記念日に、とびきりの幸せを思いだそう。

2018/06/11 Mon

IMG_0563b_convert_20180611152608.jpg

「みなさん、こんにちはなのです。
雨こんこんが降って薄暗い日ですが、元気を出すのです。
明日は僕のひとつの記念日だそうですが、フ~するケーキはないのです。
いつも僕に会いにきてくださり、ありがとうございますなのです。」




DSC_8028a_convert_20180611152337.jpg

ガクアジサイ
先週、雨上がりの晴れの日に高幡不動尊に行きました。

DSC_7666b_convert_20180611152424.jpg

ガクアジサイ

DSC_7978a_convert_20180611152409.jpg

ガクアジサイ、ミヤマヤエ




梅雨らしい雨が降り続いています。
不定期極まりない更新なのに、ご訪問ありがとうございます。

前回も、しろちゃんとしろちゃんママに暖かいコメント、拍手コメントを寄せていただき、ありがとうございました。
また遠くから見守ってくださる方にも、心より感謝いたします。
一人の時は泣かないのに、コメントを読むと泣けてきます。
優しく温かい涙が出ます。
コメントや拍手のひとつひとつに、しろちゃんを想ってくださる皆さんのお心が乗っているからだと思います。
本当に感謝しております。
お返事待っていてくださいませ。
しろちゃんママは書きたいのです。

明日は四十九日です。
慣例では節目の日なのですが、しろちゃんママにそんな節目はありません。
もちろん納骨もしません。
何事も気の済むまで。
節目は無理やりつけられるものではないと思っています。




今日のしろちゃん写真は全部、2009年10月31日のものです。


IMG_0561b_convert_20180611152552.jpg

「とってもいいキャットタワーを買ってもらったのです。
やっと組み立ててくれたのです。」


IMG_0560b_convert_20180611152538.jpg

「一生大事に使うのです。
こわしたりしないのです。」





例の暗く辛いお話を書くのは、今回はやめにしました。
四十九日でなく記念日ということにして、かわいい元気なしろちゃんと、優しく懐かしい思い出を辿ろうと思います。
今日と明日は、悲しみはお休み。
お・や・す・みと、自分に言い聞かせます。
しろちゃん11年間のトップ3、しろちゃんママが大好きな写真達を。
(しろちゃんの写真が何回でも観たいと言ってくださるお言葉に甘えて…)
今日の写真は2009年10月31日、キャットタワーを買ってもらって、うれしくてうれしくてたまらない日のしろちゃんです。
あんまりうれしくて、ご飯とトイレと眠りの時間以外は、かたときもキャットタワーから離れませんでした。
猫には表情筋がないので表情がないと言われますが、この表情が笑顔以外のなんでしょう。
幸せな笑顔以外のなんでしょう。
どなたの思い出にも、こんな幸せな表情のしろちゃんが宿ってくれますように。




IMG_0559b_convert_20180611152524.jpg

「ママが一緒に遊んでくれたのです。」

IMG_0562a_convert_20180611152755.jpg

「ヒャッホーッ
はちきれそうに楽しいのです。」





ブログを開始する前にも、しろちゃん写真はたくさん撮っていました。
ブログで皆さんに観ていただくとは思いもかけずに、愛しいしろちゃんをただただ写していました。
瞬く間に消えていく一瞬一瞬の命の輝きを、自分の心に焼き付けるだけでは足りなかったのです。
本来は、感動や感激は物には宿せないもの。
目と頭と心にしか残せないものです。
だけど、たかが写真、されど写真。
ここ3年、植物写真を趣味としてきて、しろちゃんママにもちょっとわかりました。
写真には、撮った時の自分の心象が必ず入り込みます。
何を感じ何を残したかったのか、心は何に感動したのか。
写真は嘘をつきません。
しろちゃんママには、しろちゃんの喜びが幸せだったのです。




IMG_0556a_convert_20180611152738.jpg

「こんなのがあったらな~って夢みていたのです。」

IMG_0582a_convert_20180611152826.jpg

「うふふっ、夢みると叶うのです。




四十九日とは、亡くなってから七日ごとに閻魔大王様の裁きがあって、七回目の裁きの日の四十九日目で、行かれる場合は極楽浄土へ、行かれない場合はそれなりに、旅立つそうです。
怖いですね~。
親族は、七回の裁きが良いほうに下るよう、七日ごとに篤い供養を心がけなさいということです。
何だかお寺さんの商売っ気を感じますね~。
しろちゃんの四十九日?
は?何のこと?
しろちゃんママはいまだにピンと来ないのです。
現実を受け入れられないのではありません。
遠くへ旅立たせるとか、違う世界に行くという概念が自分に合わないのだと思っています。
じゃあ、どう感じているのか。
しろちゃんママの目に観えないだけ。
天使になったので観えないだけ。
いたるところにいるので、一か所に観えないだけ。




IMG_0549a_convert_20180611152714.jpg

「お外の猫ちゃん達にも、遊ばせてあげたいのです。」

IMG_0551a_convert_20180611152725.jpg

「遠くの猫母さん、僕はママと幸せにやっているのです。」




観えないけれども、そこら中にいるのだと感じています。
しろちゃんはいつもママのことをじっと観ているので、しろちゃんママはおちおち泣けません。
隠れて泣けばいいって?
どこに隠れても、しろちゃんは目の前にいるので無駄なのです。
背中にも張り付いているのです。
しろちゃんは、滅多に聞いたことがないママの泣き声を聴いたら、びっくりして自分も悲しくなるに決まっています。
ママが泣くなんて、よほどの非常事態と。
だから泣きません。
生活時間帯を変えることも、習慣を変えることもできません。
いつも、こうしたら次はこれ、としろちゃんは先廻りする子ですから、混乱させるようなこともできません。
どのタイミングでご飯になり、どのタイミングでお寝んねするのか、真面目なしろちゃんに、習慣を違えることができません。




IMG_0583b_convert_20180611152702.jpg

「上まで段がいくつもあるのです。」




お薬の時間になると、飲もうとして台所にやってきますが、その白いお耳に、噛んで含めるように言い聞かせます。
「お薬はね、もう飲まなくてもよくなったの。
だってしろちゃん、治っちゃったんだもの。
2年3カ月もお利口さんに飲んだんだから、すっかり治った。」
砕いて粉にしてお湯で溶き、針のない注射器に入れ、しろちゃんのお口の端っこに持っていくと、あ~んとお口を開けました。
もちろん猫なので、ポカンと開けることはせず、あむあむあむっと開けたり閉じたり。
ほんの最初の頃を省いては、逃げたり嫌がったりもしなかったのです。
そもそも猫なのに、お薬の入った箱を冷蔵庫から取り出す気配で台所にやってくるって、どういうこと?
三つ指ついて待っているってどういうこと?
律儀なしろちゃんは、しろちゃんママがそのお口に入れるものは何でも、自分にとって良いもの、有益なものと思っていたのでしょう。




IMG_0573a_convert_20180611152810.jpg

「上に登ってみたいけど、まだ少し怖いのです。

IMG_0575a_convert_20180611152644.jpg

「上に登ったら、お外がいつでも見られるのです。
鳥さんやお月様とおしゃべりできるのです。」





今日は台風が来ていて低気圧です。
病気の猫に低気圧は大敵です。
脳系、心臓系の子で言えば、
気圧が下がる→血管が膨張する→押し出す力が弱まる→血流障害を起こす、です。
気圧は家庭内でどう対処することもできませんが、水分を多く摂らせることと、身体を温め過ぎないことがいいようです。
しろちゃんママのやっていたのは、全身マッサージ。
マッサージというと聞こえはいいですが、全身ナデナデ撫でまくり。
いつも以上に猫っかわいがり。

病気の子もそうでない子も、どの子も健やかにやり過ごせますように。
輝く明日は雨の向こうに必ず待っています。




IMG_0574a_convert_20180611152627.jpg

「輝く明日は、待ってちゃこないのです。
自分のお手々でつかまえに行くのです。
僕も自分でママを見つけたのです。
また明日なのです。」






人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 4歳、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*

スポンサーサイト

悲しみの海から…

2018/05/15 Tue

DSC_6905e_convert_20180515205331.jpg

「みなさん、こんばんはなのです。
僕です僕です、僕なのです。
お外にはお花がいっぱいなのです。
お散歩に一緒にどうですか、なのです。
いつも僕をかわいがってくださり、ありがとうございますなのです。」




DSC_7391a_convert_20180515205109.jpg

Ombra mai fù 優しい木陰

DSC_7394a_convert_20180515205038.jpg

フランス菊



*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。

降り続いた雨もやみ、昨日今日ときれいな緑の風吹く東京です。
このたびも、たくさんの暖かいコメント、拍手コメントを寄せていただきました。
心より感謝しております。
遠くから見守ってくださったコメント無き方々にも、がんばっての応援ポチをしてくださった方々にも、心より感謝いたします。
ありがとうございました。
このよおな状況なのにご訪問くださったこと、本当にありがたく感じています。



DSC_7327a_convert_20180515205149.jpg

DSC_7289a_convert_20180515205212.jpg

隣の森の野原から、野の花を摘んできました。



しろちゃんママは今、悲しみの海におぼれています。
でも涙は一滴も出しません。
悲しみ過ぎて、頭痛がする毎日です。
前回の更新の時のほうがまだしっかりしていたような気がします。
どうもしろちゃんママの感覚は、ワンテンポもツーテンポも遅れているのかもしれません。
4月15日から25日の極端なバタバタ続きで、その日以降も緊張感がなかなか抜けなかったようです。
思えば、猫ひとり人ひとりのその猫が病気で、2年3カ月、緊張感のない日なんて一日もなかったような気がします。
緊張感というテンションが取り除かれ、時間に余裕ができて、氷が溶けてゆく。
そんな感じです。
落ち着いた静かな日々に戻ってみると、しろちゃんの不在だけが際立ちます。
しろちゃんだけが、そこに居ないのです。



IMG_6197a.jpg

2011年10月、4歳の写真



自分がリビングに自分がいれば、しろちゃんは寝室で眠っているものと思い…。
自分が寝室にいれば、しろちゃんはリビングで一人で遊んでいるものと思い…。
台所で洗い物をしていれば、背後で見つめていると思い…。
お風呂に入れば、ガラス戸の向こうにいると思い…。
。。。
甘美な勘違いに騙され続けています。
また、自らすすんで騙されているような気がします。



3月27日の写真

DSC_6663b_convert_20180515205304.jpg

「騙されちゃだめなのです。
本当の僕はここにいるのです。」




人の脳には、過酷な記憶を自己修復する機能が備わっているそうです。
当初、胸水の溜まってからの10日間の過酷な記憶ばかりが鮮明にあり、そこからしろちゃんをやっと救い出せた意識がしろちゃんママにはありました。
「しろちゃん、もう苦しくないね。」と、妙な安堵感もありました。
死を肯定するわけではありませんが、苦しみを憎み否定することが、悲しみを封印させていたのかもしれません。

ところがここ数日、記憶はその10日間から離れていきました。
段々と過去にさかのぼっていくのです。
心臓発作と闘いつつも、楽しくうれしく過ごした過ごした2年3カ月、さらにその前、何の病気でもなく元気そのものだった時に…。
つまり、しろちゃんママの脳は、一番過酷だった10日間の記憶を、楽しい思い出で修復しようとしているわけです。
笑っている姿やしゃべっている姿ばかり、思い出します。
これは非常につらいです。
しろちゃんママに言わせれば、この脳の修復システムは、今はまだ余計なおせっかい。
しろちゃんママは、みすみすしろちゃんを天使にしたわけではないのです。
神様と取引きしたのです。
しろちゃんを苦しみなく幸せにするための取引きを。
取引きの片方がなくなってしまうと、何のために天使にしたのかと、自分を納得させられません。



3月27日の写真

DSC_6745b_convert_20180515205316.jpg

「僕は天使?
羽根なんか、どこにも生えていないのです。」




悲しみの最中にいるので、ヘンテコな表現になりました。
今後、古いしろちゃんの写真を観やすいように一枚一枚、整理しながら修復しようと思います。
今後はブログに「へえ~」という写真が出てくることと思います。
命の限りに輝いて、とことん生き抜いた11年間のしろちゃんに、そして、今もここにいる見えないしろちゃんに、言葉をかけてやってください。
笑顔できっとお返事します。
しろちゃんはお返事できる猫ですから。
人の言葉を、人の想いを、人の愛を、真正面から受け止められる猫ですから。
真正面から受け取って、何倍もの愛にして返してくれる猫ですから。

今日はこれといったことも書けず、乱文での更新ですみません。



DSC_6885d_convert_20180515205341.jpg

「また明日なのです。」





人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 4歳、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*

しろちゃんとしろちゃんママからの感謝…

2018/05/08 Tue

DSC_7054d_convert_20180508221800.jpg

「みなさん、ご無沙汰したのです。
僕です僕です、僕なのです。
僕はここにいるのです。
雨こんこんが降って寒いので、風邪をひかないようになのです。
僕をかわいがってくださって、ありがとうございますなのです。
いっぱい感謝なのです。」




:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。

ご無沙汰しておりました。
しろちゃんママは、なんとかかんとか普段通りの日常を生きております。
晴れた日にはお日様に、雨の時にはその雨に、優しさを感じることができるようになりました。
どんな過酷な日にもわが身をもって、生きるってすばらしいと教えてくれたしろちゃんのママですから、しろちゃんにガッカリさせてはならないと思っています。



DSC_7397_convert_20180508211838.jpg



有名な虹の橋のお話がありますね。
虹の橋
しろちゃんママはそのお話を、そのまんま素直に受け止めることができないでいます。
しろちゃんは、しろちゃんママのお胸の中に、すっぽりとおさまった!
そんな独自の解釈をしていますから。
でもその虹の橋のお話の続きに、雨降り地区のお話があります。
虹の橋続き
これを読んだ時、しろちゃんママはハッとしました。
虹の橋のほうはピンとこないのに、この続きにはピンときて納得なのです。

愛しくてかわいいしろちゃんをひとりで悲しみに凍えさせるなんて、しろちゃんママには我慢ができません。
一日も早く雨降り地区から出してやらねばなりません。
だからもう、泣きません。



DSC_7011a_convert_20180508200927 (1)

zudy2nj2sEaVYBN1525777441_1525777688_convert_20180508212947.jpg

この2枚、4月24日です。
前夜の写真です。
病院から帰ってすぐ、友達に撮ってもらいました。
今後毎日、しろちゃんとしろちゃんママが一緒の写真を撮ろうと話していました。
この次の夜がないなんて、思ってもいませんでした。。。。。
わかっていたら、腕からしろちゃんを下ろすことはできなかったと思います。




皆さまには暖かいコメントを寄せていただきまして、心より感謝申し上げます。
遠くから見守ってくださった方にも言葉を寄せていただき、とても感激しました。
長い間応援してくださり、ありがとうございました。

しろちゃんがこんなにもかわいがられていたなんて、こんなにも心配していただき、こんなにも悼んでいただけるなんて、しろちゃんママとしてはママ冥利に尽きます。
ありがとうございました。
寄せられたコメントを読むときが最も泣けました。
何度も読ませていただき、ひとつひとつを大切に心にしまいます。
お一人お一人に会いして、手を取り合ってお話したいような気持です。
追ってお返事差し上げたいと思います。


このブログを今後どうするかという悩ましい問題もありますが、まだ何も考えていません。
その前に、しろちゃんのその日までの数日をしっかりと総括してやりたいと思います。

※胸水が貯まってからのこと。
※その日(4月25日)のこと。
※葬儀(4月27日)のこと。
※しろちゃんママの悲しみとの対峙のしかた。

等々、順不同でボツボツと書いていこうと思っています。
書くことで前に一歩踏み出せるような気もしています。
また、しろちゃんママがそうであったように、愛猫の闘病に悩んで迷って検索したどり着かれた方に、少しでもお役に立てれば幸いと思います。

GW明けから低気圧が来ていて、今日は冷たい雨の降る東京です。
天候不順のおり、皆さまと猫ちゃん達はどうか、体調にお気をつけてお過ごしください。



DSC_7154a_convert_20180508211753.jpg

「また明日なのです。」





人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 4歳、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


ご報告

2018/04/28 Sat

DSC_6781b_convert_20180408131150.jpg

「みなさん、たくさんの愛をありがとうございますなのです。」


:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。

しろちゃんは、4月25日水曜日夕方、永眠いたしました。
長い間、しろちゃんをかわいがってくださり、たくさんの応援、励ましをありがとうございました。
心より感謝申し上げます。

4月27日、荼毘に付しました。
小さな壺に入り金銀の箱に入ったものはなんだろう。
胸に抱いて帰ってきたものの、これはいったい何だろう。
しろちゃんがお家でお留守番していないけど、どうしてだろう。
あら、どこかに預けたっけ?

しろちゃんママは今はまだそんな心境です。。。。。

ご報告が遅れ、申し訳ありません。
ここまで書くのが精一杯です。
取り急ぎ、今日はご報告まで。
(既出ですが、最近一番好きな写真を載せました。)

kakobox

:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。





人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 4歳、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*





絶好調な日もあったしろちゃんのお正月と今年の抱負

2017/01/07 Sat

DSC_2975a_convert_20170107144902.jpg

「みなさん、楽しいお正月を過ごしましたか?
おいしいもの、たくさん食べましたか?
僕もいっぱい食べたのです。
本当のお魚だって食べたのです。
初夢も見たのです。
いつも僕にご心配ありがとうございますなのです。」


あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
昨年はたくさんのご心配をいただき、本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

年賀のご挨拶、松の内になんとか間に合いました。
遅くなり、ご心配かけました。


DSC_2758a_convert_20170107143559.jpg

冬には冬の美しさ、冬木立

DSC_2430a_convert_20170107143613.jpg

おめでたいオタフク南天

DSC_2672a_convert_20170107143637.jpg

早々と咲いた真っ赤なボケ


.。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。

いつもしろちゃんとしろちゃんママに、暖かいお心遣い、優しい言葉、熱い励ましをありがとうございます。
感謝しております。
皆様もよいお正月をお過ごしのことと思います。
好天続きで良かったですね。
お蔭様でしろちゃんは、穏やかなうちに年を越すことが叶い、お正月を楽しく過ごすことができました。
新しい年にしろちゃんを送り出してあげることが、こんなにうれしいなんて…感無量です。
大晦日の夜中に、しろちゃんと聴いた遠い除夜の鐘は、とても優しいものでした。
神様、応援してくださる皆様に、感謝してもしきれない思いです。
今年もしろちゃんは、がんばるそうです。
コツコツコツコツしろちゃんらしくまじめにがんばり、自分の時間を重ねてくれるものと思っております。
PFにあるように、おとなしく律儀で優しい性格はそのままにですが、人一倍我慢強いと付け加えたいと思います。
一歩強くなったしろちゃんを、引き続き応援していただけると幸いです。

本当はもっと早く更新するつもりでしたが、さすがにお正月で予定外の用事などあり、いつも通りの土曜日更新になりました。
写真をたくさん撮ることができ、貯まっていくいっぽうです。
今年はもう少しひんぱんに、更新しようかななんて思っております。

.。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。



1月4日の写真

DSC_3010a_convert_20170107144121.jpg

「僕はすっかり元気になったのです。
毎日楽しく遊んで、寝んねもいっぱいしているのです。
寝んねするのが、ちっとも怖くないのです。」



しろちゃんママは、このたびの年末年始ほど緊張したことはありません。
日本中がお休みと言っても過言ではない特別な日々に、しろちゃんに特別の変化があったらどうしよう…と。
せっかく復活した体調をそのままに…と思うあまり、いつも壊れ物扱いなしろちゃんですが、抱っこするのも恐々でした。
そんなしろちゃんママの思惑をよそに、しろちゃんはマイペース。
発作をまたがんばって乗り越えて、苦しくなく過ごせるようになったことがうれしくて、ハラハラするほど遊んでくれました。
しろちゃんちでは、除夜の鐘は北向きの部屋の窓から聞こえます。
照明を落として、くぐもったゴーンという音に耳を澄ませると、暗闇で大きくなったしろちゃんのお目々はキラキラしていました。
しろちゃんには、何のしがらみもない新しい年が明けたのだと、きっとそうなのだと思います。


1月2日の写真

DSC_2576a_convert_20170107143716.jpg

「あれ、くださいなのです。」

DSC_2755a_convert_20170107143729.jpg

「お正月なので、あれ、丸々一本食べてもいいと思うのです。」
しろちゃんの言うあれとはこれ。↓↓↓
今まで買ったことが無かったのですが、送っていただいて食べて以来、しろちゃん、夢中。


DSC_2661_convert_20170107151710.jpg



2日の夜に、久々のお風呂の出待ちがありました。
キャーッって、しろちゃんママが黄色い声をあげたのはもちろんです。
三つ指ついて小首をかしげて、じっと冷たい床に居るしろちゃんを、食べちゃいたいくらい愛しいと思いました。
あったかいところに戻りなさいと口では言いつつも、しろちゃんの身体を離すことあできません。
このお風呂の出待ちが兆しで、3日は丸一日絶好調の日でした。
好調な中にも、絶好調という日があるのです。
お声はしっかり、お顔はスッキリ。
どんなに小さな問いかけも必ず理解し、それなりのお返事を返してくれます。
しろちゃんママが言葉を発しなくても、?の表情でしろちゃんを見ただけで、それだけでニャ~。
しろちゃんとしろちゃんママに、相当濃密な時間が流れました。
何をしていても、しろちゃんは見ているのです。
何をしていても、二人同じ時を生きているのです。



1月3日の写真

DSC_2704a_convert_20170107143759.jpg

「あれ、トンボさんはどこに?」

DSC_2756a_convert_20170107143815.jpg

「おとなしく僕に食われるのです。
なんてったって、僕は絶好調に治ったんです。」




3日に限らず、オモチャで遊ぶようになりました。
特に夜の遅い時間に顕著です。
しろちゃんは、猫ジャラシ系のオモチャが大好きで、興奮して走り出すことが多いのです。
けしかけちゃいけないんだろうな~でも楽しいよね~猫ジャラシ。
しろちゃんママの気持ちは、迷いの中をグルグルします。
しろちゃんが幸せで楽しければいいという気持ちと、壊れ物のように大事大事にしたい気持ちの間で。。。
結局どこに落ち着くかと言えば、しろちゃんが楽しんでうれしくて、幸せ感じてくれればいいというところ。
何をどうしても、どれだけやっても、しろちゃんの命をしろちゃんママがどうすることもできないのです。


1月3日の写真

DSC_2866a_convert_20170107143849.jpg

「ホットカーペットのすきまには、いがいな獲物がかくれているのです。
オヤツがかくれていることもあるのです。」


DSC_2865a_convert_20170107143834.jpg

「あれトンボさん僕のあたまをかじりましたね?」

DSC_2878a_convert_20170107143906.jpg

「かくれたって、無駄なのです。
出てきなさいなのです。」




4日の朝、まだ暗いうちに、ちょっとしたピンチがありました。
普段は1分ほど咳き込んで治まりますが、その咳がなかなか止まらず、とうとう呼吸困難に。
何かが喉の奥に引っかかっているという感じなのですが、指を突っ込んで取ってやるわけにもいきません。
コンコン、ゴホンゴホン、ケッケッ
しろちゃんにこうするのだと説明しようと、しろちゃんママは必死に自分が咳の真似をして見せますが、自分が呼吸困難になりそうです。
もどかしことこの上ありません。
うっすらと開口呼吸になったので、酸素ハウスへ閉じ込め。
ニトロをお耳の内側にべっとり塗りました。
朝8時過ぎには開口呼吸も治まって、ご飯も食べられるようになりました。
これをしろちゃんママは、心臓発作とはカウントしません。
こんなんで心臓発作と定義したんじゃ~きりがない。

しろちゃんママも強くなったものだと思います。
5、6、7日と、お蔭様で穏やかに楽しく過ごせています。
夜には声をあげながら走って、しろちゃんママを悩ましい気持ちにさせています。


1月3日の写真

DSC_2900a_convert_20170107143925.jpg

「待っていなさいなのです。
捕まえる前に爪をとぐのです。
ガリガリガリ」


DSC_3019a_convert_20170107144046.jpg

「トンボさんも爪とぎするのですか?」



しろちゃんママに確実にできることは、しろちゃんを楽しくうれしくさせてあげることだけ。
安心という愛情で包んであげることだけ。
優しさという愛情で包んであげることだけ。
心があったかくなった?
幸せな気持ちになった?
そう問いかけながら、しろちゃんのお目々を覗き込むことだけ。
猫なので表情は本当はないものの、あははっうふふっとしろちゃんの笑い声が聞こえるのです。
自分の大きさに比べれば、本当に小さなしろちゃん。
その小さなしろちゃんを苦しめるあらゆることから、守ってあげたい。
しろちゃんが苦しみに襲われる時がある。
それは守っても守っても守りきれない時なのであって、ママが守らないのじゃない!
ママはいついかなる時でも守っていると、しろちゃんには信じていて欲しい。


1月4日の写真

DSC_2966a_convert_20170107144105.jpg

「ああ、しみじみ幸せ感じるお正月なのです。
お外で凧あげでもしたいものなのです。」




生きていく以上、抗えない怖いものもたくさんある。
だけどひとりじゃないんだよ、しろちゃん。
いつだってママがいる。
お外で一ひとり、泣かずに病気でがんばる猫もまたいる。
きっとサンタさんは、魔法のお薬を先にその子達に届けたんだね。
だってほら、君にはママがいる。
薬指の先で、お薬作れるママがいるじゃない♪

すべての猫と人に、つつがなく穏やかな一年でありますように。



DSC_3029a_convert_20170107144147.jpg

「今年1年の抱負を考えてみたのです。」

DSC_3030a_convert_20170107144202.jpg

「コツコツとお薬のんで、ごくごく元気玉を飲んで、いっぱい寝んねして、
一日も早くお病気治そうと思うのです。
治ったらママを温泉に連れて行くのです。
あったかい温泉のお風呂の出待ちは、きっとあったかいだろうなって思うのです。
何時間でもママを待てるのです。」






人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック