しろちゃんのハゲの原因と対処と、魔法の絨毯のお話

2013/04/07 Sun

IMG_3111_convert_20130209154651.jpg

「またまたご無沙汰しちゃいました。
僕のせいじゃないですよ。
ママのせい、大人の都合で僕は皆さんに会えなかったんです。
木々の緑の新芽がかわいいですね。
並木のけやきの木のカラスさんの巣も、すっかり見事に出来上がりましたよ。
刻々と季節は進むのに、ママはボンヤリしてちゃダメなのです


4月6日の記事

一昨日の風で、桜は葉桜。
今日も台風並みの嵐だそうだが…。
散った桜の枝の上の、小さな緑色の葉。
次の日には終わる満開の桜より、葉桜のほうを美しいと感じる。
これから始まるウキウキした小さな躍動感が、葉の緑色にはある。
小さいけれども、確実に未来に向かう躍動感がある。


しろちゃんのハゲでは、ご心配をかけました。


IMG_3577_copy_convert_20130406064753.jpg

↑なんとなく、ずっとこんな感じ。


3月28日に、半年に1回の血液検査も兼ねて、かかりつけの病院に行った。

ストレス性円形脱毛症は却下
②良性腫瘍
③扁平上皮癌
このどちらもの疑いは晴れないままではあるが、悪化はしていないそうだ。
人間の持つある菌が、ストレスで免疫力の落ちた子の皮膚に付着し繁殖増殖。
発疹あり。
結果脱毛を引き起こしているという段階である。
それがどう変化するか?
最悪な場合には癌化するというところである。
最終的には免疫力の問題だ。
しろちゃんは掻かない。
掻くと痛いと学んだからだと先生はおっしゃる。
悲しい学びだ。


IMG_3504_convert_20130406064520.jpg

「ママのアンヨとおしくらまんじゅうなのです。
僕はお手手なので、若干体勢が不利なのです。
ずるいですよ、ママ


約2ヶ月以上も同じ状態を繰り返しているということは、良くもなければ悪くもないという微妙な状態。
いち早く癌化かどうかの真相を知りたいものであるが、そのためには、
※麻酔をかけて、皮膚を2ミリ程度、円筒状にくり抜く。
※細胞検査に出す。
※くり抜いた箇所を縫う→数日後に抜糸する。
という手順を踏まねばならない。


IMG_3498_convert_20130406064316.jpg

「くり抜くって、いったいなにを?
僕はなんにも悪いことしてません。
どっちかというと良い子の部類だと思ってますが」




皮膚をくりぬく…聞いただけでぞっとする。
小さな体積ではあっても、「くり抜く」という表現が怖い。
しろちゃんの場合、大人しい子であるから、局所麻酔で済むだろうと言われた。
人間だった場合、表面積2センチ程度のものをくり抜くことになる。
部分的に痛みは感じなくても、されている行為が非常に恐怖だろう。
大人しいしろちゃんだって、暴れはしなくとも、生きた心地のしないような怖い思いを、意識のあるままでしなくてはならない。
全身麻酔にしてくださいとお願いしたいところだが、全身麻酔は、どうしても必要な場合以外は、しろちゃんのかかりつけの先生は勧めない。
人も同じだが、全身麻酔をかけること自体、リスクの無いものではないからだ。


IMG_3528_convert_20130406064131.jpg

「はあ、極楽極楽です。
優しい安心な匂いもするし、ママはそばに居るし、
今日もまた、良い1日だったのです。
小さな電気ひざ掛けは、まるで魔法の絨毯なのです。
僕とママを、ピラミッドの見える砂漠へ、白とエメラルドグリーンの地中海へ、
青い地球の見える宇宙へ、
今日も乗せて運んでくれるのです



しろちゃんは去勢手術と腹壁ヘルニアの手術で2回、全身麻酔をかけている。
どこの猫ちゃんも、去勢避妊手術で1回はかけていることだろう。
私達は当たり前のことのように考えているが、それは当たり前なことじゃない。
口をきかない小さな身体は、自分の身体の変調を自分で訴えることもできない。
人間の十分の一の大きさと考えても、十分の一で施せばいいというものでもない。
人間の場合、全身麻酔をかける手術を施す際には、緊急事態を省いて、麻酔医との面談がある、
あの面談は、単に体調を聞くためでなく、平常時のその人を麻酔医が知るという目的がある。
その人の平常時を知らなければ、麻酔から覚めたあと、正常に戻ったかどうか、判断しかねるからだそうだ。
余談だが。


IMG_3507_convert_20130406064541.jpg

「ママはしょっちゅう僕の生存確認してますが。
寝んねしているときのママの生存確認は、僕がしているのですよ。
1時間に1回はしているのです。
僕のママ…って小さなお声で呼びかけても、ママは夢の中



というわけで、しろちゃんのくり抜き検査は、また1ヶ月程度見送りとなった。
何度も書くが、悪化してないという保証のもとに。
FELIWAYをじゃんじゃん嗅いでもらって、ストレスを緩和し、自然治癒力を呼び覚まそうと、私は必死である。
愚かな親なりに、必死である。
70㎡=45畳相当に拡散するということである。
リビングに、寝室に、しろちゃんの居る場所に伴ってFELIWAYを移動し、24時間使用。

IMG_3546_convert_20130309044839.jpg

↑ 参考までに前回の記事のこれ。
もう2ボトル目使用。


常に、しろちゃんは私のそばに居る。
リビングに居るときには、ソファではなくFELIWAYのすぐそばに、床の上に私は座っている。
そこに電気ひざ掛けを敷いて、暖かく心地よい場所にしている。
ひざ掛け一枚の上で、しろちゃんと私は、起きている時間の大半を過ごしている。
おしゃべりしたり、オモチャで遊んだり、じゃんけんをしたり、まどろんだり。
そして最近は、グルグルミューと寝言まで言う。
ベッドの上でしか聞いたことのないしろちゃんの寝言だったが、よほど安心できる場所になったものと見えて、深い夢の世界にまで入り込んでいるようだ。


IMG_3495_convert_20130406064615.jpg

「グルグルオモチャで遊んだし、ネズミさん達はお家に帰ったし、
爪とぎも済んだし、あとはママを、安心させてあげるだけ~



そのひざ掛けの上で呆けたように眠りこける子に微笑んだり、「えっまさか」とお腹の上下に目を凝らしたり。
肩をゆすって起こしたり。。。

毎日が一喜一憂なのは私のほうで、しろちゃんは至極普通に過ごしているのだと思う。
在るがままを受け入れて、淡々と生きる猫というわが子に感心する。
ひざ掛け一枚が居場所なのだと与えられたら、そこで起きている時間の大半を過ごす。
文句も言わず、疑問も持たず、ただただ純粋に生きている。
今日一日を、純粋に全うしている。
しろちゃんには、20畳もひざ掛け一枚も、関係ないのだろう。
そこにある小さな幸せを、一つ一つ捕まえ、紡ぎだす。

充実しているとかいないとか、考えることもなくただ純粋に。
愛のある場所に、ただ純粋に…生きる。

そんなしろちゃんだからこそ、私の希望で無理やりな検査はすまいと思う。
道はきっと、しろちゃん自らが指し示してくれるものと思っている。


IMG_3109_convert_20130407165120.jpg

「ママは心配しすぎなのです。
悪い病気なら、病気をジョッキンって、切り捨ててしまえばいいのです。
前の腹壁ヘルニアの手術の時もそうだったでしょ?
僕はみるみる元気になったでしょ?
野育ちの僕は、ちょっとやそっとでへこたれないのです。
そのママも、へこたれてはいけません。
だって僕のママだもの


しろちゃんは、普段と変わりなく元気に過ごしています。
ハゲてるだけ~。
皆さんのしろちゃんへのご心配、ありがとうございます。



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟子猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています

2012080712564078b_convert_20120820200717.jpg

↑ ビクママ家ですくすく元気に育っています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない赤ちゃん猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック