滅多にない事は永遠にない事ではない、「南海トラフ巨大地震の被害想定」

2012/08/31 Fri

IMG_0945_convert_20120831181040.jpg

「蝉さんが、たくさんたくさん鳴いているのです。
きれいなお声に、僕には聞こえます。
もう夏も終わってしまいそうなので、みんな急いで土から出てきて、立派な蝉さんに羽化したのでしょう。
順番なんて待っていられないので、ケヤキの木は夏の蝉さんで満員なのです。
7年も眠っていた蝉さん、7日しかお外で生きられないって、本当ですか?



真夏に鳴くような蝉の声が、街路樹のけやきから、かまびすしい。
雨の降らない夏だったとあって、東京都では水不足が危惧されているそうだ。
29日には、度肝を抜かれるような、「南海トラフ巨大地震の被害想定」が出た。
死者数は最大で32万人超え。。。
もちろんこれは、最悪の事態に至った場合の想定で、一番悪い結果なわけであり、想定どおりの不安に怯えて暮らすこともないわけだ。
だけど、私達は去年の東日本大震災で、最悪の事態、一番悪い結果って、本当に出るものだということを知った。
滅多にないことって、永遠に決してないこととは全く違うということを知った。
永遠に決して起こらないことって、いったいなんだろうと、私は日常に探すような気持ちだ。


IMG_0943_convert_20120831181125.jpg

「テレビのニュースさん、怖いニュースをママに聞かせないでください。
ママは、僕が来てから怖がりになってしまったそうなんです。
僕が来る前には、台風が来ようが地震があろうが、へとも思わないママだったそうです。
吹けよ風、呼べよ嵐とROCKな気持ちで生きてたママが、今じゃ浪花節のように涙もろいママなのです。」

「吹けよ風、呼べよ嵐」でピーンと来た方、ご一報ください。


都内、特にしろちゃんの住まう地区では、津波や地震の直接の被害を被ることはまずないだろうと思わる。
建物が傾く、火事が類焼する…ということがあるにしても…だ。
情報伝達の問題、流通の滞る問題のほうが、重大なようだ。
「最低1週間分の備蓄を」と、ニュースでも盛んに呼びかけていた。

「最低1週間分の備蓄、最低1週間分の備蓄」と、念仏のように唱えながら、夜中に急にパソコンを開けて、猫用品のネットショップをグルグル巡る。
フード、お水、猫砂を半年分買い物かごに物を入れ始めたワタクシ。
ソフトケージを買おうとして、ハードケージを持っていることにふと気づく。
篭城ならば、やはり大きなハードケージを出すほうがいいだろう。


IMG_0940_convert_20120831181250.jpg

「篭城って言葉、ママ好きですねえ。
立てこもるということですね。
避難所には行かないで、僕とお家から出ないということですね?
たとえ傾いても、斜めのまんまで寝んねするということですね?
丸くなれば、どこでも眠れるのです。
僕に任せなさい、心配いらないのです



余談だが、
このハードケージに関して、去年の震災よりも前に、関西の保護猫さんのために貸し出す約束を交わしていた。
しろちゃんには1回も使ったことがなく、おそらく今後も使うことがないだろうとの目論見で、困っている方に無期限で貸し出す約束をしていた。
そこに、どんな猫ちゃんが入るのかまで、写真で見て知っていた。
そしてあの東日本大震災があって、勝手ながらその約束を取り消させていただいた。
震災があって、急にわが身のことしか考えられなくなった自分の狭量さ。
震災があって、急にわが子一身の大事しか、考えられなくなった身勝手さ。
本当に申し訳なかったと、そのことは今でも心の傷である。


IMG_0947_convert_20120831190801.jpg

「僕のママに、ケージを貸し出す勇気がなくて、ごめんなさい。
僕が使うかもしれないって、ママは心配になっちゃったらしいです。
本当にごめんなさい



最低1週間分の備蓄と言っても、しろちゃんの場合、2キロのフードを一袋買っただけで1ヶ月の備蓄ということになる。
猫砂の5L2袋もあれば、非常事態ゆえ全取替えはしないこととすれば、1ヶ月は十分持つ。
しろちゃんの場合、桶で飲むのだが、お水だって2Lのボトルが10本もあれば済む。
しろちゃんの避難リュックは常に用意してある。
記事はこちら→
その他に備蓄を買えばいいのだなと、夜明けの東の空を横目に眺めつつネットショッピングにせいをだす。
玄関のドアを開けたら、誰にもわかる場所に張り紙をしておこう。
フードはここ、砂はここ、お水はここ、ケージはここ…。
私の代わりに誰かが、しろちゃんのライフラインだけは見つけられるよう。


IMG_0942_convert_20120831181145.jpg

「ん~どうでしょう。
ママの代わりに誰かが…ってどういうことでしょう。
僕にママが、助けられないとでも?
僕は今、人工呼吸を習っているのです。
お布団フミフミは、その練習です

猫用AEDの開発ははまだか。


ん?
私は?
いざとなったら、しろちゃん、ママにカリカリを分けてください。
お水も分けてください。
猫トイレも使わせてください。
それで当面なんとかなるだろう。
私が何かの下敷きになったら、大きなお声で「ママはここー!」と、誰かに知らせてください。
…しろちゃんにお願いする、暗いニュースのあった日であった。


別件で慌しく、みなさんのブログの訪問&ポチが滞ってごめんなさい。
今夜にでも、楽しみにうかがわせて頂きます。



IMG_0941_convert_20120831181206.jpg

「ママったら、地震関係の予想には、いつも驚かされてしまいますね。
かわいそうに、去年の地震がよほど怖かったのですね。
僕だって、最初揺れたときには泣くほど怖かったですが、ママが飛んできて、ベッドの下から僕を引きずり出してからは、なんだか甘い思い出なのです。
ベッドの中で、何時間も何時間も、僕をお布団にグルグルに包んで抱っこしていたでしょう?
フワフワのお布団と、ママの匂いと子守歌…。
去年の地震で、悲しい目に遭った猫ちゃんに、どうか暖かい愛の手を。
虹の橋を渡った猫ちゃんに、たくさんのお星様からの贈り物を。
愛しい猫ちゃんとはぐれたママ達には、お月様が導いて、再びの出会いを。
僕は毎晩たくさんお祈りしています。
君たちのことは忘れません。



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟子猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています

2012080712564078b_convert_20120820200717.jpg

↑ ビクママ家ですくすく元気に育っています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない赤ちゃん猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック