絶好調な日もあったしろちゃんのお正月と今年の抱負

2017/01/07 Sat

DSC_2975a_convert_20170107144902.jpg

「みなさん、楽しいお正月を過ごしましたか?
おいしいもの、たくさん食べましたか?
僕もいっぱい食べたのです。
本当のお魚だって食べたのです。
初夢も見たのです。
いつも僕にご心配ありがとうございますなのです。」


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
昨年はたくさんのご心配をいただき、本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

年賀のご挨拶、松の内になんとか間に合いました。
遅くなり、ご心配かけました。


DSC_2758a_convert_20170107143559.jpg

冬には冬の美しさ、冬木立

DSC_2430a_convert_20170107143613.jpg

おめでたいオタフク南天

DSC_2672a_convert_20170107143637.jpg

早々と咲いた真っ赤なボケ


.。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。

いつもしろちゃんとしろちゃんママに、暖かいお心遣い、優しい言葉、熱い励ましをありがとうございます。
感謝しております。
皆様もよいお正月をお過ごしのことと思います。
好天続きで良かったですね。
お蔭様でしろちゃんは、穏やかなうちに年を越すことが叶い、お正月を楽しく過ごすことができました。
新しい年にしろちゃんを送り出してあげることが、こんなにうれしいなんて…感無量です。
大晦日の夜中に、しろちゃんと聴いた遠い除夜の鐘は、とても優しいものでした。
神様、応援してくださる皆様に、感謝してもしきれない思いです。
今年もしろちゃんは、がんばるそうです。
コツコツコツコツしろちゃんらしくまじめにがんばり、自分の時間を重ねてくれるものと思っております。
PFにあるように、おとなしく律儀で優しい性格はそのままにですが、人一倍我慢強いと付け加えたいと思います。
一歩強くなったしろちゃんを、引き続き応援していただけると幸いです。

本当はもっと早く更新するつもりでしたが、さすがにお正月で予定外の用事などあり、いつも通りの土曜日更新になりました。
写真をたくさん撮ることができ、貯まっていくいっぽうです。
今年はもう少しひんぱんに、更新しようかななんて思っております。

.。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。



1月4日の写真

DSC_3010a_convert_20170107144121.jpg

「僕はすっかり元気になったのです。
毎日楽しく遊んで、寝んねもいっぱいしているのです。
寝んねするのが、ちっとも怖くないのです。」



しろちゃんママは、このたびの年末年始ほど緊張したことはありません。
日本中がお休みと言っても過言ではない特別な日々に、しろちゃんに特別の変化があったらどうしよう…と。
せっかく復活した体調をそのままに…と思うあまり、いつも壊れ物扱いなしろちゃんですが、抱っこするのも恐々でした。
そんなしろちゃんママの思惑をよそに、しろちゃんはマイペース。
発作をまたがんばって乗り越えて、苦しくなく過ごせるようになったことがうれしくて、ハラハラするほど遊んでくれました。
しろちゃんちでは、除夜の鐘は北向きの部屋の窓から聞こえます。
照明を落として、くぐもったゴーンという音に耳を澄ませると、暗闇で大きくなったしろちゃんのお目々はキラキラしていました。
しろちゃんには、何のしがらみもない新しい年が明けたのだと、きっとそうなのだと思います。


1月2日の写真

DSC_2576a_convert_20170107143716.jpg

「あれ、くださいなのです。」

DSC_2755a_convert_20170107143729.jpg

「お正月なので、あれ、丸々一本食べてもいいと思うのです。」
しろちゃんの言うあれとはこれ。↓↓↓
今まで買ったことが無かったのですが、送っていただいて食べて以来、しろちゃん、夢中。


DSC_2661_convert_20170107151710.jpg



2日の夜に、久々のお風呂の出待ちがありました。
キャーッって、しろちゃんママが黄色い声をあげたのはもちろんです。
三つ指ついて小首をかしげて、じっと冷たい床に居るしろちゃんを、食べちゃいたいくらい愛しいと思いました。
あったかいところに戻りなさいと口では言いつつも、しろちゃんの身体を離すことあできません。
このお風呂の出待ちが兆しで、3日は丸一日絶好調の日でした。
好調な中にも、絶好調という日があるのです。
お声はしっかり、お顔はスッキリ。
どんなに小さな問いかけも必ず理解し、それなりのお返事を返してくれます。
しろちゃんママが言葉を発しなくても、?の表情でしろちゃんを見ただけで、それだけでニャ~。
しろちゃんとしろちゃんママに、相当濃密な時間が流れました。
何をしていても、しろちゃんは見ているのです。
何をしていても、二人同じ時を生きているのです。



1月3日の写真

DSC_2704a_convert_20170107143759.jpg

「あれ、トンボさんはどこに?」

DSC_2756a_convert_20170107143815.jpg

「おとなしく僕に食われるのです。
なんてったって、僕は絶好調に治ったんです。」




3日に限らず、オモチャで遊ぶようになりました。
特に夜の遅い時間に顕著です。
しろちゃんは、猫ジャラシ系のオモチャが大好きで、興奮して走り出すことが多いのです。
けしかけちゃいけないんだろうな~でも楽しいよね~猫ジャラシ。
しろちゃんママの気持ちは、迷いの中をグルグルします。
しろちゃんが幸せで楽しければいいという気持ちと、壊れ物のように大事大事にしたい気持ちの間で。。。
結局どこに落ち着くかと言えば、しろちゃんが楽しんでうれしくて、幸せ感じてくれればいいというところ。
何をどうしても、どれだけやっても、しろちゃんの命をしろちゃんママがどうすることもできないのです。


1月3日の写真

DSC_2866a_convert_20170107143849.jpg

「ホットカーペットのすきまには、いがいな獲物がかくれているのです。
オヤツがかくれていることもあるのです。」


DSC_2865a_convert_20170107143834.jpg

「あれトンボさん僕のあたまをかじりましたね?」

DSC_2878a_convert_20170107143906.jpg

「かくれたって、無駄なのです。
出てきなさいなのです。」




4日の朝、まだ暗いうちに、ちょっとしたピンチがありました。
普段は1分ほど咳き込んで治まりますが、その咳がなかなか止まらず、とうとう呼吸困難に。
何かが喉の奥に引っかかっているという感じなのですが、指を突っ込んで取ってやるわけにもいきません。
コンコン、ゴホンゴホン、ケッケッ
しろちゃんにこうするのだと説明しようと、しろちゃんママは必死に自分が咳の真似をして見せますが、自分が呼吸困難になりそうです。
もどかしことこの上ありません。
うっすらと開口呼吸になったので、酸素ハウスへ閉じ込め。
ニトロをお耳の内側にべっとり塗りました。
朝8時過ぎには開口呼吸も治まって、ご飯も食べられるようになりました。
これをしろちゃんママは、心臓発作とはカウントしません。
こんなんで心臓発作と定義したんじゃ~きりがない。

しろちゃんママも強くなったものだと思います。
5、6、7日と、お蔭様で穏やかに楽しく過ごせています。
夜には声をあげながら走って、しろちゃんママを悩ましい気持ちにさせています。


1月3日の写真

DSC_2900a_convert_20170107143925.jpg

「待っていなさいなのです。
捕まえる前に爪をとぐのです。
ガリガリガリ」


DSC_3019a_convert_20170107144046.jpg

「トンボさんも爪とぎするのですか?」



しろちゃんママに確実にできることは、しろちゃんを楽しくうれしくさせてあげることだけ。
安心という愛情で包んであげることだけ。
優しさという愛情で包んであげることだけ。
心があったかくなった?
幸せな気持ちになった?
そう問いかけながら、しろちゃんのお目々を覗き込むことだけ。
猫なので表情は本当はないものの、あははっうふふっとしろちゃんの笑い声が聞こえるのです。
自分の大きさに比べれば、本当に小さなしろちゃん。
その小さなしろちゃんを苦しめるあらゆることから、守ってあげたい。
しろちゃんが苦しみに襲われる時がある。
それは守っても守っても守りきれない時なのであって、ママが守らないのじゃない!
ママはいついかなる時でも守っていると、しろちゃんには信じていて欲しい。


1月4日の写真

DSC_2966a_convert_20170107144105.jpg

「ああ、しみじみ幸せ感じるお正月なのです。
お外で凧あげでもしたいものなのです。」




生きていく以上、抗えない怖いものもたくさんある。
だけどひとりじゃないんだよ、しろちゃん。
いつだってママがいる。
お外で一ひとり、泣かずに病気でがんばる猫もまたいる。
きっとサンタさんは、魔法のお薬を先にその子達に届けたんだね。
だってほら、君にはママがいる。
薬指の先で、お薬作れるママがいるじゃない♪

すべての猫と人に、つつがなく穏やかな一年でありますように。



DSC_3029a_convert_20170107144147.jpg

「今年1年の抱負を考えてみたのです。」

DSC_3030a_convert_20170107144202.jpg

「コツコツとお薬のんで、ごくごく元気玉を飲んで、いっぱい寝んねして、
一日も早くお病気治そうと思うのです。
治ったらママを温泉に連れて行くのです。
あったかい温泉のお風呂の出待ちは、きっとあったかいだろうなって思うのです。
何時間でもママを待てるのです。」






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Merry Christmasはあの子にもこの子にもしろちゃんちにも!

2016/12/24 Sat


・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪

FotorCreated_(1)_(1)_convert_20161224125212.jpg


Wishing you a wonderful Christmas


皆さんにとって、幸せなクリスマスでありますように。
しろちゃんんと二人、心よりお祈り申し上げます。

「猫ちゃんたち、おいしいオヤツをいっぱい食べて、夜更かしでいっぱい家族と遊んでくださいなのです。
僕?
僕は毎日がクリスマスなのです。」


・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪・:*:・゚'★.。・:*:・゚'☆♪


.。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。

カードの写真は12月23日、酸素ハウスの中のしろちゃんです。

いつもしろちゃんとしろちゃんママに、に、暖かいお気持ち、優しい励まし、ありがとうございます。
感謝しております。
ご心配かけました。
お蔭様で我が家では、しろちゃんと一緒にクリスマスイブを迎えることができました。
お祈りくださった皆さん、元気玉くださった皆さん、見えない場所で心を寄せてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
心より感謝申し上げます。
この日を一緒に迎えられたこと、言葉にならない思いです。。。
一時は無理と思いましたから。。。

しろちゃんは、今回は心臓発作を起こしました。
土曜日から月曜日まで3日間続きました。
火曜日も尾を引いていました。
今までで最大の危機だったと思います。
いままでとは違う種類の危機とも言えます。

サンタさんは、どうやら、しろちゃんママに早めのプレゼントをくださったようです。
しろちゃんと、もっと一緒に過ごせる時間というプレゼントを。

「僕は、とてもいっぱいたくさん、がんばったのです。
がんばりすぎて、眠くって、
今夜は空飛ぶサンタさんの姿をみられそうもないのです。」



先にカードだけの更新をしました。
記事はでき次第、アップしいたいと思います。

追記
大事なことを書き忘れました。
昨日、今日現在のしろちゃんは、お蔭様で安定してきました。
鼓動に不安感はありますが、静かにひなたぼっこしたりお昼寝したりしています。
苦しくはないのだと思えます。
ご心配、ありがとうございます。


.。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。


.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪

12月29日追記


DSC_2513a_convert_20161229170953.jpg

「ご心配、かけました。
ありがとうございますなのです」


皆さん、ご心配ありがとうございます。
お祈り、元気玉、ありがとうございます。
心より感謝しております。
しろちゃんは、昨日あたりから復活しました~。
本格的とは言えないけれど、普通に過ごせるようになりました。
ええ、ほんと、ほんとですとも!
ウソみたいな復活劇です。
今日記事を書いていましたが、相当長くなりましたので、また明日更新します。
しろちゃんは、復活しましたよ~♪

1482998798_VnKIozYT5je0ai1482998797.gif

「復活劇、ママが書いているのです。
年末年始の身だしなみなのです、ペロリンチョ」



.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪


:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪

12月30日追記の追記

また明日更新しますと書きましたが、また明日に。
しろちゃんママも意外に忙しかった~トホホ。
記事は書いたのに、編集が間に合いませんでした。
夜の時間はしろちゃんだけに捧げたいので、明日にします。
しろちゃんは復活し、そこそこ元気にしておりますよ~。
ご心配、ありがとうございます。
心より感謝いたします。

DSC_2598a_convert_20161230163026.jpg

昨夜12月29日夜の写真です。
昨夜は猫ジャラシで遊びました~♪

:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪






にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。




にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

222の猫の日に「愛するあなたに贈る言葉」2016年

2016/02/22 Mon

DSC_6804_convert_20160222155159.jpg

「酸素ハウスの中にも、猫の日来るのです。」


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*

どっちかというと、ベビーフェイスではないほうのお顔のしろちゃん。
それでも君はママにとって、子供、赤ちゃん。
最初に出会った頃のほうが、しろちゃんは今より大人だったかもしれない。
君は、自分のことはなんでも自分でできる、最初から立派な猫だったね、しろちゃん。
ところがどうだろう。
愛するがあまり、ママは君を子供や赤ちゃんにしてしまった。
永遠に成長しない子供や赤ちゃん。
要らぬお世話を山ほどやいて、ママはしろちゃんのママに何がなんでもなろうとした。
そう、ママになりたかったんだ。
君に絶対的に必要とされるママに!

なのにママは、自分の非力のために、君をこんな透明で冷たい箱に閉じ込めている。
胸が痛むよ、しろちゃん。

お具合が悪くなってから、君はどういうわけか、ベビーフェイスでママを見る。
どうかそんなベビーフェイスはしないでよ、しろちゃん。

君がママを絶対に必要としているこの時に、ママは君を裏切っていないだろうか?しろちゃん。

ありがとう、しろちゃん。
君のママにしてくれて、ありがとう。
ママはね、
君と観ないなら、ママはいかなる猫番組も観ない。
君と暮らせないのなら、ママはいかなる猫とも暮らさない。
だから君は、ここに居なくちゃいけない。
どこにも行ってはならないのだ、しろちゃん。


DSC_6650_convert_20160222155652.jpg


今日は猫の日
猫の記念日
猫の年一回のお祭り日

外では賑やかに、猫のブラスバンドが行進曲を奏で、猫の鼓笛隊がバチを振り振りねり歩く。
美しいお声の猫混声合唱隊が、ステージの上で「猫のための組曲」を歌い、子猫達のかわいいお遊戯も次々と披露されている。
大人の猫達は、シェイクスピアの戯曲を演じている。
しろちゃんはお目々を閉じて、音を聴きそっと想像している。

来年の猫の日こそは、ブラスバンドに入ろうか、鼓笛隊に立候補しようと。
お声がうまく出なくなったので、合唱隊は入れないかもしれないけど、お芝居ならばできるかもしれないから、演劇部に入るのもいいと、しろちゃんは思っている。


DSC_6654_convert_20160222155736.jpg



来年の猫の日のためには、今年の春から練習しなくてはならないので、早く良くならないといけないと、しろちゃんは思っている。
紺色のリュックサックを買ってもらい、水色のコートと水色のお靴を履いて、山を下った公民館まで、歩いて練習に行く日を夢見ている。

外は猫のお祭りで、騒々しく賑やかだ。
しろちゃんのお家は、エアコンの音が途切れるととても静かだ。
怖くなるくらい、静かだ。


DSC_5666_convert_20160123131806.jpg


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


夜中、ママの腕の中で静かにこんこんと眠っていたしろちゃんは、激しく咳き込んで起きました。
肺水腫の咳なので、利尿剤を追加で飲ませ、ステロイドを飲ませようかどうしようかと迷いつつ、なんとかひと晩事なきを得ました。
今朝はやはり、ちょっと元気がないしろちゃんですが、朝ご飯も食べ、お薬も飲めました。
酸素ハウスは、やっぱり入りたくないんだそうです。
曇りなので、お日様に会えずつまらないと、こんこんと、ただこんこんとカゴの中で眠っています。
しろちゃんが言うには、夜中の咳は、シェイクスピアのお芝居の練習の夢を見て、おじいさん猫の役だったそうです。


DSC_6886_convert_20160222155303.jpg


しろちゃんとしろちゃんママが起きた時間を、写真に撮っておけば良かったのにと思います。
2月22日の午前2時22分でした。
真夜中に猫達、大勢の猫達が、しろちゃんをお見舞いに訪れてくれたようです。
知ってる猫も知らない猫も、みんなで輪になって、しろちゃんを囲んでお歌を歌ってくれたのですね。

たくさんの暖かい応援、熱い励まし、優しいお心遣い、大きな元気玉、ありがとうございます。
バイブルのように、呪文のように、祝詞のように、しろちゃんに読んで聞かせています。
聞く時の、照れくさそうなしろちゃんのお顔をお見せしたいな~。
とても穏やかな日もあれば、今日のように不穏な日もあります。
人生、良い日ばかりではないと、しろちゃんはちゃんと知っています。
ママよりずっとわかっています。
しろちゃんはそれなりに、明日への歩みを止めません。
アンヨがある限り。


DSC_6893_convert_20160222155318.jpg

「お咳が出て、せっかくの安眠が邪魔されたのです。
ま、そういうこともあるのです。
また寝ればいいのです。」


↑ 2時22分に起きたあと、窓辺でお外を眺めるしろちゃん。
誰よりも早く猫の日を見つけたのかも♪



.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭

追記

いつも、しろちゃんとしろちゃんママに、暖かい応援、熱い励まし、優しいお心遣い、心より感謝しております。
しろちゃんは今現在、お蔭様で穏やかに過ごすことができています。
穏やかな中にも、日によってそれなりに違いはあるのですが、今朝は格別にお具合が良かったようです。
なんとしろちゃんは、ママの目を盗んで走りだすのです。
ええ、今日とうとう、速く走ることもできるようになりました。
良かったね~しろちゃんと言ってあげたいのですが、走っては絶対にいけないので、どう言ったもんだか。
しろちゃんが得意になって走ろうとするのをどう止めたもんだか。
キャットタワーに駆け登る姿を観て、別な意味でハラハラドキドキした今朝でした。


DSC_6944_convert_20160225180744.jpg


今朝起きたら、森がうっすらと雪を被っていました。
その景色の美しいのなんの。
しろちゃんと一緒にしばらく眺めていました。
寒暖の差の激しい時期ですが、みなさんもご自愛ください。
明日記事を更新しようかな~と思っております。
金曜日のジンクスなんて無いに決まっていますから。


DSC_6923_convert_20160225180715.jpg

「みなさん、僕にありがとうございますなのです。」


ニャン吉さん
ミーコさん
みかんさん
apiapi41さん
tomoさん
ななのかあちゃん
あんずさん
nikitaさん
ゆすら&プルー母さん
rambyさん
JINさん
マシュ☆マロさん
のん福レオのお母さん
にゃごさん
なほこさん
tomomiさん
あみたんさん

みなさんの暖かいお心遣いのコメント、とてもうれしく拝見しています。
大きなしろちゃんのお耳に口を寄せて、何度も何度も話して聞かせています。
元気になったら、みなさんにお歌とお芝居を披露したいんだそうです。
クレヨンで描いた絵も、折り紙も見せたいんだそうです。

その日まで、コツコツコツコツ、眠りの中でもがんばることと思います。
しろちゃんはそういう子です。

.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭


.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭

追記の追記26日

今日、記事の更新をすると書きましたが、あとちょっとのところで間に合わなくなってしまいました。
明日にするつもりです。
ご心配かけていたらごめんなさい。


DSC_7084_convert_20160226181105.jpg

今日のしろちゃん
こんな理由もあり?


しろちゃんが心臓発作が起きたなど、格別お具合が悪いわけではありません。
金曜日だからと言って!


DSC_7073_convert_20160226181033.jpg

昨夜のしろちゃん。
オデコの辺りが、ちょっと気難しげです。


しろちゃんはお蔭様で今日も今現在まで、穏やかに過ごすことができました。
いつも暖かいお心遣い、ご心配、ありがとうございます。
たくさんの優しいコメント、心より感謝して拝見しております。

.:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭




banner (5)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (5)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

終戦記念日に寄せて、戦争を未来永劫知らない猫しろちゃん

2015/08/15 Sat

DSC_2253_convert_20150815133554.jpg

「みなさん、今日も暑い日ですね。
ずっと昔の今日の日も暑い日だったのです。
戦争が終わった日なのです。
もう二度と、日本に戦争はないのです。」




今日は終戦記念日。
思うことは山ほどあるけれど、猫ブログなので慎みたい。
戦時中の動物のことも、書きたいことは山ほどあるけれど胸が痛すぎて書けない。
「戦時中 動物 犬 猫」と検索バーに入れて、私達には耐え難い画像を自分で観て欲しい。
この1年一度の終戦記念日くらいは。
日本の為に命を捧げた英霊と、何の罪もないのに奪われた命に哀悼の意を表します。


DSC_2153_convert_20150815135832.jpg

命が命を支える。

DSC_2198_convert_20150815135025.jpg

目木(めぎ)
別名 コトリトマラズ
鋭い長いトゲが枝にあるので、小鳥もとまれない。
目のための生薬
整腸のための生薬

DSC_2207_convert_20150815134946.jpg

夏も熟れてくると夾竹桃が咲きだす。


先日、都市部の空襲の写真展を観に行った70代の方が私に話してくださった。
一枚の写真に釘づけだったという。
「痩せた少年がね、痩せた犬を背負ってるの。
人も食うや食わずの時に、犬を背負って逃げようとしているの。」
悲惨な状況下でも犬を大事にしたという単純な話ではない。
大型犬は軍用犬として供出しなければならなかった。
また、生き延びる手段として犬を食べたという現実もある。
「あの子とあの犬、いったいその後、どうなったんだか。
防空壕に犬を連れて入ることなんて許されないことだから。」


DSC_2241_convert_20150815133639.jpg

「どうなったのでしょう。」


亡き母には戦前シェパードの愛犬がいた。
もちろん子供なので、母の実家の犬ということ。
兄弟姉妹それぞれにかわいがっている犬がいたそうだ。
このワンちゃんが戦争に行くこととなった。
名誉にも赤い襷をかけられて、万歳三唱の中を連れて行かれたそうだ。
犬の兵隊さんとなって、お国のために奉仕するのだと母は聞かされた。
後日、母のシェパードは、美しい毛皮となって帰ってきたそうだ。
勲章をその毛皮の胸にぶら下げて。
(母自身が子供なのでうろ覚え)


DSC_2230_convert_20150815133504.jpg

「僕はおばあちゃんさえ知らないのです。」


悲しいお話を感情を排してちょっと書いてみたけど、ここからはしろちゃんのお話。


立秋を過ぎてやっと、涼しい夜気が感じられるようになった。
それでも昼間はやっぱり暑い。
一緒に暮らして7年になろというのに、しろちゃんに適正な室温がよくわからない。
今まで、エアコンの設定温度は常に人間の都合優先できた。
今年の夏は国家的推奨温度の28度でがんばってみた。
しろちゃんはいったい、快適なのか否か。


DSC_2217_convert_20150815133419.jpg

「僕はいつだって快適なのです。」


しろちゃんママは、実は夏場のエアコン大好き人間だ。
大学生の途中までエアコン無しで過ごしてきた。
だから嫌いとなりそうなものだけど、だから大好きなのである。
こんな快適なものがあってもいいのかと、エアコンのありがたさをしみじみ享受できた世代なのである。
生きること全般に自然派だけど、ことエアコンに限っては、エアコン様様だ。
ちょっとひんやりな程度で長袖で過ごすことが、寒いの好きな私には快適。


IMG_6113_convert_20150815133920.jpg

「うふふっ、ママのそばはあったかいのです。」
いや、ママは暑いんだけど。


だけど今年は、なんとなく国家的推奨の28度設定をガンコに実施してみている。
=室温計は27度。
去年と同じエアコンなので、去年は少なくとも25~26度あたりで夏を過ごしていたことになる。
今年のしろちゃんは、今のところ夏バテ知らずで痩せていない、元気だ。
ご飯も規定量内でモリモリ食べている。
夏場のしろちゃんは、27度あたりがちょうど良いのか?


IMG_6115_convert_20150815133946.jpg

「気温のことじゃないのです。」


しろちゃんの肉球を触ってみると、ちょっとしっとりしている。
毛をかき分けて肌に触れてみると、暑くも寒くもないように感じられる。
お耳なんてひんやりだ。
どうやら27度あたりがちょうどいいらしい。
しろちゃんのたっての希望により、毎日念入りにブラッシングをしているので、今夏は毛の量自体が少ないのかもしれない。


IMG_5704_convert_20150815144916.jpg

「僕は、毎朝、毎晩何回もブラッシングする良い猫なのです。」
そのうちハゲますよ、しろちゃん。


夜間の就寝時も、我が家はそのままの設定温度でエアコンをつけている。
しろちゃんもさすがに、真夏に抱っこ寝はしない。
一つの枕を分け合って同じ方向を向き、背中をママにピッタリとくっつけて眠る。
しろちゃんはヘソ天では決して眠らない猫である。
昼間、床にゴロゴロしている時でも、行き倒れになってもヘソ天にはならない。
それほど暑くないのか、はたまた、お腹を出すことが恥ずかしいのか。

そういう性格なのだ。


IMG_5857_convert_20150815145006.jpg

「お腹を出して寝ると、カミナリさんにおへそ取られちゃうって、猫母さんが言ったのです。」


しろちゃんの寝息がスーっと聞こえ始めると、エアコンの冷気がしろちゃんにはどうかなと、毎晩試行錯誤する。
自分には快適であっても、この小さな白い身体にはどうなのかなと。
タオルケットの端っこをそっとかけてみたり外したり、夏用ストールをかけてみたり外したり…。
お耳は冷たくないかな。
アンヨの肉球は、しっとりしているかな。
鼻水は出ていないかな。
あちこち触っては、結局しろちゃんを起こしてしまったりする。
そしてママは、反省しながら子守唄を歌う。


IMG_6026_convert_20150815145033.jpg

「昼間も、子守唄歌ってくださいなのです。」


バカげたことと、もう一人の自分が苦笑している。
猫バカもいい加減にしなさいと、苦笑している。
このバカげた猫のかわいがり方を、私は存分にしつつ、かつブログに写真入りで公表してまでいる。
かわいくて愛しくてしかたないと、しろちゃんの寝顔に頬寄せてみる。
ふと、戦時下の犬猫の写真が頭をよぎる。
殊勲の勲章をもらった母のシェパードの話を思い出す。


IMG_5762_convert_20150815144939.jpg

「誰かの大切な誰かを、悲しくするのはいけないことなのです。」


日本には、動物を慈しむことが許されない時代が確実にあった。
江戸時代の話じゃない、ついそこの、昭和の時代に。
自分の猫を、バカげたようにかわいがって何がいけない?
平和って、そんな小さなことの中にある。
また平和は、小さなことから崩れていく。
猫を思う存分にかわいがれる、バカみたいにかわいがれる。
そんな国でなければならないと、終戦記念日に心から思い願う。


DSC_2262_convert_20150815133611.jpg

「楽しい盆踊りに僕は行くのです。
戦争なんて知らないのです。
ずっと、知らないのです。」





banner (5)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*




□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (5)
 
にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

222の猫の日に「愛するあなたに贈る言葉」2015年

2015/02/21 Sat

IMG_0846_convert_20150221141356.jpg

「みなさん、春みたいにあったかい午後ですね。
今日は222の猫の日なのです。
だからママ、怖いお話をするのをやめてくださいなのです。」



昨日、ちょっとした集まりに出かけたら、
「明後日は猫の日なんですって!
バレンタインデーにいはチョコレート、ひな祭りにはお雛様。
猫の日には、いったい何をすればいいのかしらね。」
と私に語り掛ける人がいた。
しろちゃんのことは全くご存知ない。
とうとう、猫に関係のない一般の人達に普及し始めたのか、猫の日。
猫をかわいがるとご利益があると、言っておけば良かった。


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*

しろちゃん、君は猫なので、テレビで国会中継を観たり報道ニュースを観たりすることはない。
君の観たいものは、いつも動物や鳥やお魚であって、生きた命以外に君は興味がないようだ。
お花や風にそよぐ木々の映像も好きだよね、しろちゃん。
それはみんな、君にしたら同じ命の輝き。
自分もその中のたったひとつなんだと、いつも真摯な目でママに教えてくれる。
猫だからって、特別ではないのですと。


IMG_0851_convert_20150221141425.jpg

「病気でも寿命でも天災でもないって、いったいなんでしょう。
じわっと怖いのです。
お目々つぶって、みないことにするのです。」



だけどしろちゃん、その命は、いともはかなく失われることがある。
寿命ではなく病気でもなく、天災でもなくて…だ。
話さえ通じない愚かな人間の行為によって、昨日輝いた命が今朝には、朝露のごとくに消えてしまうことがある。
世界では、毎日たくさんのことが起きている。
そして世界には、たくさんの喜びがある代わりにたくさんの悲しみもある。
君が今日、うれしい気持ちで一日を過ごすのは、当たり前のことなんかじゃない。


IMG_2125_convert_20150221141601.jpg

「あたりまえのことと思っていたのです。
ビックリなのです。」



だからといって、考えることもしなくていいからね、しろちゃん。
君はご飯を食べ新鮮なお水を飲み、安全が確保された場所で、のんのんとのんびり暮らしていい。
午前中はお日様の光の中に、星降る夜はその瞬きの影に、夢を見続けてくれたまえよ、しろちゃん。
どうか余計なことは考えずに、幸せを享受してほしい。
当たり前のことなんかじゃない安心安全な環境を、ママはどんなことをしてでも作ってあげたいと思うのだ。
君の笑顔と眠りを脅かすすべてから、君を守ってあげたいと思うのだ。


IMG_2127_convert_20150221141620.jpg

「ママ、遊びませんか?
今日は猫の日なのです。」



戦場となった場所の映像がテレビで流れる。
逃げ惑う人々、泣き叫ぶ子供、破壊される建物、燃え盛る火。
じっと目を凝らして観てみよう。
その中に、歩く猫はいるか。
一緒に逃げ惑う猫はいるか。
報道でご存知のシリアにも猫はいる。
もちろん、いる。
知らない文化圏のことだからと言って、人の猫に対する思いは、私達とそうそう違ったものでもない。


IMG_2109_convert_20150221141530.jpg

「ヤッホー
猫ジャラシで遊んでくれるんですね?
ヤホホホーイ」

猫の日を前に、猫ジャラシを出したら、しろちゃんがお口あけて笑ってくれた。
ママとしては感無量。



シリアでは、内戦の激化によって、野良猫の数が急激に増えているそうだ。
急激に増えるということは、もともとの野良猫ではないということ。
内戦が激化する前、ここの人達は猫を慈しんでいたというなによりの証拠。
一般市民が逃げるにあたって、止むにやまれず置いて行かざるを得なかった猫たち…。
意に反して、はぐれてしまった猫たち。
愛しい家族と家を同時に無くした猫たち。


繧キ繝ェ繧「縲€繧「繝ャ繝・・縺ョ迪ォ_convert_20150221144954

強調文↑↑↑ 借り物画像 シリア、アレッポの猫
この子にも、いつの日か、どうか笑顔を。。。



つい昨日まで、飼い主さんのそばで暮らし、飼い主さんに愛された猫たちが、戦禍の中で途方に暮れている。
食べるものも新鮮なお水も寝る場所もない。
とことん何にもない戦場の猫たち。


0e2df63f_convert_20150221144858.jpg

↑↑↑ 借り物画像 シリア、アレッポの猫
誰かを探しているの?



平和でなければ、猫との暮らしはままならない。
どんなに大事な猫であっても難しい。


当たり前のようにそれがあると、まるでないもののごとくに気にかけなくなる。
それこそがまさに平和な証拠なのだろう。
5年先、10年先、20年先もこの日本で、猫が人と寄り添って暮らし人が猫に愛情をかけることができるかどうか。
それはひとえに、この国が平和であるかないかにかかっている。
国とは言っても、その国を作るのは人である。
国家というものが自動的に平和なわけじゃない。


IMG_1119_convert_20150221141503.jpg

「もうじき春が来るのです。
こんなあったかい毛布にくるまってると笑われちゃうのです。」



222の猫の日に寄せて、ちょっと重たいことを書いてみた。
無理とはわかっていても祈らずにはいられない。
すべての猫ちゃんが、なんらかの形で幸せでありますように。
そして必ず叶うほうのお祈り、
皆さんの猫ちゃんとうちのしろちゃんが、健やかで穏やかな日々をずっと過ごせますように。
あなたとあなたの愛しい猫ちゃんが、幸せな日々を紡いでゆきますように。


IMG_1103_convert_20141231132809.jpg

「でもやっぱり、あったかい毛布には勝てないのです、グー」


参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (10)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*



参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (10)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック