人が嫌いな猫、玄関のピンポーンに居留守をしろと…。

2012/05/30 Wed

IMG_9529_convert_20120530171920.jpg

「今日はピカピカの晴れかと思いましたね。
昇ったばかりの朝日は、とっても濃いピンク色だったのですよ。
今日は、トキの赤ちゃんが巣から飛び立って、初めてお空を飛んだのですって。
お母さんトキと一緒に、並んで飛んだのですって。
おめでとうをみんなで言いましょう



あれれ、今日は予報では気持ちの良い晴れの1日だったはず…。
空は薄い雲に覆われている。
ゲリラ豪雨という概念が、もうじき無くなるそうである。
気象庁が、新しいスーパーコンピューターを導入したので、細かいメッシュ状の気象の解析がさらに複雑に計算できるようになるからだそう。
「何区何町3丁目でもうじき雨です」などなど…。
ん~ゲリラ豪雨はあってもいいから、地震予報のほうに、スパコンを駆使して欲しいものだと思う。


IMG_9531_convert_20120530172006.jpg

ピンポーン
「ママ、人間、人間が来ましたよ
ママだって一応人間ですが…


しろちゃんはお客さんが苦手である。
要は、人が苦手なのである。
人という人を避けるのである。
しろちゃんにとって、私は人ではないのかもしれない。
大きな猫で、ニャーとなけない猫で、何かと面倒な猫と思っているのかも。

3年前に戸建てから今の集合住宅に引っ越した。
戸建ての時には、自宅とジムが同じ敷地内にあったので、いまよりはずっと多くの人が出入りした。
それなのに、しろちゃんを実際に見たという人は数少ないのである。
親しい人が来ると、私は無理矢理抱っこしてきて、しろちゃんを見せることもあった。
私にとっては、かわいいわが子見せたさだった。
とはいえ、心無いことをしたと思う。
その頃よりずっと猫ちゃんへの知識が深まり、しろちゃんの性格がよくわかってきた今は、絶対にしようとは思わない。
成猫になってからもお外生活をしていた子が人と暮らすには、距離を縮める根気強い努力と時間が必要だ。


IMG_9532_convert_20120530172024.jpg

「そっとじっとしていましょうよ。
間違ってもインターホンを取っちゃダメですよ。
人間が入ってくるかもしれませんから

そういうのを、居留守って言うのです。
あまり良いことではないのですよ。


しろちゃんの人嫌いには、もうひとつ理由があるようだ。
PTSD(心的外傷後ストレス障害)を持っているのである。
PTSDの基本的症状は、
※精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状。
※トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向。
※事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験(フラッシュバック)
である。

しろちゃんは、人為的行為により腹壁に損傷を追い、腹壁ヘルニアとなっていた。
その状態でお外で生きていた。
一昨年の晩秋に手術するまでは、右わき腹に拳大の膨らみを抱えた子だった。
なぜ人為的行為かと推測できるかと言えば、
※ヘルニアの部分がグチャグチャに裂けていたこと。
※それなのに、表面の皮膚に損傷のあとが無いこと。
以上のことから、獣医さんは、人に蹴られた、殴られた、叩かれたのではないかと仰るのである。
自分で木から落ちたりして損傷したののならば、表面にも切れた傷痕があるはずだと…。
鈍器で(拳かもしれない、靴を履いた足かもしれない。)やられたのではないかというのである。
このことは、腹壁ヘルニアのカテゴリーで何度も書いている。


IMG_9487_convert_20120530172044.jpg

「お外には、怖い人がいるのです。
怖い犬さんも怖い乗り物も怖いヘビもいるのです。
だからママは、お外に出てはいけませんよ

そうね、しろちゃんが言うのなら、そうすることにしましょう。
しろちゃんは、自分の遭った事故のことは、決して自分では口にしない。


他の猫ちゃんと暮らしたことが無いので、比較ができないが、※頭の上から手をかざす、※長い棒を手にして近づくことが、しろちゃんには長らく非常に怖いことだった。
我が家では、頭を叩いたことなんて、もちろん1回もないのに!
ましてや棒で叩いたことなんて、1回もあるわけがない!
頭を撫でようとすると、まずは首を引っ込めて、目をつぶってしまうような子だった。
だから、横からそっと手を出して、頭を撫でていた。
クイックルワイパーを手に持った私が近づくと、後ずさりした。
だから、お掃除道具を手にしたときには、近づかないようにした。


IMG_9485_convert_20120530172100.jpg

「お外には、楽しい思い出もありますが、思い出すのも怖い出来事もあったのです。
だから、ママの子にしてくださいって、ママに頼んだのです。
お家の中の子に、僕はなりたかったのです



そんな年月、日々が過ぎて、治らないはずのPTSDは、少しずつ回復した。
回復したのだと、私は思っている。

手を頭の真上からあてる。
ほんのちょっと首を引っ込めはするが、その頭をグリグリに撫でてやる。
両手で頬を挟んで、オデコにチューの嵐だ。
かわいがられている証なのだと、わかって欲しいのだ。
クイックルワイパーを持ってしろちゃんに近づき、その棒をポトンと横に落とす。
この棒はお掃除の道具であって、君を叩く物など、このお家には無いことをわかって欲しいのだ。

愛のあるところで、怖い思いなどすることはないのだと、教えてきた。
愛は裏切らないことを、信じて欲しいと思っている。
地道で長い道のりだったけど、しろちゃんはわかってくれたようなのである。


IMG_9620_convert_20120530172139.jpg

「どうやら人間は、帰ったようですね。
よかったですね。
さあ、またママと、二人きりの時間です。
グリングリンしてください。
チュッチュしてください。
雨が来る前に、一緒に寝んねしませんか?
ママももっと猫らしくならないとダメです。
今夜は僕が、毛づくろいしてあげましょう



∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが、5匹の子猫を保護されました。
うち、1匹の黒猫ちゃんは、里親さんが決まりました。

1_20120524134233_convert_20120526195618.jpg

4匹の里親さん、預かりさん大募集!だそうです。
ただいま育児に奮闘中で大忙し。
週齢など、詳細はよくわかりません。
男の子2にゃん、女の子2にゃんです。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック