朝帰りに面くらい小姑のように怒る猫、背中で語る。

2011/10/31 Mon

IMG_6875_convert_20111031170947.jpg

「今日は暑いくらいでしたね。
でも、今年の冬は寒いそうですよ。
ママったら、「今日は忙しいのよ」と、月曜日の昼間は、いつも僕と遊んでくれません
今朝まで僕にお留守番させたくせに、その償いもありません

大げさだねえ、しろちゃん


トワイライトという言葉がふさわしい、美しい黄昏。
昼と夜の境目。
あっと言う間に過ぎ去る瞬刻の美。
二度とは見られない刹那の美。


昨夜、知人と食事に出かけ、ほんの2~3時間で帰るはずが、ノビノビに伸びて、朝になってしまった。
おおよそ12時間、しろちゃんをお留守番させた。
大震災以来、初めての長時間のお留守番だ。
お仕事をされている方にとっては、よくあるお留守番時間かもしれない。
毎日家に居る私にとっては、10時間超えのお留守番がせいぜいで、12時間超えのお留守番なんて、年に1回あるかないか…。


IMG_6891_convert_20111031171005.jpg

「僕は怒っているのです。
昨夜から今朝にかけては、どこにお出掛けだったのですか?
僕のこと、ないがしろにしていませんか?
僕に、寂しい夜を過ごさせてまで、それほど大事なことが、他にあるのですか?
一人の夜が、どんなに長いか、ママにはわかるまい

本当に、大げさですねえ、しろちゃんは。
誰に似たの?


しろちゃんは少し変わった様子を見せた。
玄関を開けると、脱走防止用伸縮ラティスの手前に、三つ指をついて座っていた。
ここまではいつものことなのだけど、何も言わないのである。
お帰りなさいのニャ~ンも、待ってましたのニャ~ンもない。
ただただ、キョトンとした表情で斜め下をむいて座っている。
なんと言っていいのかわからないと言う風で、途方に暮れたような顔をしていた。


IMG_6834_convert_20111031170836.jpg

「フンだっ
遊んでご飯を食べて眠って、お目目が覚めたらママが帰ってくると、僕はてっきり思ってました。
だから、エレベーターの音が聞こえるように、玄関で待っていたんですよ。
エレベーターの音、何度もしました。
でも、ママじゃありませんでした。



手を洗う前だったので、私はバッグを肩にかけたままで、近づいて顔をくっつけようとした。
しろちゃんは、クルリと後ろを向いて、脱兎のごとく走って行ってしまった。
南のベランダの前のキャットタワーにスルスルと登り、背中を向けてしまった。
白い背中が、左側から朝日に照らされて、輝いていた。
背中の毛は輝いていたけれど、しろちゃんの心は複雑だったのだと思う。


IMG_6836_convert_20111031170859.jpg

「ママ、僕がママのようにお出掛けしたとしたら、どうですか?
ママはどんな気持ちになりますか?
僕が、夜にお出掛けして、朝まで帰ってこなかったら、ママはどうしますか?

そっ、そりゃ~心配なんてものじゃないですよ。
しろちゃんが、どこかの不良グループに誘われて、遠くへ行ってしまったのではないかと


習慣的に、または定期的にお留守番があると、慣れるものである。
地震以来、近場以外に出かけることのなくなった私に、しろちゃんは慣れてしまって、長いお留守番の心得なんて、忘れてしまったのだろう。
さんざんサメザメと泣いて、プリプリと怒って、疲れ果てて虚脱感だったところに、私が帰ってきたものらしい。
だからキョトンとしたままで、声も出なかったのだろう。


IMG_6847_convert_20111031170748.jpg

ブイブイ文句を言いつつ、眠ってしまう子のかわいさ…


左目の周囲が膨らんでいた。
どこかにぶつけたのかもしれない。
「どれどれ、ママに見せてごらん~」と優しく言った。
思い切り、フンと、そっぽを向かれた。
単純に、お出かけ用お化粧を施したママの顔が、嫌いなだけかもしれないけれど。


IMG_6849_convert_20111031170808.jpg

「まあね、ちゃんと帰ってきたのだから、許しますけど…。


人と暮らすことが大好きな猫ちゃんは、人の習慣に馴染むのだ。
毎日毎日、ベッタリそばに居続けたママが悪かった。
「ごめんね、しろちゃん、明日からはもう決してどこにも行かないからね」
……では、ダメなのである。
お留守番が、寂しいを通り越してストレスとなるほど、一人で居られない猫ちゃんにしてしまってはダメなのだ。
猫育ては難しい。


IMG_6839_convert_20111031191156.jpg

「まったく、僕も猫の子から人間の子になって、はや3年ですが、ママは時間があてにならないで、困ります。
いったい、何のために携帯電話を持ってるんだか…
家電にかけてくれればいいのですよ。
僕が受話器をもてなくても、留守電に
「しろちゃん、もう少し待っててね~」と、吹き込めばいいことじゃないですか。
お日様が沈んだらお家に帰るという法則が、ママにはないのですからね。
朝日が昇ってから、帰ってきたのですから

しろちゃんの言うのもごもっとも、
留守電に吹き込めば、しろちゃんにも聞こえたよね~。
まるで小姑のように、口うるさいしろちゃんなのであった。



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック