おかえり、ヒャッホー、オヤツ祭りはしろちゃんの元気の源

2017/08/03 Thu

DSC_5392b_convert_20170803130717c.jpg

「みなさん、こんにちはなのです。
今日は涼しいのです。
昼間なのにカナカナ蝉が鳴いているのです。
窓を開けてお昼寝するのに良い日なのです。
いつも僕に、ご心配ありがとうございますなのです。」



昨日から、ガクンと涼しくなった東京地方。
朝晩にだけ鳴くはずのヒグラシ蝉が大合唱。
カナカナカナ、カナカナカナ
幾重にも重なったバイオリンの音色が森にこだまする。


DSC_5505a_convert_20170803131301.jpg

エリカ・ホワイトデライト

DSC_5408a_convert_20170803131328.jpg

アップルミント

DSC_5402a_convert_20170803131342.jpg

グラジオラス



。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。

いつもしろちゃんとしろちゃんママに、暖かいお気持ち、励まし、アドバイスありがとうございます。
感謝しております。
また、不定期更新が続いて、訪問してくださった方、ごめんなさい。
お蔭様でしろちゃんは、この1週間+αも、心臓発作を起こすことも血栓症を起こすこともなく、穏やかに過ごすことができました。
良い日悪い日ありますが、そういうものと思って生きる術を、しろちゃんもしろちゃんママも体得してきたように思います。
先一昨日7月31日の夜 ②の体調からみるみる元気を取り戻し、体調④と言えるほどになりました。
ご機嫌さんで走ったり笑ったりしゃべったり。
顔つきが全然違います。
そこにどんな要因があったのか。
※ステロイドを止めただけ。
※美味しいオヤツを増やしただけ。
今日のところは体調③。
朝からご機嫌さんで、いつもは朝にはしないお風呂場の見学までしていました。
いくつになってもお家の中はしろちゃんのワンダーランドで、どんなお具合であれ、好奇心は健在です。
その好奇心もまた、生きる力の原動力なのだと思います。
好奇心を削ぎ落すことのないよう、闘病がんじがらめにけはしません。

しろちゃんの体調の目安表を常に付けておきます。
①心臓発作が今にも起きそうな危機一髪な状態。
②鬱々として怠そうにグッタリしている時。
またはちょっと動くと心臓バクバクな時。
③病気の猫として普通の時
④元気な時
⑤絶好調に元気な時。


。.:*・゜゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*:.。



7月30日の写真

DSC_5437a_convert_20170803130841.jpg

「僕は、一昨日からすごく元気になったのです。
あの緑色の袋のオヤツとにぼし入りフリカケのお蔭だと思うのです。
あっ、ニュウニュウを飲み通づけているお蔭かもしれません。」



このところ、酸素ハウスに入れようとするとしろちゃんに断られます。
ああ、そうですかと、しろちゃんママも強制しません。
心臓のために高濃度酸素が不可欠な時は、何がなんでも入ってもらいますが、今のところ酸素ハウスに入れている目的は、血流を良くすること、十分な酸素を身体中の細胞にいきわたらせることなので、緊急性がありません。
しろちゃんの気持ちを優先しています。
人間の酸素カプセルもそうですが、一時的にはシャキッとします。
しろちゃんのグッタリグタグタ状態は、不十分な酸素、流れの悪い血流でいることも原因と考えられるので、毎晩30分をめどに入れるようにしていますが、ちょっとでもお具合の良い時のしろちゃんは、やはり入りたくないのでしょう。
スイッチを入れて扉を開けて、「入ってみる?」
しろちゃんは中を覗いて数秒考えます。
その結果、入りますという時と入りませんという時があるのです。
しろちゃんは猫なので、自分に必要なものを動物の勘で判断しているのじゃないかなと思えます。
その勘は、動物医療をはるかに超えた正しい答えを導いてくれるものだと思います。



7月26日の写真

DSC_5379a_convert_20170803130545.jpg

「酸素ハウスの中で、たまには一人で静かにしているのもいいものなのです。」



しろちゃんとしろちゃんママは、医学的には良くないことを、この1年と半年、さんざんしてきました。
しろちゃんママは、物にあっては、科学的根拠に基づかないことが嫌いなので、したくてしたのじゃないのです。
悲しい考え方ですが、どうせ〇〇なら…という諦めの境地からしていることが多いのです。
ですが、それが悲しい諦めというマイナスな思考ではなくなったように感じます。
あくまでも結果のお話ですが、闘病が始まって以来、しろちゃんを医学的に正しいことでがんじがらめにしなくて良かった~と、この頃はしみじみと思います。
しろちゃんは心臓のためと腎臓のために腎臓療法食を食べています。
ご近所獣医さんは、1年も先のことを想定すれば療法食以外は絶対に食べさせたくないけれど、しろちゃんの場合…と、しろちゃんのオヤツを曖昧に許容しています。
その1年先を、しろちゃんは悠々と超えました。
身体に悪そうな好きなオヤツを山ほど食べながら。



7月30日の写真

DSC_5337a_convert_20170803130625.jpg

「お耳の後ろ、カイカイなのです。」

DSC_5322a_convert_20170803130614.jpg

「抱っこ寝で暑くて、アセモができたのかもしれないのです。」



こう言っては、腎臓病で毎日懸命に食事療法に励む猫ちゃんたちには、元も子もない話でしょう。
それとこれとは別なことと思ってください。
療法食だけを厳格に食べることで、治らないまでも悪化せず、良くなることも期待できる腎臓病の猫ちゃんたちは、厳格な療法食でがんばるべきです。
治るに近く良くなることがあるのですから。
諦めてはだめです。
しろちゃんは去年の4月、血液検査の結果から、心臓病のお薬で腎臓の数値が悪化の兆しを見せたことがわかり、腎臓療法食に切り替えました。
心臓のための療法食もあるそうですが、腎臓の療法食と内容が被る点が多いので(塩分控えめ)、食べなれたロイヤルカナンの腎臓療法食で、いわば一挙両得を狙いました。
心臓は療法食で治療するものではなく、あくまでもお薬で治療するものであり、食事療法はないと言っても過言ではありません。
循環器なので、食べた結果が出にくい部位なのでしょう。



7月30日の写真

DSC_5373a_convert_20170803130640.jpg

「継続は力なりと、ご近所のおばあさんが教えてくれたのです。」

DSC_5387a_convert_20170803130658.jpg

「病気の猫ちゃんたち、負けちゃダメなのです。」



こう言っては、腎臓病で毎日懸命に食事療法に励む猫ちゃんたちには、元も子もない話でしょう。
それとこれとは別なことと思ってください。
療法食だけを厳格に食べることで、治らないまでも悪化せず、良くなることも期待できる腎臓病の猫ちゃんたちは、厳格な療法食でがんばるべきです。
治るに近く良くなることがあるのですから。
諦めてはだめです。
しろちゃんは去年の4月、血液検査の結果から、心臓病のお薬で腎臓の数値が悪化の兆しを見せたことがわかり、腎臓療法食に切り替えました。
心臓のための療法食もあるそうですが、腎臓の療法食と内容が被る点が多いので(塩分控えめ)、食べなれたロイヤルカナンの腎臓療法食で、いわば一挙両得を狙いました。
心臓は療法食で治療するものではなく、あくまでもお薬で治療するものであり、食事療法はないと言っても過言ではありません。
循環器なので、食べた結果が出にくい部位なのでしょう。



7月30日の写真

DSC_5481a_convert_20170803131031.jpg

パソコンから降りなさいと言われたしろちゃんの怒り、第一段階
お耳ぺったんこ



DSC_5478a_convert_20170803131106.jpg

しろちゃんの怒り、第二段階
その沈黙が怖い




「腎臓療法食は猫にはまずいらしいです。
いっそ、腎臓を捨てるっていう手も…。
おいしい物を食べたがるだけいっぱい食べさせて、幸せな気持ちでいさせてあげるのもいいかも。。。」
昨年の4月には獣医さんにこうまで言われました。
獣医さんの視点からは、明日をも知れぬ病気のしろちゃん!
しろちゃんママの視点からは、未来へつながる道を閉ざされたわけではないしろちゃん!
明日をも知れないということは、明日のことは良くも悪くも確定していないということなんです!
しろちゃんに捨てていいものなど何もない。
そういう気持ちで、しろちゃんママがすすんで切り替えた腎臓療法食です。
今もって、腎臓療法食を主食のご飯として食べてはいます。
ロイヤルカナンのこれ↓


腎臓療法食_convert_20161119162834

しろちゃんがアンヨで踏んづけているほう、ロイヤルカナン腎臓サポート・スペシャル
スペシャルと普通とかなりお味に差があるようで、しろちゃんはスペシャルなら食べてくれます。
スペシャルのほう、病院の入院猫ちゃんに出すバージョンで、病院に入院して治す子が食べないと話にならないので
嗜好性を高めてあるそう。
右は、あまりお好みではなくなったので、1.5キロ食べたところでやめました。
活性炭が毒素を吸着するという代物で、排泄物は痺れる匂いになっちゃいます。





だけど、しろちゃんはそれ以外も食べているということです。
笑っちゃうくらいに、色んなものを食べています。
獣医さんの言葉を借りるなら、
「腎臓も捨てず、かつ美味しいものをいっぱい食べて、幸せな気持ちでいさせる。」です。
それだけ食べているわけではないので、腎臓療法食の効果のほどは、はなはだ???です。
それだけを食べるから、効果が得られるのであって、それ以外を食べては意味がないかもしれません。
意味があるのは、しろちゃんママの気持ちの上だけのこと。
でもそういうとって大事。
何ひとつ捨てない姿勢でいることって、必ずやしろちゃんに通じるものだと思っています。



7月30日の写真

DSC_5450a_convert_20170803130936.jpg

「腎臓をゴミ箱に捨てられないで、よかったのです。
捨てられちゃったら、大変なことになっていたのです。」




しろちゃんが、腎臓療法食以外にいかに色んなものを食べているか、一回一覧表にしてみたいものです。
一昨年までは、ロイヤルカナンのフィットと、オヤツは一日置きに一回、人並の半分の量しか与えませんでした。
しろちゃんは、お外から来た時点で腎臓の数値が若干悪くなっていたため、当時のかかりつけ獣医は、「療法食に入る前に、良質なフード、それもウェットでなくカリカリだけを食べさせて様子見」ということになりました。
そのやり方で腎臓の数値が正常に戻ったという経験がああるので、しろちゃんママは頑固に守ってきました。
それがもう、今はトホホです。
スーパーに行くと、必ず猫のオヤツを買うまでに。
オヤツでなくてもいいんです。
今までしろちゃんが食べたことのない総合栄養食のフードでも、小袋があれば買ってみます。
安価で身体に悪そうな色素の入ったようなものも、平気で買います。
目先の変わったもの、食べたことのないもの、美味しいもの。
しろちゃんが喜ぶだろうと思えるものを買ってくるのがしろちゃんママの習慣となりました。



7月30日の写真

DSC_5410a_convert_20170803130757.jpg

「そういうわけでお出迎えしているのではないのです。
ママの無事を喜んでいるのです。」




お留守番しているしろちゃんは、エコバッグから出てくる目新しいオヤツに、ヒャッホーッ。
しろちゃんママが遠くのスーパーにお出かけするたびに、何か美味しい食べ物を持ち帰るのでヒャッホーッ。
そして台所を毎日ウロウロウロウロ。
美味しいものは冷蔵庫か棚の箱から出てくることも、食べたいって言えば出てくることも、しろちゃんには10才を超えるまで知らなかった新鮮な発見でした。
それならば多少は身体に良いものをとしろちゃんママも考え、、鶏のささみの茹でたものを冷蔵庫に予めしまっておき出してみましたが、あえなく却下されました。
派手な箱や袋に入った、猫の写真のついた、「これは猫用です」と書かれたものが、しろちゃんは好きなんだそうです。
安かろうが高かろうが、粗悪だろうが高級だろうが、「これは猫のオヤツです!」と書いてあれば満足だってことは、字が読めるのか?しろちゃんは。



8月2日の写真

DSC_2976a_convert_20170803131218.jpg

「猫って字はよめるのです。
オヤツって字もよめるのです。」


DSC_5360a_convert_20170803131229.jpg

「あとはちょっとむずかしくて、「こればっかり食べちゃいけません」て書いてあるのはよめないのです。」
しろちゃん、読めてるじゃん!



表情筋が少ないので、表情が乏しい猫。
その猫のお顔に喜びの気持ちを見るのは、しろちゃんママだけではないと思う。
ワハハとも笑わない、ブーッとも怒らない。
でもその猫から、賑やかなおしゃべりを聴くのは、しろちゃんママだけではないと思う。
表情がないからと言って感情がないわけじゃない。
言葉を話さないからと言って、バカなわけじゃない。
自分の状態をよくわかっていて、自分はどうありたいかを、しろちゃん自身が選択し始めたように思える今日この頃。
病気に負けないことよりもっと大事なのは、今日をよ良く生きること。
今日一日楽しかったのですと、しろちゃんの寝言がそんな風に聞こえる。



DSC_5285a_convert_20170803131130.jpg

「ママはお耳がいいのです。
僕は、今日の楽しかったことを夢にみるのです。
夢の中でも、オヤツ食べているのです。
夢の中でも、走っているのです。
夢の中でも、ママと一緒なのです。」






人気ブログランキング

にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*
調布、三鷹、府中あたりで猫が傷つけられる事件が起きています。
猫を外に出すことはやめましょう。
お外の猫に少しでも不審な様子を観た方は、最寄の警察や市役所、保護団体、猫ボランティアさんに連絡してください。
詳しくは、百猫物語のsabimamaさんまで。
*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*
調布で迷子のそらちゃん、知りませんか?
201310041620283d4_convert_20131013001613.jpg

名前 そら
雑種、しろぶち、キジトラ柄(三毛にも見える)
男の子 4歳、去勢済み
4.2キロの普通体型
シッポは7センチ、特徴ある黒くて短いシッポ。
首輪無し
東京都調布市調布ヶ丘3丁目付近で迷子に…。
飼い主 おやなぎ  
連絡先 sorachan_oyanagi@yahoo.co.jp
    または「招き猫しろちゃん」のブログコメントまで。。

□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*□*■*


スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

今日は一段と元気なしろちゃんに会えて、とっても嬉しくなりました~♪
しろちゃんのお顔が、とっても楽しそうですものね^-^
しろちゃんにとっては、いえどんな猫ちゃんにとっても
「今日を楽しく生きること」の方が大事ですよね。。
私もそう思います^-^
のんちゃんもすごいジャンクなご飯をバクバク食べていますが
腎臓肝臓の数値はバッチリです。。
どの子もどの子ももらってきた寿命ですね☆

No title

kakoboxさんしろちゃんこんにちは~

こちらから去った台風が東に向かっていますが
しろちゃん家地方はいかがでしょうか。

一枚目のしろちゃんとてもハンサムさんですね~
そしてそして怒りの二段階目のしろちゃん!
思わず笑ってしまいましたよ。
「ママが何を言ってるのか分からないのです…」って
静かな怒りの声が聞こえてきそうですよ~(笑)
今週もママとしろちゃんが楽しく過ごせますように…
特大の元気玉を送ります。

No title

こんにちわ~しろちゃん、ママさん
台風大丈夫でしたか~
こちらは全く通って良いほどなんとも無かったですよ!
でも、竜巻が起きたといわれる豊橋市は県こそ違えど
隣の市。。。ギリギリだったのかなとゾクッとしてます

しろちゃん元気でよかった~
そうですよぉ好奇心は生きる原動力ですよね~
ニュウニュウも飲んでることだしね~~^^
最近はしろちゃんお留守番もできるようになったんだね~~
ママのエコバッグが楽しみなのね!!
うちのキラちゅらもだよ~~
でも入ってるものより、、中に入る事が目的なんだけどね~
袋の持ち手に頭突っ込んじゃって抜けなくなる惨事がなんども続き
(怯えて、オシッコ撒き散らしながら爆走するのです。。。)
とうとう、袋はご法度になりました
しろちゃんみたいに、猫のおやつに興味もって欲しい。。
んで、しろちゃんとうとう、文字が読めるように???
な~んかしろちゃんなら有り得そうな気がするな。。
実はママさんのPCで夜な夜なお勉強をしてるのか????
そのための陣地取りか?????

暑いのもあと少し、、今日も元気に楽しく生きてね!!!

のん福レオちゃんのお母さん、こんばんは

お返事遅くなりました、ごめんなさい。
いつも励ましてくださり感謝しております。
猫は一日単位…私もそう思えるようになりましたよ~。
今までは先々を考えて良質なもの以外はご法度を守ってきましたが、それも10才までの話かなと思います。
明日のことは誰にもわからないですもの。
今日幸せにしないでどうする!と思えるようになりました。
のんちゃんも穏やかさが続いて良かったですね。
戦々恐々しないほうが良いということですね。
ジャンクフードで腎臓肝臓ばっちりですか!
何だか安心しちゃいました。
コメント、ありがとうございます。

ニャン吉さん、こんばんは

お返事遅くなりました、ごめんなさいね。
台風では、近隣の市に思いもかけぬ避難準備が出たんです。
我が家周辺はお蔭様でなんてことありませんでした。
今までにないような雨の降り方が多くなって、怖いですね。
ご心配、ありがとうございました。
一枚目のしろちゃんのお顔、私も好きなんですよ~。
猫らしくない、ちょっと悲しいお顔と思うのですが。
怒りの二段階目は、スーちゃんの真似っこでしょう?
いつも応援してくださり、ありがとうございます。
しろちゃんの寝言は、スーちゃんららちゃんと遊ぶ夢でも見ているのかな~。
最近は寝言が増えましたよ。
コメント、ありがとうございます。

にゃごさん、こんばんは

お返事遅くなりました、ごめんなさいね。
台風、なんてこと無かったそうですが、豊橋市に竜巻ですか!
リフォーム中のお家に何事もなく良かったですね。
我が家は、低気圧が気がかりでした。
窓閉めたってどうにもなりませんけどね。

あーだのこーだのありますが、乗り越えれば元気な日が戻ると思えればね~。
ニュウニュウ、毎日何回も飲みたがるのですよ。
それも、濃厚牛乳って牛乳がお好み(笑)
普通の牛乳じゃダメなんです。
しろちゃんが安定している日にお留守番させるのですが、私がリスクに慣れたってことなのよね。
手提げバッグの取っ手は危ないですよね。
しろちゃんも5歳くらいの時に、遊んでいた紙袋の取っ手に首が入って、パニックになったことがありました。
今じゃ、袋にも箱にも入りませんけどね。。。
オヤツ祭りの日々になって、猫がどういう仕組みでオヤツの催促をするのか、わかるようになりましたよ~。
しろちゃんは知ってます、甘えたひもじそうなお顔が何より効くって(笑)
PCの陣取り合戦、最近ちょっと私が優勢。
こうやってコメントのお返事も書ける時間がありますもん。
にゃごさんは、去りゆく夏が惜しくてたまらないことでしょう。
あっ、もう来年の夏に向いている?
コメント、ありがとうございます。
プロフィール

kakobox

Author:kakobox
東京都在住。
【しろちゃん】MIX白猫男の子9歳
2007年2月14日生まれ(獣医さんが決めた誕生日)
お庭から、自分の足でやってきて、自分で自分のママを見つけたけなげな子。
野良猫→外猫→1歳半を超えてママの白い一人息子に!
腹壁ヘルニアで大手術、持病は猫ウィルス性気管支炎。
大人しく律儀で優しい、性格自慢な良い子です♪

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
フリーエリア
しろちゃんが彦星さんの絵です。
ふじもりさんの七夕の絵、しろちゃん

↑↑↑ クリックすると大きくなります。
ブログ「のんびりまったりゆるゆる漫画」のふじもりさんに描いて頂きました。


ランキング、3つ参加してます。



にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ





↓↓↓ 情報 お知らせ


迷子の白い猫しらす

↑↑↑  迷子のしらすちゃん探索にご協力を!
また、迷子関連の情報、日本一のブログです。 多くの目で迷子を探してあげよう!


寄り添う7つの命 通路猫たちにお家を! 

↑↑↑ 京都のrambyさんのもとで、理想的な環境でお世話されています。
是非ブログを訪れてみてください。
現在3にゃん(♂2♀1)、全員とても器量よしで、お行儀のいい良い子です。
関東でもお渡しOKです。 僕たちのお家になって!!!




↑↑↑  猫の術後服とオモチャ
安心安全すごくかわいい~
ブログ「猫たちの日記」のjibouさんの猫ちゃんグッズのハンドメイドショップです。
個々の細かいオーダーにも応じてくれますよ~。
値段が安い、お届け早い、製縫丁寧!




↑↑↑ 調布のそらちゃん、迷子!
閑静な住宅地の中で、忽然と居なくなりました。
よろしくお願いします。
記事検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR
最新トラックバック