いて書こうと思う。


バイト敬語というものがあるそうだ。
「ですます」さえつければ、何でも敬語になると勘違いしたバイトの先輩が、後輩に脈々と受け継いでしまったものだそう。
いまや、接客系バイトの必須アイテムとなっているあの言葉達は、ファミレス、コンビニで顕著なことなので、ファミコン敬語とも言われるそうだ。
あなたもきっと、聞いたことがあるだろう。
「お釣りのほう、こちらになります。」
私のお腹の中「はっ?お釣りのほうって、どっちのほう?
東西南北の方向で言ってくれないかしら?
なりますって何に成るの?
このお釣りが、何かに成るの?」
本当はその場で問い正したいのだが、しろちゃんのママとして、はしたない行為はしたくない。


IMG_4566_convert_20130725182856.jpg

「お首をのばして、よく見えるようにしてみました。
『白いリボンに、ネイビーブルーのヨットがサテンステッチで刺繍なの、いいでしょう?』とママは自慢しますが、
どんなに言われても、つけている僕には見えないのです。
ママが自分でつけたらいいと思います



大名言葉というものもあるそうな。
目上から目下に向かって使う場合にのみ許される言葉を、またしても、誉め言葉なら敬語になるかと勘違いして、目下が目上に使うあの言葉だ。
あなたもきっと、聞いたことがあるだろう。
会社で多分、連発されているのではないかと思われる。
新入社員に、「御苦労様。」と言われたら、ムッとしていいのである。
御苦労様とは、お上が目下をねぎらう言葉。
「御」と「様」は、苦労という言葉に付いているのであって、御と様を付けるほどの大変な苦労であったという意味だ。
言葉をかける相手に付いているわけではない。
正しくは、敬語で言うとするならば「お疲れ様でございました。」であろう。

バイト敬語、大名言葉に関して憤るのは、あまりに多いので、後に回すとして…。
一番目立つと感じ、一番気に掛かる間違い敬語に、今日は憤ってみたい。


IMG_4583_convert_20130725182815.jpg

「ママったら、怒ってはいけません。
その人は知らなかっただけのことでしょう。
もしや外国人の人だったかもしれないじゃないですか



「○○さんは、おられますか?」
電話や来訪で、この言葉を聞いたら、「はっ?」と聞きなおそう。
相手が目下でも目上でも関係ない。
「はっ?」と、驚いてみせよう。
「耳が悪いのではないが、意味がわからない。」と伝えよう。
日本語としてまったく成り立っていないので、それで結構。
ケンカを覚悟で、「日本語で言っていただけないでしょうか?」と、言ってみてもいい。
気弱な私にはできないことだけど。

敬語には、おおまかに言って尊敬語、謙譲語、丁寧語がある。
尊敬語はまさに、相手に敬意を表して使う言葉。
謙譲語は、相手に敬意を表して、自分をへりくだって言う言葉。
丁寧語は、どちらにも共通だが、「です、ます、ございます。」を使って、丁寧に言う言葉。
尊敬語と謙譲語は、敬語のランク1番2番ではなく、立ち位置の違いだ。
立ち位置の違いだから、間違うと恥ずかしいことになる。
むしろ敬語を使わなきゃ良かったというくらいだ。
相手を上にたてて敬うか、自分を下にしてへりくだるか、どちらも敬意を表するには違いないのだが。


IMG_4561_convert_20130725191452.jpg

「みっつも言葉の種類があるなんて、人間の言葉はややこしいのです。
しっかりていねいにお話しする。
それだけでいいのではないですか?



「○○さんは、おられますか?」
おそらく正しくは、
「○○さんは、いらっしゃいますか?」だ。
「自分○○は、ここにおります。」だ。

「○○さんがおられる。」という敬語の使い方は、間違いだ。
「おる」とは、自分が「居る」ことの謙譲語である。
敬語のつもりなのに、相手をへりくだらせて、どうするのだ?
この間違い、世間に実に多い。
それも、いい年の大人までもが平気で使っていたりする。
いい年のオバサンは、嘆かわしく思っているのだ。
いい年をした大人が使っている場合、余計に憤ってみようじゃないの。
「その仰りかたは、お間違いでございます。」
と、丁寧に言ってさしあげよう。

注)
「居る」を「おる」と発音する地域の場合は、まったく適用外。
「自分がここに居る」ことを、「自分がここにおる」とは言わない地域に限っての、間違い敬語のお話。
方言を含め、地域地域で違った言い回しがあることも、言語の宝だ。
悲しいかな、私は地域地域の違いに詳しくない。
自分がここに居る→おると言う地域の方に、敬語にした場合の具体的使用例を是非教えていただきたい。



IMG_4575_convert_20130725182914.jpg

「そうそう、そうなんです。
色んなところに住んでいるお友達猫ちゃんちの、色んな言葉を僕も聞きたいのです。
ぜひぜひ、僕にも教えてください



相手が目上、ないしは目上か目下か判断つきかねる初対面などの場合、先方がお客様の場合などなど、日本人は敬語という美しい言葉をつかって敬意と礼を表す。
お互いのスタンスがわからなかったら、とりあえず敬語で礼を尽くしておくのが日本人の心得だと、現代国語で教わった。
しかし、教わったからそうしているのではない。
昨日学校を出たわけではなくて、○十年も日本の社会を生きている。
教わったから、そうしているわけではない。


IMG_4595_convert_20130725191735.jpg

「なんだか僕には、むずかしくてよくわかりません。
ママは○十年生きてきたのですね。
ご苦労様

ご苦労様?
だからそれ、違うって!


いつもコメントくださるにゃごさんが、17歳の白猫プチ子ちゃんと一緒に雑誌「ねこのきもち」に載ってます。
7月号57ページ下段、「ストレッチに参加するブーム」
8月号69ページ、人と兄弟編。「愛猫も同じタイミングでトイレへ行きます。」
プチ子ちゃんは、にゃごさんがトイレに行くのを見届けて、自分のトイレに入るそうです。
兄弟のように慕っている証だそう。
17歳のプチ子ちゃんのかわいいお顔も出てますよ~見てね。



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています



↑ ビクママ家ですくすく元気に育っています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない仲良し兄弟猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック