しろちゃん念願の10歳のお誕生日に、思い出のお誕生日記念写真

2017/02/18 Sat

CTYq5kggcvO3abN1487224553_1487224709.png

「みなさん、こんにちは。
僕は2月14日に10才になったのです。
あこがれのねんがんの、二けたになれたのです。
いつも僕にご心配、応援、ありがとうございますなのです。
これからも僕は、力いっぱいがんばるのです。」


2月16日の写真です。
凛々しそうなものを選んでみました。
とうとう10才なので♪




:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪

いつもしろちゃんとしろちゃんママに、暖かいお気持ち、励まし、応援ありがとうございます。

遅くなりましたが、しろちゃんは、2月14日に無事に10歳のお誕生日を迎えることができました。
しろちゃんとママの夢がひとつ叶いました。

この1年、見守ってくださったたくさんの皆様に、心より感謝いたします。
コメントくださった皆さん、観えない場所で心を寄せてくださった皆さんのその応援なしでは、しろちゃんもここまで来られたかどうか…。
本当にありがとうございます。
毎日しろちゃんの一番近くにいるしろちゃんママでさえ、今日の日のあることを奇跡だと思っています。
特別なことを書こうと思うのですが、その特別感で奇跡の力を使ってしまうような気がして、特別なことは書かないことにしました。

過去のしろちゃんお誕生日写真を載せました。
ただ毎年の写真を並べただけです。
1~3歳まではお誕生日写真がないので、普通の写真です。
大人しく律儀で優しいしろちゃんの、コツコツしたまじめな歩みです。
小さな歩みです。
一生懸命生きてきた子に神様が微笑んだ!
奇跡ってそういうことかなと思います。

これからも頑張り続けるしろちゃんを、どうぞよろしくお願いいたします。

バタバタと忙しく思うように更新できませんでした。
すみません。

:♪*:・'゚♭.:*・♪'゚。.*#:・'゚.:*♪:・'.:♪*:・'゚♭.:*・♪



DSC_2572a_convert_20170218145636.jpg

「今日はとても元気なのです。
10才になったので、寝てばかりもいられないのです。」



今日2月18日のしろちゃんは、お蔭様で朝から元気いっぱい、④の体調です。
14日には②だった体調が段々復活しました。
昨夜遅くには、運動会で走り回って雄たけびとともに天袋まで上りました。
その後咳き込んでしろちゃんはガッカリ意気消沈。
今朝も激しく運動会を敢行。
ママが追いかけてくるまで、隠れながら大きなお声で叫びます。
「病気なのに、走ってるのは誰だー」としろちゃんに迫ると、うれしくてグルニャイと言いながらまた走り出す。
走って遊べることが、本当に心からの喜びなんだと思います。
走った後は咳き込みますが、「走っても走っても心臓がバクバクしない」
この不思議な状態はいったいなんで???
普通の健康な猫だって、走った後は心臓がドキドキすると思うのですが。



*.....*.....*.....*....ここから記念写真*.....*.....*.....*.....*.....*


お庭に登場し始めた頃の写真 
2017年12月、しろちゃん推定10か月


しろちゃん秘蔵写真1

初めて撮ったしろちゃんの写真です。
向かって右側にいるのは一緒に生まれたサビ猫のお姉ちゃん(推定)
(しろちゃんは3兄弟です。)
この時点では、猫と暮らすことなど、まったく考えていません。
当時住んでいたお庭に猫が来ることが珍しく写真を撮った次第。
木枯らしが吹いて、初冬のとても寒かった夕暮れでした。
この時点からしろちゃんは、じっとしろちゃんママを観ていてくれたんだな~と感慨深いものがあります。




2008年夏
しろちゃん1歳と5か月


しろちゃん、秘蔵写真2a

毎日のように我が家に来るようになりました。
雨が降っても嵐が来ても、じっと待っているようになりました。
そのため、しろちゃんママは、いつもしろちゃんが座っている箱の上に傘を取り付けました。
出入り自由で飼っていたわけでは毛頭ありません。
外から来る猫にご飯を食べさせていた意識です。
この年の11月には、お家の子に決定。


過去写真を掘り出して観ると、けっこうおもしろいものがありましたので、改めて記事にしてみるつもりです。



2009年
しろちゃん3歳


IMG_0563a.jpg

戸建てからマンションに引っ越して、階段代わりにキャットタワーを購入。
しろちゃんはうれしく、日がな一日キャットタワーで遊んでいました。
腹壁ヘルニアの手術をするかしないか、迷っていたころです。




2010年
しろちゃん4歳のお誕生日


ブログ_convert_20170218123536

お家の猫として、落ち着いてきた頃かなと思います。
テレビを観るという楽しみを覚えたのもこの頃。


ケーキをふ~4歳_convert_20170218121748

この年から、お誕生日にケーキを用意するようになり、しろちゃんはケーキのロウソクをふ~できるんだとわかりました。
しろちゃんは火を怖がりません。




しろちゃん5歳のお誕生日

お誕生日シリーズ 5歳のお誕生日


お誕生日シリーズ 5歳のお誕生日ケーキ_convert_20170218121832



しろちゃん、6歳のお誕生日

お誕生日シリーズ 6歳のお誕生日

この頃はストレスで皮膚炎を繰り返すようになっていました。

ケーキをふ~6歳_convert_20170218121854



しろちゃん、7歳のお誕生日

お誕生日シリーズ 7歳のお誕生日

この日は大雪で、当時1階だった部屋のベランダの中にまでいっぱい積もり、しろちゃんは窓の外が怖くて窓辺に寄りませんでした。

お誕生日シリーズ 7歳のお誕生日ケーキ_convert_20170218121920

大雪が降るぞ降るぞの予報に、しろちゃんママは前日の夕刻、慌てて町場までケーキを買いに行きました。
当日は決して出かけられない、記録的な大雪になりました。




しろちゃん、8歳のお誕生日

お誕生日シリーズ 8歳のお誕生日

年に二回も健康診断をし、健康な猫としてお墨付きでした。
1階から3階に引っ越したので、窓の外を観る楽しみが増しました。


ケーキをふ~8歳



しろちゃん、9歳のお誕生日

9歳a

この写真、ついこの間のような気がします。
このお誕生日と今回と、ケーキがなく、ちょっと寂しく感じます。
今回は、お誕生日前日から不穏な体調になり、とてもじゃないけど出かけられず、去年に引き続きケーキがありません。
ケーキを買いに町場まで出る時間も惜しくなりました。
来年こそは!


*.....*.....*.....*....ここまで記念写真*.....*.....*.....*.....*.....*



しろちゃんの限りある時間が過ぎゆくのが惜しくて、毎年のしろちゃんのお誕生日はいつも、複雑な気持ちで迎えていました。
しろちゃんの時だけは、ずっと止まったままでいい。
ケーキにロウソクを灯しつつ、心からお誕生日をうれしいと思ったことは一回もありません。
限りある時間が過ぎゆくのは、人間も一緒、自分も一緒。
諸行無常盛者必衰の理を知らないわけではないのに、しろちゃんだけには目が曇る。
目は曇り、心は節操もなく溶け出す。
そんなしろちゃんママでした。
去年と今年、この二つのお誕生日だけです。
しろちゃんおめでとうと、心から喜べたのは。


DSC_0399a_convert_20170213144025.jpg

「ちょっとお具合悪い日もありますが、僕はなれてしまったのです。
大声で泣くことがあるかもしれませんが、決して負けたりはしないのです。」




1年成長したからとか、1年無事に過ごせたからとか、そんなことではもちろんありません。
今日一日の歩みが明日に繋がるってことを、しろちゃんもしろちゃんママも、痛いほどわかりましたから。
たった今日一日を乗り切ることが、どれほど大変だったことか。
365日の中のたった一日なんです。
この365分の1の一日が乗り切れなければ、あとの364日はないのです
お目々をパッチリと開けて歩き出し、ご飯をおいしく食べて、お外を観たり遊んだり。
当たり前のことなんだけど、しろちゃんには1年間当たり前じゃなかった。
どうかお願い与えてください、と力いっぱい祈らねばならない夜がどれほどあったか。
その積み重ねで、9歳になり、とうとう10歳になれました。


DSC_3389a_convert_20170213144109.jpg

「10才だねって、小鳥さんもお祝いくれたのです。
お兄ちゃんらしくしなければと、ちょっと思うのです。
勉強もお歌もますますがんばるのです。」




しろちゃんは1年間、本当にがんばりました。
あちら側とのギリギリの際で、踏ん張って今日の日を迎えてくれました。
でも、明日からもまた同じ。
しろちゃんには、一日もお休みの日がありません。
無理にがんばらせようとはしていませんが、しろちゃんはがんばるのだそうです。
気の済むまで、食べ、遊び、走りたまえよ、しろちゃん。
猫に生まれた幸せを、どうか感じられる毎日でありますように。

そんなしろちゃんを、どうか今後も応援してください。
見守ってください。
励ましてください。
時には、しろちゃん偉いねと、声をかけてやってください。
あらためて、たくさんの皆様のお心遣いに感謝いたします。


DSC_3773b_convert_20170213144119.jpg

「次の目標はもうあるのです。
いっぱいあるので内緒なのです。
僕らしくコツコツとまじめにがんばれば、きっと夢は叶うと思うのです。
がんばれば、きっと叶うのです。
ひとつひとつゆっくりやれば、きっと叶いますよって、神様も夢の中で言っていたのです。」








人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 4歳、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


参加しています。
クリックすると投票されます。



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

ロウソクフ~できた8歳のお誕生日と間違えたケーキ

2015/02/14 Sat

s6QXlNuw1Xi7OOu1423885362_1423886522.png

「みなさん、ポカポカなお日様で春のようですね。
バレンタインデーですが、今日は僕のお誕生日でもあるのです。
8才になったのです。
ママにマフラーもらったのです。」

調子に乗って、水色マフラー3本編んだママなのである。。。


今日はしろちゃんの8歳のお誕生日だ。
毎年のことながら、無事に8歳を迎えられたことを、ありとあらゆる神様に心から感謝します。
支えてくださる猫友さん達に心から感謝します。
そっと応援してくださる皆さんに心から感謝します。
そして、野良猫という境遇の中、勇気をもってしろちゃんを生んでくれた、見たこともない猫母さんに感謝します。


IMG_2512_convert_20150214123914.jpg

↑↑↑ いわくありのケーキ。
本来買うはずだったお店にお取り置きを頼んでおきながら、うっかり隣駅の別なお店にフラーっと立ち寄り買ってしまったバースデーケーキ。
お取り置きを頼んだ記憶がすっぽり抜け落ち、夢遊病のように買ってしまった。
今もって不思議でしかたない。
気づいたときには、時既に遅し、お店の外を歩いていた。
さすがに昨日は13日の金曜日?
ホールケーキを2個買うわけにもいかないので、本来買うはずだったのを電話で泣く泣くキャンセル。


IMG_2496_convert_20150214143254.jpg

「ろうそく、フ~
暗闇の光はきれいなのです。
ママ、どこのケーキだって同じにステキなのです。」

お口をとがらせて、ケーキフ~を久々にやってくれたしろちゃん。
去年フ~をしてくれなかったのは、テーブルにケーキを置いたことが原因と、今年同じことを繰り返してやっとわかった。
床だと自分の目線より下なので、ロウソクの火が怖くないらしい。
お試しあれ。


限られた時の過ぎ行くことがなんだか惜しくて、お誕生日を少しもうれしいと思えなかった不埒なママだけど、去年あたりからやっとその呪縛から解放された。
「しろちゃん、大きくなったね~」と何とか言ってあげられるようになった。
大きくなった?
成猫になった時から大きさは変わらないのに?
年月と供に大きくなったのはしろちゃんの心だ。


IMG_2507_convert_20150214155204.jpg

「僕には食べられないケーキなのに、2個も買わなくて、ほんとに良かったのです。」


日付は推定のお誕生日だけど、8歳になったことはほぼ間違いない。
2007年春の日、当時の我が家の庭に突如、コロコロの子猫が3匹現れた。
我が家は単なる通過点だったようで、ワイワイニコニコふざけ合いながら、隣家とのメッシュのフェンスを乗り越え、その先に行こうと頑張っていた。
メッシュのフェンスをよじ登る子。
何度よじ登っても途中で転がり落ちる子。
フェンスを下からこぐることにした子。
どれがしろちゃんだったかわからないけれど、コロコロ子猫の白、白、こげ茶色3にゃんは、一生懸命どこかに行く途中だった。


1423885326H_edeKJ7Q54fIJ01423885325.gif
gifアニメ

「あっ、お窓の外を子猫が歩いているのです。
お外の猫はみんな、どこかに行く途中なのです。
幸せさがしの途中なのです。」



晩秋になって、またしても突如、2にゃんが現れた。
その2にゃんと、春に見た3にゃんが同一猫である絶対的な保証もない。
白、こげ茶というコンビで、同じルートを通ろうとしたことだけが手がかり。
はかない手がかりを、どれだけ詮索しても無駄なこと。
その2にゃんのうちの白猫が、今ここに居るということがすべてだ。
確かな生年月日より、年々誕生日を数えてもらい、ささやかに祝ってもらい、その命が輝くことを喜んでくれる誰かがいるということが大事だと思う。
手前ミソな話だけれども。


IMG_2521_convert_20150214123733.jpg

「どこに行ったらいいのか、8才の僕に聞きなさい。
大きなお兄ちゃんが教えてあげるのです。
エヘン」



お誕生日だからと言って、特別心を込めた記事は書けない。
だけど毎回、心を込めて書いている。
いつかしろちゃんが、字が読めるようになり、スマホを買ってくれとねだるようになったら、しろちゃんに読んでもらいたい。
ママは、こんな風にしろちゃんを育て、こんな風に愛してきたんだと、いつの日かしろちゃんが、そっと見てくれればそれでいい。
しろちゃんママは、猫は永遠の3歳児と思うタイプのママである。
猫を我が子と思って、子供扱いするママである。
想像、妄想は限りない。
その想像、妄想が、しろちゃんにとって良いことだか悪いことだかわからない。
けれども、人に寄り添う猫という生き物は、確実にその想像妄想に付き合ってくれる。
小さなお手々で鉛筆を握りしめ、今日もしろちゃんは日本語のお勉強をしいている。


IMG_2461_convert_20150214124010.jpg

「ん~
ママが猫語をお勉強したほうがいいような気もするのです。」



愛された記憶は、解けない雪のように積もる。
大事にされた証は、瞳の輝きとなって宿る。
だけどそのために、しろちゃんを慈しむわけじゃない。
ただただ、しろちゃんが幸せであればいい。
健やかなる日を永遠に望むけれど、命なんだもの、病める日もある。
どんな日にも、幸せな気持ちの中で過ごしてもらいたい。
猫に生まれて幸せ~と、ノビをしながらしろちゃんがそう言ってくれたら、それだけでいい。
誕生日に寄せるママの願いは実に単純だ。

お外にいるあらゆる猫さんに、幸いあれ!
しろちゃんだけが幸せでいいと、私は思っていません。!


IMG_2464_convert_20150214123945.jpg

「猫母さん、僕を生んでくれてありがとうなのです。
ついでにママも、僕を育ててくれてありがとうなのです。
猫友さんとその猫ちゃん達と、知らない猫ちゃん達とそのママ達、
みんなありがとうなのです。」




参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (10)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*



参加しています。
クリックすると投票されます。


banner (10)

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

222の猫の日に「愛するあなたに贈る言葉」2014

2014/02/23 Sun

IMG_7300_convert_20140223143007.jpg

「みなさん、寒い日が続きますが、元気にしてますか?
僕は、元気で毎日お窓からお外を観察しています。
春は、すぐそこまで、あと1キロくらいのところに来ていますよ。
本当です、僕は見たのです。」



遠い国に、湖があった。
白いもやの舞い降りる早朝には、湖面はシーンと静まりかえり、目覚めの喜びを告げる鳥達のさえずりに耳を澄ませている。
淡い水色は、生まれたての蝶の羽のように柔らかく、すべてのものを包み込んでまだ余地があった。

日の光が大地を照らす昼間には、湖面はにぎやかに笑いさざめき、命の歓喜にダンスする。
きらめく水色は、黄金の光のシャワーを浴びて、生きとし生けるものの声を周囲に放ってあまりあった。

冷たい霧の舞い降りる夜には、湖面は深い優しさを湛え、両腕の中に命の悲しみを抱きかかえる。
濃い水色は、月の雫を受け小さな波紋を広げ、そしてまた何事もなかったかのように静まりかえる。
明日への夢の中に、美しい瞼を閉じる。

しろちゃんの右の瞳の中にあった湖は、大きさが年々小さくなって、今や湖だったカケラという感じだ。
大切な宝物が消えわけではない。
ありがとう、しろちゃん。
お外から君が胸に抱えてきた宝物は、ママの心の中にしっかり移った。


無題

↑↑↑ 借り物画像です。


222の猫の日を祝ってあげたいと思っているのに、パソコンが絶不調。
不調の域を超えて、とうとう使用不可能に。
1年間自力で修復しつつ使っていたけれど、素人の手に負えるものではなくなった
一か月相当の修理期間を見込んでも、修復可能かどうか不明だということで
SONYからVAIOの代替機をとりあえず出してもらった。
使い勝手が悪いのだけど、新規に購入するつもりの同機種前シーズン物である。
何事も慣れであると自分を戒める。
修復不可能な場合、しろちゃんの撮りためた写真も、廃棄するHDの中から掘り起こしてもらうしかない。
大事な写真は、二重三重に記録媒体に出しておきましょう。
……というトラブルで、写真がまともに出せません。


IMG_7310_convert_20140223143146.jpg

「ママを悩ますこわれたパソコンは、これなのです。
まさか、僕がこっそり使ったからではないでしょうね。
ないしょのことを言います。
ママがお寝んねしてる間に、キーボードの上で、タップダンスもしちゃったのです。
僕の毛が原因だなんてことは、まさかないでしょうね?」



しろちゃん、今年の猫の日は君の持つ力について語ろう。

「愛するあなたに贈る言葉」2014年
*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*

しろちゃんは猫なので、体重はママの十分の一しかない。
変動することはあっても、常にママの十分の一だ。
ママはそれが不思議でしかたないと思っていたけれど、不思議なことでもなんでもなかった。
寄り添うという言葉がある。
鏡という言葉がある。
どんな時にも、しろちゃんは身を以てママに何かを教えてくれているのだ。
そうとしか思えない。

しろちゃんは猫なので、言葉が話せない。
ただそれは、ママの話す言葉が話せないということであって、言葉を持たないわけではなかった。
猫はにゃーん。
長らくそう思っていたママに、思い遣るとは何かを教えてくれた。
ギャンギャン大声を出すときも、空気だけ開いたお口から洩れるときも、君にはママに伝えたいことがいつもあるのだ。
耳を傾けるとは心を傾けること。
命と向かい合うとはどういうことか、しろちゃんが教えてくれた。。



IMG_7303_convert_20140223143040.jpg

IMG_7293_convert_20140223143213.jpg

↑↑↑ 実はテレビの「岩合光昭の世界ネコ歩き」←クリックに見入って、固まっているしろちゃんなのである。
前回昨夜の、地震と世界の猫と優しいしろちゃんと。とはもちろん違う日ですが、全く同じポーズ。
どれだけ夢中なのか。


しろちゃんは猫なので、人よりずっと俊敏で柔軟である。
人の都合により、完全に室内だけに生きるしろちゃんではあるが、飛び出してゆこうと思えば、自由に好きな場所に移動できる能力を持っている。
しかしながら、閉じ込めているのはママではあるが、しろちゃんが不満だとは思えない。
ママの決めた場所で、思う存分生きている。
遊び、走り、歓声をあげ、楽しい夢の中に眠る。
つまらないことはないの?とママは問いたいけれど、お外を飽きずに眺めるしろちゃんに、ママは問うことをためらう。
『変えうるものを変える勇気を、
変えざるものを受け入れる謙虚さを、
そして、それを見分ける知恵を私に授けたまえ。』
7歳の猫しろちゃんは、小さな背中で語るのである。
生きる知恵を、しろちゃんがいつも教えてくれる。



我が家の中の、かわいい白い賢人に、たくさんの感謝をこめて親バカママは書いてみた。


IMG_7307_convert_20140223143100.jpg

「毎年僕に、ありがとうなのです。
しかしながら、テレビの猫さんがおもしろくて、僕はママのお相手はできないのです。
この猫さんたち、お外で自由に生きてるのですね。
………
僕にもそんな時代がありましたが、ママの子になったので、ママと生きることにしたのです。
ママがお外では生きられないというので、僕もお外には行かないことにしたのです。
僕は幸せなのです。」



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村



□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*



∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています



↑ 愛情豊かなビクママ家ですくすく元気に暮らしています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない仲良し兄弟猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村




大雪の中のしろちゃん7歳のお誕生日。

2014/02/16 Sun

DSC_0327_convert_20140216192534.jpg

「みなさん、こんばんはなのです。
バレンタインデーには、どういうわけか雪だるまさんがまたたくさん来ましたね。
お庭の大雪で、雪合戦しましたか?
僕は、7歳になったので、雪合戦なんて子供なことはしないのです。
雪やこんこんのお歌を、大声で歌ったのです。
お友達に届け~って、歌ったのです。」



2月14日、またしても大雪の日が、しろちゃんの7回目の誕生日だった。
いつものことながら、
無事に7歳を迎えられたことを、八百万の神様に、しろちゃんを生んでくれた猫母さんに、猫友さんの皆さんに感謝します。
お外から来た子なので、日付はもちろん暫定的であり、もしかすると年だって実は違うのかもしれない。
本当のところを知っているのはしろちゃんの猫母さんだけだ。
この私以前に、多分この私以上にしろちゃんをこの上なく愛した猫さんがいると思うと、なんだか複雑な気持ちである。
永遠に勝てない気持ちである。


IMG_7682_convert_20140216191150.jpg

今年は残念ながら、しろちゃんはフ~してくれなかった。
まさか、ありきたりなお店のケーキに、ガッカリしたからではないだろうと思う。
雪を、かき分け踏み分け、ママはやっとのことで買ってきた。


IMG_7684_convert_20140216191207.jpg

ネコは床暖で長くなるのJINさんから、かわいいお祝いを頂いた。
ありがとうございます♪


7歳のお誕生日にあたって、何ひとつ、この子に望むものはないけれど、ただ健やかに穏やかに、楽しい時間をゆっくりと刻んでもらいたい。
やっとそう思えるようになったママなのである。

どうしたら、健康に育てることができるだろう。
どうしたら、ご飯を喜んで食べてくれるのだろう。
どうしたら、泣きやむのだろう。
どうしたら、心地よい生活を与えられるのだろう。
どうしたら、しろちゃんの気持ちがわかるのだろう。
どうしたら、ママの気持ちを伝えられるのだろう。

どうしたらどうしたらと、ママは思い悩み戸惑うことが多かったけれど、しろちゃんの7歳のお誕生日を迎える頃になり、やっと少しは学習をした気がする。
どうしたらと、思い悩む日々がもったいない。
しろちゃんは、そんなママを好きではないだろう。
ママはこうする。
はなはだ間違っていることもあるかもしれないが、私が見つけた答えの背中を、しろちゃんはいつも微笑んで押してくれるような気がするのである。


DSC_0323_convert_20140216192447.jpg

「えっ、なんですって?
古い、ものっすごく古いオバチャンが、なんて言ったのですか?」

しかし、すごい聞き耳だね~しろちゃん。


先日、古い友人が言った。
「ねえ、自分の母親が、戸惑ったり悩んだり泣いたりしたのを見たことがある?
ないでしょ?
強気な笑顔しか、知らないでしょ?
多分、私達が知らないだけ…なのでしょうけど、本当はどうだったかという事実より、知らないという環境の中で育ててもらったことを幸福と思うわ。」

いつの日かしろちゃんが、お友達との会話の中で、同じことが言えるよう、胸を張って言えるよう、ママは今後ともがんばるのだ。
愛するもののために、惜しむことなど何もないのだ、しろちゃん。

「どの日も、どの月も、どの年も、僕は幸福だったのです。
明日も幸福なのです。」
と、しろちゃんらしくしろちゃんの言葉で、語る姿を夢見るママから、
しろちゃん、7歳になって、おめでとう。
君にふたつ、言葉を贈ろうと思う。


愛とは、育てなくてはいけない花のようなもの。
Love is like a flower ? you’ve got to let it grow.
ジョン・レノン


もし、きみが100歳まで生きるとしたら、
私は100歳マイナス1日まで生きたいな。
そうすれば、きみなしで生きなくてすむもの。
If you live to be a hundred, I want to live to be a hundred minus one day so I never have to live without you.
A・A・ミルン



DSC_0326_convert_20140216192511.jpg

「お誕生日を数えて、お祝いしてもらうことは、うれしいのですが、
何才になったかってことより、
どれだけ強くなったかとか、どれだけ優しい子になったかとか、
身体が大きくなったねとか、わかりやすくほめてくださいなのです。
あ~上の言葉ですが、100歳の僕が、ママなしで1日生きろというわけですね。
とても大変な気がするのです。
やはり、ママは僕よりあとにしてくれませんか?」



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村



□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 2歳6ヶ月、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*



∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています



↑ 愛情豊かなビクママ家ですくすく元気に暮らしています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない仲良し兄弟猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*



参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

222の猫の日に「愛するあなたに贈る言葉」2013年版

2013/02/22 Fri

IMG_3104_convert_20130222141152.jpg

「風のない午後ですが、寒いですねえ。
今年の春さんは、少しお寝坊さんな気がします。
土の中では、新しい命がたくさん待ってます。
お日様の下に、お顔を出して、生まれたことを喜びたいと、たくさん待ってます。
春さん、早くお目目覚ましてください



去年の222の猫の日に、ママはしろちゃんに贈る言葉を語り尽くした。

「愛するあなたに贈る言葉。」

あれ以上も以下もない。
あれがママの愛情のすべてなのだ、しろちゃん。
だけど222の猫の日は毎年来る。
なので、少しずつ足します気持ちで、しろちゃんに特別なことを語りかけようと思う。


IMG_3126_convert_20130222141447.jpg

「たまには、神妙なお顔でママの声明を聞きましょうか。」
といいつつ、キャットキューブの中ではないの、しろちゃん。


しろちゃん、
君にとってこの1年は、どんな1年だっただろう。
是非ママは聞かせて欲しいと思うけど、君はいつも寡黙な猫ちゃんだ。
聞けば聞くほど、君は寡黙だ。
じっと見つめ返すその澄んだ大きな瞳の中に、答えがあるのね。
探りたいけれど、少し怖いような気もするママなのです。


IMG_3098_convert_20130222141231.jpg

「首をここに乗せてると、楽にお話が聞けるのです。
ママ、僕が寡黙じゃなかったことってありましたっけ?



何年も昔、お外で自由に遊んでいた頃のことを、懐かしく思い出すことがあるだろうか。
草の匂いや土の匂い、虫さんとの鬼ごっこや木の実でキャッチボール

きれいなお花にキスする日々を、思い出すことがあるのかな。
兄弟や親戚さん、野良猫さん仲間達と楽しく過ごした日々を思い出すことがあるのだろうか。
しろちゃんには、ママのまったく知らない記憶がある。
ママのまったく触れることもできない思い出がある。


IMG_3128_convert_20130222141416.jpg

「覚えてますよ、鮮やかに…。
「しろちゃん、いい子でね」って、猫母さんの声を覚えてます。
「しろちゃん、元気でね」って、野良猫さん達の声も覚えています。
でも、猫母さんが、新しいママに決して言ってはいけませんと言ったので、
ママには絶対内緒のお話なのです



そのことに思いを馳せると、ママは複雑な気持ちになります。
毎晩懐の中に抱え込みながらも、ママに知らないことがあるなんて…。
近く近く、こんなに近く居ながらも、ママに知らないことがあるなんて…。
白いまつげをそっとなぞりながら、いつかまた、君が知らない世界に巣立ってしまうような不安にかられます。

巣立ってしまわぬように、ママはお家の中に閉じこめてしまっているんだね。
しかし、安全な完全室内飼いという名前のもとに、ママは、君の心さへも束縛してはいないだろうか。
ひとそれぞれ、家庭それぞれに、猫ちゃんとの関係、距離のあり方は
違って当たり前だけど、
ママはあまりにも君を束縛してはいないだろうか。


IMG_3336_convert_20130222141746.jpg

「束縛ってなんですか?
僕がママにひっついて、ママが僕にくっついて寝んねすることですか?
それって、おかしなことですか?



ずっと、赤ちゃんだと思っている。
親バカといわれようが、親バカの在り様が間違っていると言われようが、ママは君を自分の生んだ子と思っている。
去勢したあの日から、永遠に赤ちゃんだと思っている。
賢くて賢明な、ママよりずっと生きる知恵のある赤ちゃんだと思っている。


IMG_3235_convert_20130222141553.jpg

「はい、赤ちゃんです。
つい先日、6歳になったばっかりですけどね~赤ちゃんです




「愛するあなたに贈る言葉」
*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*


しろちゃん、よーく覚えておきなさい。
しろちゃんは、猫という尊厳ある一つの大きな存在だけど、
ママをママとして選んだ以上、ママとは一蓮托生だということを。
ママはそういう考えのママなのだ。

一蓮托生とは、池に浮かぶ一枚の蓮の葉に、共に乗った命ということだ。
お互いがお互いに、我を託すということなのだそうだ。
良くも悪くも、一枚の蓮の葉の上で、しろちゃんとママは同じ流れを生きるのだよ、しろちゃん。
だからこそ、ママは、櫂もない蓮の葉ながら、より賢明なほうへ流れてゆくようにと、一生懸命漕いでいる。
お日様の下で漕いでいる。
お月様の下でも漕いでいる。

良い風の吹くように。
しのげぬ雨の降らぬように。
日照りの夏の来ぬように。
吹雪の冬の来ぬように。


蓮の葉の真ん中に咲く蓮のお花は、ある日突然に花開くのだという。
その時に、ポンッという音がするのだと。
そのポンッという音を、ママとしろちゃんはきっと聞き逃さないだろう。
世界の誰もが聞き逃したとしても、ママとしろちゃんには聞こえるだろう。
「ママ、何ですか、あの音は?」としろちゃんに尋ねられたら、ママはなんと答えよう。

一枚の蓮の葉の上で、頬寄せ合って、ポンッと言う音を聞こうじゃないか、しろちゃん。
きっと君のお耳のような、薄紅色の美しいお花が咲くことだろう。
しろちゃん、ありがとう。
なんだかわからないけど、ありがとう。
今年もありがとうの言葉しかないママです。
去年と同じ言葉を最後に言わせてください。


IMG_3136_convert_20130222141327.jpg


しろちゃん、ありがとう。
ママはその言葉を口にしただけで、不思議に涙がこぼれる。
君がこの世に生まれてきたこと。
君がママのそば、そこに居ることだけに、ただただありがとう。
ママには、こんなに幸せなことはありません。

*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*:;;;;;:*♥*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*
ビクの気まま生活のビクママさんが保護された兄弟子猫ちゃん、2にゃんの里親さん、募集しています

2012080712564078b_convert_20120820200717.jpg

↑ ビクママ家ですくすく元気に育っています。
詳細は直接ビクママさんに聞いてください。
ママのいない赤ちゃん猫のために、どうぞよろしくお願いします。
∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∽*


参加してます。


にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック